ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Thunderbolt」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Apple Silicon MacはThunderboltをサポート Appleが明言
Intelの発表に合わせ、AppleはThunderboltサポートしていくとコメントした。(2020/7/9)

Intel、「Thunderbolt 4」の詳細情報を公開
TB4では並列接続も可能になる。(2020/7/9)

マウス、第10世代Core i7+RTX 2060搭載のクリエイター向け15.6型ノート
マウスコンピューターは、クリエイター向けPCブランド「DAIV」から第10世代Coreプロセッサ搭載15.6型ノートPCを発売する。(2020/7/9)

Intelが「Thunderbolt 4」の詳細を発表 対応製品は2020年後半に登場
Intelが「Thunderbolt 4」の仕様の詳細を発表した。Thunderbolt 3やUSB4の「スーパーセット」という位置づけで、PCI Expressのデータ伝送速度が向上し、機器のハブ状接続をサポートするなど機能改善が図られている。(2020/7/8)

PR:「インテル入ってる」が意味するユーザー体験の進化と未来
インテル製CPUの進化が止まらない。しかし、インテルが追い求めているのは実際に利用するユーザー体験の向上にある。直近の取り組みと近未来の話から、同社の目指す本質を見ていこう。(2020/7/6)

実は意外とお買い得 「ThinkPad T14s Gen 1」を念入りにチェックしてみた
ThinkPadのパフォーマンスモデルである「ThinkPad Tシリーズ」の中で、スリムさを重視した「s」の付くモデルは似たフォームファクターを持つフラグシップモデル「ThinkPad X1 Carbon」の陰に隠れがちだ。この記事では、その最新モデルである「ThinkPad T14s Gen 1」の魅力を探っていく。【】(2020/7/2)

Apple Thunderbolt 3 Proケーブル(2m)は、すでにThunderbolt 4仕様?
2メートルで1万2800円と高価だが、スペックはTB4を先取りしているという。(2020/7/2)

PR:マネージドサービスを活用し、テレワークをより安全に変えた情シス部門の挑戦
(2020/6/30)

PR:ノートPCに満足しない社員を納得させるテレワーク環境の作り方
(2020/6/30)

PR:社員がストレスなく働ける、快適なテレワーク環境の作り方
(2020/6/30)

PR:高性能と薄型軽量を両立! MSIのクリエイター向けノートPC「Prestige 14」エディオン限定モデルの魅力に迫る
MSIのクリエイター向けノートPC「Prestige 14」は、高い処理性能と薄型軽量ボディーが特徴だ。家電量販店のエディオンで販売されている限定モデルは、3年の長期保証やMicrosoft Officeが付属しており、より安心して使える。その魅力をチェックしていこう。(2020/6/22)

PR:「新しい生活様式」「働き方の新しいスタイル」時代を乗り切るなら、新型レッツノートは外せない!
パナソニックのノートPC「レッツノート」が、独自技術「Maxperformer」の採用で新境地を迎える。さらに、東京2020オリンピック・パラリンピック ロゴマーク入り パナソニックオリジナル天板搭載モデルが、店頭モデルとしても登場する。注目の新モデルを見ていこう。(2020/6/25)

LaCie、高速転送に対応したThunderbolt 3外付けHDD「LaCie 1big dock」など5製品
エレコムは、LaCieブランド製の外付けHDD/SSD計5製品の取り扱いを発表した。(2020/6/23)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Appleが“史上最速“と語る「16インチMacBook Pro+Radeon Pro 5600M」は買い? 新旧比較テストで分かった性能差
画面サイズを大型化しつつ、プロ向けに再構築された「16インチMacBook Pro」の登場から半年が過ぎ、より高速な内蔵GPUを選べるようになった。Appleが「史上最高性能のMacBook Pro」と語るその実力を従来モデルと比較しながら明らかにしていく。(2020/6/22)

