ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

「DisplayPort」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DisplayPort」に関する情報が集まったページです。

エイサー、法人向けの23.8型WQHD液晶ディスプレイなど3製品を発表
日本エイサーは、法人向けスタンダード液晶ディスプレイ「B7」シリーズに計3製品を追加した。(2020/1/22)

CES 2020:
超軽量と丈夫さを両立した「dynabook G」で海外に挑戦 Dynabook新製品レポート
2018年10月にシャープの傘下に入ったDynabook(旧・東芝クライアントコンピューティング)。2019年に引き続き、2020年もシャープのCESブース内に展示コーナーを設けていたので、その模様をお伝えする。(2020/1/22)

全米再デビューのアイツが日本でも:
4K有機ELにOptane H10搭載の15.6型ノートPC「LAVIE VEGA」発売、インタフェースはUSB Type-Cのみ
NECパーソナルコンピュータは1月21日、「LAVIE」シリーズのフラッグシップモデル「LAVIE VEGA」を発表した。発売は2月20日で、価格は税別20万4800円〜となっている。(2020/1/21)

組み込み開発ニュース:
名刺2枚分のスペースに設置できる超小型・軽量設計の組み込み用PC
コンテックは組み込み用PC「ボックスコンピュータBX-U200シリーズ」を発売した。「最小・最軽量」をうたう新シリーズで、設置面積は名刺2枚程度である。(2020/1/21)

iiyama、WQHDに対応したIPSパネル採用31.5型ワイド液晶ディスプレイ
マウスコンピューターは、2560×1440ピクセル表示をサポートした31.5型ワイド液晶ディスプレイ「ProLite XB3270QS-2」を発表した。(2020/1/8)

やはり大画面は気持ちいいよ:
人気プロ絵師が大画面の液タブ「Wacom Cintiq 22」を使って分かったこと
大画面で、価格も比較的手頃なワコムの液晶ペンタブレット「Cintiq 22」を人気イラストレーターのrefeia先生がチェックした。その使い勝手はいかに?(2020/1/8)

CES 2020:
LenovoがDucatiとコラボ 「Lenovo Ducati 5」発進
Lenovoはイタリアのバイクメーカー「Ducati(ドゥカティ)」のレーシングチームのオフィシャルスポンサーを務めている。その縁もあってか、LenovoがDucatiの名を冠するノートPCを一部の市場で発売する。日本での発売は未定だ。(2020/1/7)

CES 2020:
5G対応PCが登場! Snapdragon 8CX搭載「Lenovo Yoga 5G」やスリムな「Yoga Slim 7」シリーズ
Lenovoは1月6日(米国太平洋時間)、Yogaシリーズの新モデルを発表、2020年春から順次発売していく。(2020/1/7)

CES 2020:
画面が折り曲がるPC「ThinkPad X1 Fold」登場 「Windows 10X」版も後日追加へ
Lenovoが2019年5月に“チラ見せ”した画面を折りたためるPCが、ついに製品化。オプションで5G対応通信モジュールを載せることも可能だ。【更新】(2020/1/7)

CES 2020:
注目はイーゼル(画架)型ノート Acerがクリエイター向けPC「ConceptD」を3機種発表
Acerのクリエイター向けブランド「ConceptD」から3機種が登場。イーゼル型の画面を備えるハイエンドノートPCが2機種、デスクトップPCが1機種、ラインアップに加わる(日本発売は未定)。(2020/1/6)

Lenovoが「Legion」ブランドのデバイスを複数発表 薄軽ゲーミングノートPCや外付けGPUボックスなど
Lenovoのゲーミングブランド「Legion(レギオン)」から複数の新製品が登場。薄くて軽いゲーミングノートPCや、それと組み合わせ使える外付けGPUボックスなどが投入される。(2020/1/6)

CES 2019:
23.8型液晶一体型デスクトップ「ThinkCentre M90a AIO」登場 「ThinkVision」と共通デザインを採用
ThinkCentreの液晶一体型に新型が登場。液晶ディスプレイ「ThinkVision」と共通のデザインアイコンを採用し、違和感なくデュアルディスプレイ環境を構築できるという。【更新】(2020/1/4)

