ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ディスプレイ - ITmedia PC USER
質問!ディスプレイ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でディスプレイ関連の質問をチェック

関連キーワード

山根康宏の海外モバイル探訪記:
vivoの折りたたみ最上位「X Fold3 Pro」に触れる 薄くて高性能で、画面内指紋センサーにも対応
中国メーカーの折りたたみスマートフォンは、元祖折りたたみメーカーであるサムスンの製品を上回る性能と仕上げのモデルが次々と登場しています。vivoの「X Fold3 Pro」は折りたたみデザインながらも、ディスプレイに指紋認証センサーを内蔵。カメラもかなり高性能です。(2024/5/24)

MSI、180Hz駆動をサポートした湾曲27型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、高リフレッシュレート表示に対応した湾曲27型ゲーミング液晶ディスプレイ「MAG 27CQ6PF」を発表した。(2024/5/24)

Philips、Type-C接続に対応したスタンダード23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイ
MMD Singaporeは、Philips製となるフルHD対応23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイ「24E1N1300A/11」「27E1N1300A/11」の取り扱いを開始する。(2024/5/24)

auとUQ mobileの「Galaxy A55 5G」5月30日発売 一括7.7万円、auはMNPなら実質2万5400円
KDDIは、auとUQ mobileから5G対応スマートフォン「Galaxy A55 5G」を発売。最大約5000万画素のアウトカメラをはじめ、最大120Hzのリフレッシュレートに対応した約6.6型の有機ELディスプレイなども備える。(2024/5/23)

材料技術:
ディスプレイ画面への加飾と映像表示を両立したシートを自動運転車やSDV向けに展開
TOPPANは、自動運転車やソフトウェアデファインドビークルをターゲットに、ディスプレイ画面への加飾と映像表示を両立した特殊な化粧シート「ダブルビュー フィルム」の展開をスタートした。(2024/5/23)

POCOブランド初のタブレット「POCO Pad」、4万4800円で6月中旬以降に発売
Xiaomi Japanは5月23日、POCOブランド初のタブレットとして、「POCO Pad」を発表した。12.1型ディスプレイを備える製品で、ゲームプレイや動画視聴に向くという。市場想定価格は4万4800円(税込み)で、Xiaomi公式サイト、Amazon、楽天市場が6月中旬以降に取り扱う。(2024/5/23)

NHK技研、柔軟で伸縮するフルカラーLEDディスプレイを開発
NHK放送技術研究所は21日、ゴム基板や液体金属を使い、柔軟かつ伸縮可能なフルカラーディスプレイを開発したと発表した。(2024/5/22)

アイ・オー、180Hz駆動対応の27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、高リフレッシュレート表示をサポートした27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「LCD-GD271JD」を発表した。(2024/5/22)

23年度決算も大幅赤字:
シャープがディスプレイ事業を「縮小」、黒字化最優先で再起を図る
シャープの2023年度決算は、売上高が前年比8.9%減の2兆3219億円、営業損益が203億円、最終損益が1499億円と大幅赤字だった。ディスプレイデバイスの不振が影響したもので、同社は「今後は黒字化に向けて、デバイス事業を縮小する」と発表した。(2024/5/22)

液晶などディスプレイ支援「細切れだった」 斎藤経産相、半導体で反省生かす
斎藤健経済産業相は5月21日の閣議後の記者会見で、国のディスプレイ産業の支援について「細切れで単発の支援にとどまり、(世界的に)競争が激化する中で十分ではなかった」との認識を示した。(2024/5/21)

GIGABYTE、180Hz駆動をサポートした27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
シー・エフ・デー販売は、台湾GIGABYTE TECHNOLOGY製となる27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「GIGABYTE GS27FA」の取り扱いを開始する。(2024/5/20)

ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は?
ソニーモバイルの新しいミッドレンジスマートフォン「Xperia 10 VI」が登場。デザインを一新しながらも、独自の縦長ディスプレイを継承している。スリムなボディーに、大容量バッテリーやこだわりのオーディオ機能を詰め込んだ、使いやすさと個性が共存する一台だ。(2024/5/20)

「Xperia 1 VI」が大きな変貌を遂げたワケ 実機に触れて感じた「進化」と「足りないところ」
ソニーは5月17日、スマートフォンのハイエンドモデル「Xperia 1 VI(マーク6)」と、ミッドレンジモデル「Xperia 10 VI(マーク6)」の実機を報道関係者に披露。カメラ、ディスプレイ、オーディオのデモンストレーションを行った。Xperia 1 VIの光学7倍ズームや、ディスプレイのアスペクト比など、実機に触れて分かったことをまとめる。(2024/5/18)

「すげー」「お店やん!」 100均グッズで作るラックがお店のディスプレイみたい!
不器用でもできるそうです!(2024/5/17)