新たなNUCの道:
まさかのXeon搭載NUC「Intel NUC 9 Pro」はGPUを選べる頼れるヤツだった
Intelが、超小型PC「NUC」(Next Unit of Computing)の次なる道を提示したGhost Canyonの開発コード名で知られる「Intel NUC 9 Pro Kit」を発表したのはCES 2020だった。今回はその評価機をチェックした。(2020/6/18)

“10万円”の余裕がある今だからこそ手に入れたいハイスペックPC「AORUS 15G」を試す
ゲーミングノートPCも、CPUをIntelの第10世代Coreに改めた新モデルが続々と登場している。GIGABYTE Technologyの「AORUS」シリーズも国内モデルが生まれ変わって最新世代となった。その最上位モデルをチェックした。(2020/6/16)

古田雄介のアキバPick UP!:
定番ケースを12cm短くした「Define 7 Compact」がデビュー
水冷や光モノを組み込むことを想定しつつ、ドライブベイを抑えてコンパクト化したケースや、キーボードを個性的に彩るキーキャップなどが登場した。第10世代Core i用マザーも個性派モデルが人気を集めている。(2020/6/15)

短期連載「X1 Carbon(Gen 8)と私」第1回:
待ちに待った「ThinkPad X1 Carbon(Gen 8)」 どこが違う? 進化点をチェック!
レノボのフラグシップノートPC「ThinkPad X1 Carbon」に第8世代モデルが登場。その“ほぼ最上位”構成を数回に分けてレビューしていく。今回は、基本的なチェックポイントを、外観と共にチェックしていく。(2020/6/9)

Apple Store、13インチMacBook Pro“究極”モデルを販売開始
Apple Storeが再オープンしたことにより、ようやくUltimateモデルの販売がスタートした。(2020/6/9)

古田雄介のアキバPick UP!:
「Kは枯渇中だけど……」――第10世代Core向け強力OCマザー「ROG MAXIMUS XII APEX」が登場!
インテルの第10世代Core iシリーズ向けオーバークロックマザーボードや、4画面出力できるGeForce GT 710搭載カードなど、先週はASUSTeKから多方面の注目パーツが複数登場している。(2020/6/8)

大画面がいい! 音がいい!――テレワーク事始めに最適な“新三種の神器”を試す
緊急事態宣言解除後も、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止に向けて試行錯誤が続いている。テレワークは一時的なものではなく、本腰を入れて取り組まざるを得ないものとなったが、ゼロから用意するのは何かと面倒だ。そんなときに力になってくれるのが、直販のPCショップだ。マウスコンピューターの“テレワークパック”を試してみた。(2020/6/8)

MCM、ゲームパッド内蔵の8型ゲーミングノート「GPD WIN Max」国内モデルの予約受付を開始
エム・シー・エム・ジャパンは、Shenzhen GPD Technology製8型ゲーミングノートPC「GPD WIN Max」国内モデルの取り扱いを発表した。(2020/5/26)

モバイル「ThinkPad X」に2020年モデル登場 Wi-Fi 6対応無線LANを搭載
レノボ・ジャパンが、ThinkPadの2020年モデルを一挙に発表。5月29日から順次発売される。この記事では、モバイルの「Xシリーズ」の新製品を簡単に紹介する。(2020/5/26)

ハイパフォーマンス「ThinkPad T」に2020年モデル 第10世代CoreモデルはThunderbolt 3対応
レノボ・ジャパンが、ThinkPadの2020年モデルを一挙に発表。5月29日から順次発売される。この記事では、ハイパフォーマンスの「Tシリーズ」の新製品を簡単に紹介する。(2020/5/26)

14型で約870gのビジネスPC:
ASUS本気の新世代軽量モバイルPC「ASUS ExpertBook B9450」の実力を検証!
ASUSTeKからビジネスユーザー向けの「ASUS ExpertBook B9450」が登場した。14型と大きめの画面と最軽量時870gという超軽量ボディーを両立している点が特徴だ。その実力を早速検証しよう。(2020/5/18)

Appleの「MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 Ports) 」をマニアックに調べてみた
13インチMacBook Proのお宝流詳細レビューです。(2020/5/15)