CES 2020:
Ice Lake搭載 Dellが「XPS 13」2019年モデルを発表 “5Gレディ”の「Latitude 9510」も
Dellが、13.3型モバイルノートPC「XPS 13」の2019年モデルを発表。第10世代Coreプロセッサ(Ice Lake)を搭載し、Ubuntuをプリインストールする「Developer Edition」も用意した。新たなプレミアムビジネス向けノートPC「Latitude 9510」も合わせて発表された。(2020/1/2)

仕事を支えてくれた2019年のマイベストガジェット6選
筆者の仕事は、いつでもどこでも仕事ができることが強み。それにガジェットを追加することで、もっと仕事の効率が向上する。この記事では、2019年に買ったベストガジェットを6つ紹介する。(2019/12/29)

「Thunderbolt 3」でちょこっとパワーアップ GPUとRAIDストレージを外付けしてみた
最近「Thunderbolt 3」に対応するPCが増加傾向にある。「USB4」として標準化が決まったこの規格では、USB規格よりも高速なデバイスを接続できる。そこで、外付けGPUボックスと外付けRAIDストレージを使ってみようと思う。(2020/1/1)

古田雄介のアキバPick UP!:
「現実的な最上位」――Core i9-10940Xが2019年滑り込みデビュー
入手困難が続く「Core i9-10980XE」の1つ下のCore Xとなる「Core i9-10940X」が売り出された。供給量は少なく、既に売り切れとなったショップも多い。一方、Ryzen 9 3950Xは先週より若干買いやすくなっている様子だ。(2019/12/28)

ZOTAC、体積2.65Lで6コアCPUとRTX 2070搭載の超小型PC「MAGNUS EN72070V with Windows 10」を発売
アスクは12月26日、ZOTAC製のコンパクトPC「MAGNUS EN72070V with Windows 10」の取り扱いを発表、2020年1月下旬に販売を開始する。予想実売価格は35万円前後(税別)だ。(2019/12/26)

恵安、4K HDR対応の31.5型ワイド液晶「KWIN-4K32BH」を発売
恵安が、4K HDRに対応する31.5型ワイド液晶ディスプレイ「KWIN-4K32BH」を12月28日に発売する。価格はオープン。背面にイルミネーションリングを備える。(2019/12/25)

プリンストン、オフィス向けの3辺フレームレスな23.8型ワイド液晶2モデルを発売
プリンストンは、オフィス向けの23.8型ワイド液晶ディスプレイ「PTFBLD-24W」と「PTFWLD-24W」を2020年1月10日に発売する。1920×1080ピクセル表示に対応し、3辺フレームレスのデザインを採用する。価格はオープン。(2019/12/23)

PR:レノボのPC「ThinkCentre Nano」とモバイル液晶ディスプレイが働き方改革にジャストミートな理由
企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が進行する中、より多くの人、より多くのデバイスが常時インターネットにつながる時代が到来しつつあります。レノボ・ジャパンがそんな時代を見越して開発した超小型デスクトップPC「ThinkCentre Nano」シリーズとモバイル液晶ディスプレイ「ThinkVision M14」を紹介します。(2019/12/17)

PR:中小企業にもSOHOにもうれしい超絶コスパノートPC「ThinkBook 14」を徹底分析
レノボ・ジャパンが中小企業向けに投入したノートPC「ThinkBook」。インテルの第10世代Coreプロセッサを搭載し、さらなるコストパフォーマンスを図った新モデルの実力をチェックした。(2019/12/16)

MSI、DisplayHDR 600にも対応した5K対応のクリエイター向け34型ウルトラワイド液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、5120×2160ピクセル表示に対応したクリエイター向け34型ウルトラワイド液晶ディスプレイを発表した。(2019/12/16)

Windows 10時代のゲーミングPC選び:
240Hz&RTX 2080でヌルヌル動作! あこがれの49万円ゲーミングPC「ROG Zephyrus S GX531GXR」を試した
消費税増税前に駆け込みで購入した自慢のゲーミングノートPCを、ASUSが誇る「ROG Zephyrus S GX531GXR」と対決させた。ガチ勝負の結果はいかに……。(2019/12/12)

PR:“IntelとAMDの共演”で実現したスリムでパワフルなゲーミングノートPC「G-Tune P3」を徹底チェック
マウスコンピューターが、久しぶりにモバイルPC「G-Tune P3」を投入した。パワフルな性能を自在に持ち運べる秘密は何か。実機を徹底的にチェックしてみた。(2019/12/18)