MSI、世界初の“ミニLEDディスプレイ”を搭載したクリエイター向けノートPC「Creator 17」
エムエスアイコンピュータージャパンは、DisplayHDR 1000にも対応したクリエイター向けノートPC「Creator 17」など3製品を発表した。(2020/5/14)

林信行が最新MacBookシリーズを比較検証:
Appleが最新の13インチMacBookシリーズに描くグラデーション
Appleが新たに投入した新型の13インチMacBook Proだが、上位モデルと下位モデルで思わぬ違いがある。さらに同クラスの液晶ディスプレイを搭載したMacBook Airを加え、見えてくるものを林信行氏がレビューする。(2020/5/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
第10世代Coreの新「13インチMacBook Pro」は予想以上に高性能だった 下位モデルやMacBook Airと比較した結果
第10世代Coreになった新しい「13インチMacBook Pro」の上位モデルは、第8世代Coreの下位モデルや旧モデル、第10世代Coreの「MacBook Air」と比較して、どれくらい高い性能を発揮できるのか。横並びでテストしてみた。(2020/5/12)

Thunderboltに不正アクセスの脆弱性、5分の離席で全てのデータが盗まれる危険も
ユーザーが席を離れた隙に攻撃者がコンピュータに物理的にアクセスできれば、ドライブの暗号化やパスワードロックと無関係に全データを盗み出せる。(2020/5/12)

MacBook Pro (13-inch, 2020) ベンチマーク(暫定版)
Geekbenchを使ったベンチマークの結果が掲載されていたので、MacBook Pro 16インチ、MacBook Air、旧型13インチProと比較した。(2020/5/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「13インチMacBook Pro」下位モデルはMacBook Airより買い? 価格もサイズも近い2台のテストで分かった実力差
2020年5月4日に発表された新しい「13インチMacBook Pro」。いち早く下位モデルを入手したので、ディスプレイのサイズが同じで価格が近いMacBook Airと性能を比べてみた。(2020/5/7)

ASUS、1kg切りで30時間駆動の軽量ノートPC「ExpertBook B9450」と税込み18万円台の2画面ノートPC「ZenBook Duo」を発表
ASUS JAPANは、重量1kgを切る14型のビジネスノートPC「ASUS ExpertBook B9450AF」シリーズと、2画面ノートPC「ZenBook Duo」を発表、順次販売を開始する。(2020/5/7)

シザーキーボードが復活:
13.3型「MacBook Pro」がモデルチェンジ CPUは「第8世代」か「第10世代」から選択可能
MacBook Airに続いて、13インチMacBook Proが2020年モデルに移行する。新しいキーボードを搭載したことで操作性を改善した他、マルチメディア能力をさらに向上した第10世代Coreプロセッサを搭載するモデルも選択できるようにした。(2020/5/4)

MacBook Pro 13インチ、新式キーボードで刷新
16インチ版MacBook Pro、MacBook Airと同じく13インチもシザー構造に。(2020/5/4)

第10世代CoreをサポートしたIntel 400番台の新チップセット搭載マザーボードが各社から
Intelが発表した、最大10コアで動作する第10世代Core対応のIntel 400シリーズチップセットを搭載したマザーボード製品を、各社が発表した。いずれも、現時点で発売日や価格は未定だ。(2020/5/1)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Surface Neoは間に合わない!? 2020年に登場するMicrosoftの新ハードウェア
新型コロナウイルスの影響は、Microsoftにも大きなダメージを与えている。2020年内に登場予定だった2画面デバイス「Surface Neo」も例外ではないようだ。(2020/5/1)

短期連載「Airと私(2020)」第4回:
端子が足りない? 「MacBook Air(2020)」のUSB戦略を考える
新しくなった「MacBook Air」の店頭販売上位モデルをレビューしていく連載。第4回は、2基しかないUSB Type-C(Thunderbolt 3)端子の使い方を考えてみます。(2020/4/30)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
音声アシスタント「Cortana」と連携する「LAVIE VEGA」を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、音声アシスタント「Cortana」を活用したNECパーソナルコンピュータのユニークなノートPC「LAVIE VEGA」を紹介する。(2020/4/28)