アイ・オー、4辺フレームレスのスマートデザインを採用したWQHD表示対応27型液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、WQHD表示に対応した27型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MQ272EDB-F」を発表した。(2019/12/11)

日本HPが「Spectre」「ENVY」の新2in1モデルを順次発売 「LTE」「リアルウッド」も用意
日本HPが「Spectre」「ENVY」ブランドのノートPCの新製品を発表。SpectreはLTE通信機能を搭載するモデル、ENVYにはパームレストとタッチパッドに実際の木材を使ったモデルや日本限定の新色が目玉だ。(2019/12/4)

冬ボやクリスマスで何を買う?:
RyzenにするかAthlonにするか、それが問題だ DeskMini A300でCPU選びを満喫する
約2LのMini-STXフォームファクターの小型ボディー採用したASRockの「DeskMini A300」。TDP 65WまでのAPUを搭載できるが、可能な限り予算は抑えたい。価格と性能のバランスをサイコムの「Radiant SPX2700A300A」で探ってみた。(2019/11/28)

PR:ビジネス用途に“ちょうどいい”23.8型と21.5型の液晶ディスプレイをデュアルで使って生産性を高めよう!
業務の効率化や生産性能向上といった働き方改革の中で、注目を集めているのが液晶ディスプレイだ。ノートPCに追加する外付けディスプレイとして、デスクトップPCでは手頃なデュアルディスプレイを実現する存在として欠かせないデバイスだ。そういった用途に最適なモデルを紹介しよう。(2019/11/27)

M.2 SSDも内蔵可能:
日本シーゲイトがThunderbolt 3接続の4TB HDD内蔵ドッキングステーションを12月に投入
日本シーゲイトがゲーマー向けのストレージ製品「FireCuda Gaming Dock」を発表、12月に投入する。(2019/11/27)

ACUBE、RDNAアーキテクチャ採用のプロ向けグラフィックスカード「Radeon Pro W5700」
エーキューブは、RDNAアーキテクチャを採用したPCIeグラフィックスカード「Radeon Pro W5700」を発表した。(2019/11/27)

家庭内モバイルPC「LAVIE Home Mobile」誕生 11月28日発売
NECパーソナルコンピュータが新たなモバイルノートPCを発表。狙いは「家庭内モバイル」だ。(2019/11/26)

Altモード対応で飛躍的に採用拡大:
帯域幅が約3倍に、8K対応の「DisplayPort2.0」
VESA(ビデオエレクトロニクス規格協会)は2019年11月15日、東京都内で記者説明会を開催した。コンプライアンス・プログラム・マネージャのJim Choate氏は、同年6月に発表したDisplayPortの最新バージョン「DisplayPort 2.0」(以下、DP 2.0)などについて説明した。(2019/11/21)

HYPER、Surface Pro専用の一体型多機能ハブ
ロア・インターナショナルは、HYPERブランド製のSurface Pro用多機能ハブ「HyperDrive Surface Pro(4/5/6)専用 5in2 Hub」の販売を開始する。(2019/11/18)

デル、WQHD表示対応の27型ワイド液晶ディスプレイ Type-C接続モデルも用意
デルは、WQHD表示に対応した27型ワイド液晶ディスプレイ「P2720D」など2製品を発表した。(2019/11/13)

アイ・オー、プロゲーマー推奨モードも選べる240Hz対応24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、240Hz駆動に対応した24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「LCD-GC251UXB/A」など2製品を発表した。(2019/11/13)

テレダイン quantumdata M41h、quantumdata M41d:
HDMIおよびDisplayPort対応のテスト機器
テレダイン・ジャパンは、プロトコルの機能テストからコンプライアンステストまで対応するテスト機器「quantumdata M41h」「quantumdata M41d」を発表した。HDMIおよびDisplayPortに対応する。(2019/11/13)

「VAIO S15」が第9世代Coreプロセッサを搭載 Core i9搭載の「ALL BLACK EDITION」も登場
15.6型ノートPC「VAIO S15」がマイナーチェンジ。CPUを第9世代Coreプロセッサに変更し、パフォーマンスを向上。他のVAIOノートPCでおなじみのプレミアムモデル「ALL BLACK EDITION」も新規設定した。(2019/11/12)

新型2in1モデルをチェック:
生まれ変わった「Surface Pro 7」、テキスト入力ツールとしての実力は?
2in1 PCの顔となる新型の「Surface Pro 7」が発売された。生まれ変わった新モデルの使い勝手を確かめてみた。(2019/11/12)

ベンキュー、144Hz駆動対応の27型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ
ベンキュージャパンは、WQHD解像度に対応した27型ゲーミング液晶ディスプレイ「EX2780Q」を発売する。(2019/11/7)

売れ筋の15.6型ノートPC 「dynabook T」に“ちょっと大きい”16.1型登場
DynabookのA4スタンダードノートPCに2019年冬モデルが登場。「より大画面でコンテンツを楽しみたい」というニーズに応え、上位モデルではディスプレイサイズを16.1型に大型化した。(2019/11/7)

スペックにだまされてはダメ:
NVIDIAの新たなミドルレンジ「GeForce GTX 1660 SUPER」を試す
NVIDIAは、Turing世代のRT/Tensorコア非搭載GPU、GeForce GTXのラインアップとして、新たに「GeForce GTX 1660 SUPER」および「GeForce GTX 1650 SUPER」を追加した。今回は、10月29日に販売開始されるGeForce GTX 1660 SUPERを検証してみよう。(2019/10/29)

iiyama、3辺狭額縁デザインを採用した27型フルHD液晶ディスプレイ
マウスコンピューターは、スマートな狭額縁デザインを採用する27型フルHD液晶ディスプレイ「ProLite XUB2792HSU」を発売する。(2019/10/24)

古田雄介のアキバPick UP!:
1台で“デュアルデスクトップPC”を実現可能なタワーケースが3.3万円で登場!
「今週はPCケースの当たり週」なんてコメントも聞けた先週末のアキバ。2つのマザーボードが収納できるケースや取っ手付きの高拡張Mini-ITXケースなど、ユニークなPCケースの新製品が確かに多かった。(2019/10/21)

EIZO、広色域表示に対応したクリエイター向けの27型4K液晶ディスプレイ
EIZOは、4K UHD表示に対応した27型ワイド液晶ディスプレイ「ColorEdge CS2740」を発表した。(2019/10/17)

iiyama、多機能スタンドを採用した21.5型フルHD液晶ディスプレイ
マウスコンピューターは、フルHD表示に対応した21.5型ワイド液晶ディスプレイ「ProLite XUB2292HS」を発売する。(2019/10/17)

15.6型ノート「FMV LIFEBOOK AH」に新モデル 最上位「AH-X」は有機ELディスプレイに
富士通クライアントコンピューティングの個人向け15.6型ノートPCがモデルチェンジ。注目は、「UH」(モバイルノート)と「FH」(ディスプレイ一体型デスクトップ)に次ぐフラグシップモデル“X”(テン)を用意したことだ。(2019/10/15)

ASUS、防塵3連ファンを採用したRadeon RX 5700 XTグラフィックスカードなど2製品
ASUS JAPANは、Radeon RX 5700 XT搭載PCI Expressグラフィックスカードなど計2製品を発表した。(2019/10/10)

新たな「Surface Pro」登場 Intelベースの「7」とArmベースの「X」
Microsoftが新たな「Surface Pro」を発表。従来通りにIntelプロセッサを搭載する「Surface Pro 7」に加え、Qualcommと共同開発した独自のArmベースプロセッサを搭載する「Surface Pro X」も登場する。(2019/10/3)

PR:Activ8のプロデューサーがフィリップスの49型湾曲ディスプレイ「499P9H1/11」をお勧めする理由
フィリップスの「499P9H1/11」は、5120×1440ピクセル表示で49型の湾曲液晶というスーパーウルトラワイドディスプレイだ。その圧倒的な製品が抜群の使い勝手を提供してくれるという。理由を実際に使ったActiv8のプロデューサーに聞いた。(2019/9/30)

シリアルポートはこう使え!:
PC界の“ワークマン”GPD MicroPCの「シリアルポート」を活用する
人気の高い超小型PCの中でも、「GPD Micro PC」はかなり異色の存在だ。標準装備の「シリアルポート」を活用してみた。(2019/9/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。