WoLでPCを起動:
【リモートワーク自由自在】Windows 10 Wake On LAN(WoL)入門
在宅勤務や遠隔地のサポートで、PCの電源をオンにしたいことがあるのではないだろうか。そのような場合、Wake On Lan(WoL)機能を利用するとよい。ただし、WoLを利用するには事前の準備が必要になる。WoLの仕組みと設定方法などを解説する。(2020/4/20)

テレワークを少しでも快適に! ノートPCにサブディスプレイを付けてみよう
昨今の社会情勢から、急きょテレワーク(遠隔学習)をせざるを得なくなった人もいると思う。特に自宅でのテレワークを快適にしたいなら、「サブディスプレイ」の導入を検討すると良いだろう。気を付けるべき点と共に、利用方法をまとめた。(2020/4/14)

2020年版MacBook Airの外と内、いったいどこが変わったのか
MACお宝鑑定団流詳細チェック。旧モデルとどこが変わった?(2020/4/7)

MSIが300Hz駆動パネルを採用したゲーミングノートPCやMini LED搭載クリエイター向けノートPCを投入
エムエスアイコンピュータージャパンは、第10世代インテルCPUを搭載し、高リフレッシュレート表示対応のハイエンドゲーミングノートPCなど計9シリーズの発表を行った。直販のMSIストア限定モデルも用意される(2020/4/3)

サイプレス CCG6DF、CCG6SF:
PD対応のPC向け第6世代USB-Cコントローラー
サイプレス セミコンダクタは、ノートPCやデスクトップPC向けに、Power Deliveryに対応した「EZ-PD」シリーズの第6世代USB-Cコントローラー「CCG6DF」「CCG6SF」を発表した。データ転送速度を大幅に向上するUSB4規格にも対応する。(2020/3/30)

FutuRocket、ミニデスクトップPC「Kubb」をクラウドファンディングサイトで提供
FutuRocketは、BLEUJOUR製ミニデスクトップPC「Kubb」の支援募集をクラウドファンディングサイト「First Flight」で開始した。(2020/3/23)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「MacBook Air」を試して分かった真の実力 2020年の“標準Mac”が誕生
2020年3月18日に発表された新型「MacBook Air」の実機を速攻でレビュー。旧モデルや「13インチMacBook Pro」と比較しながら、新たに採用した第10世代Coreの性能やMagic Keyboardの使い勝手をチェックしていく。(2020/3/20)

ベルキン、8K出力もサポートしたThunderbolt 3対応の外付けドッキングステーション
ベルキンは、Thunderbolt 3接続にも対応した外付けドッキングステーション「Thunderbolt 3 Dock Pro」を発売する。(2020/3/19)

ストレージは2倍に:
「MacBook Air」がモデルチェンジ 第10世代Coreプロセッサと新Magic Keyboardを搭載して10万4800円から
Appleの薄型ラップトップが、CPUやキーボードを刷新してモデルチェンジ。ストレージの増量と合わせて、より快適に使えるようになった。(2020/3/18)

Zen 2+Vega(7nmプロセス)=第3世代Ryzen Mobile
AMDが、第3世代Ryzenプロセッサの追加ラインアップの発表に合わせて、同プロセッサのアーキテクチャ(設計)の概略を公開した。(2020/3/17)

ゲーミングPCの道:
第11世代Iris Plus Graphicsは本当にゲームに使えるのか――「Razer Blade Stealth 13 Mercury White」で試す
最近ではクリエイター向けPCも投入しているRazerだが、やはりゲーミングPCの動向が気になるところだ。今回は、同社のPCでは珍しくシルバー&ホワイトカラーを採用した「Razer Blade Stealth 13 Mercury White」を2回に分けてチェックしよう。(2020/3/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。