MSI、180Hz駆動をサポートした湾曲27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、湾曲デザイン筐体を採用した27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「MAG 27C6PF」を発表した。(2024/5/16)

「Xperia 1 VI」は何が進化した? 21:9比率/4Kディスプレイ廃止の理由は? 「Xperia 1 V」と比較しながら解説
ソニーがスマートフォンXperiaのハイエンドモデル「Xperia 1 VI(マーク6)」を発表した。例年と同じく日本を含む世界各国で発売する。Xperia 1 VI(開発中)の実機に触れる機会を得たので、外観を中心に何が進化したのかをチェックした。(2024/5/16)

一部販路で予約受付開始:
ベンキューのminiLED×4Kゲーミングディスプレイ「MOBIUZ EX321UX」は5月31日発売 26万5000円
ベンキュージャパンが、MOBIUZブランドとしては初めてとなるミニLED適用ゲーミング液晶ディスプレイの発売日を5月31日に決定した。一部の販路では販売予約の受け付けも始まっている。(2024/5/15)

ふぉーんなハナシ:
“ダサい”と酷評のdocomoロゴ、「Xperia 1 VI」「Xperia 10 VI」には印字されず
ソニーが発表したばかりのスマートフォンXperiaのハイエンドモデル「Xperia 1 VI(マーク6)」。光学7倍ズームやディスプレイのアスペクト比など、先代「Xperia 1 V」からの変更点に目が行きがちだが、実はキャリアモデルの一部にも注目点がある。それはXperia 1 VIにdocomoロゴがない点だ。(2024/5/15)

アイ・オー、大型ディスプレイの設置に向くディスプレイスタンド計3製品
アイ・オー・データ機器は、大型ディスプレイの設置に適したディスプレイスタンド計3製品を発表した。(2024/5/15)

約1.82型のスマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT 3」発売 カロリー管理機能も進化
ファーウェイ・ジャパンは、5月22日からスマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT 3」を発売。約1.82型AMOLEDディスプレイを搭載し、飲食記録の項目を選んで簡単に入力できるカロリー管理機能も備える。価格は2万3980円(税込み)から。(2024/5/15)

ドウシシャ、180Hz駆動に対応した23.8型/27型ゲーミング液晶ディスプレイ3製品を発表
ドウシシャは、“Fast IPS”パネルを採用した23.8型/27型ゲーミング液晶ディスプレイ計3製品を発表した。(2024/5/15)

製造マネジメントニュース:
シャープが構造改革でディスプレイ含むデバイス事業大幅縮小、2期連続の巨額赤字で
シャープは、2023年度決算と中期経営方針について発表。構造改革として大型液晶ディスプレイの生産を2024年9月までに停止する他、カメラモジュール事業や半導体事業も将来的に売却する。(2024/5/15)

FMVの富士通クライアントコンピューティングが2種類の周辺機器を発売 「27型ワイド4Kディスプレイ」と「ワイヤレス静音キーボード」
富士通クライアントコンピューティングが、27型4K液晶ディスプレイと、静音性に優れたワイヤレスキーボードを発売する。いずれもFMVシリーズ(LIFEBOOK/ESPRIMO)以外で使うことも想定しており、機能面でもこだわりを持っている。(2024/5/14)

シャープが9月までに大型液晶事業から撤退、堺の工場はAIデータセンター関連に事業転換
シャープは5月14日、テレビ向けの液晶パネル工場「堺ディスプレイプロダクト」(SDP、堺市)の生産を9月までに停止すると発表した。中小型パネルも生産規模の縮小や人員削減によって固定費の削減を図る。(2024/5/14)

GIGABYTE、240Hz駆動をサポートした31.5型有機ELゲーミングディスプレイ
シー・エフ・デー販売は、GIGABYTE製となる有機ELパネル採用の31.5型ゲーミングディスプレイ「AORUS FO32U2P」を発表した。(2024/5/14)

上場から10年連続の赤字:
「負け組」JDI、年内量産立ち上げの次世代OLEDが「われわれの将来を担う」
ジャパンディスプレイ(JDI)の2024年3月期(2023年度)通期連結業績は、売上高が前年度比12%減の2392億円、営業利益は同102億円増で341億円の赤字、純利益は同185億円減で443億円の赤字だった。2014年3月の株式上場後、赤字は10年連続となった。(2024/5/14)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
使って分かったM4チップ搭載「iPad Pro」のパワフルさ 処理性能とApple Pencil Pro/Ultra Retina XDRディスプレイ/新Magic Keyboardを冷静に評価する
Appleが5月15日に発売する新しい「iPad Pro」は、想像以上にパワフルだ。しかし、用途によっては「iPad Air」でもいいかもしれない――iPad Proを中心に、実機に触れつつレビューしていこう。(2024/5/14)

TlBrを用いて高精細、高感度を実現:
「ニボシの中身がよく見える」 直接変換型X線イメージセンサーの作製技術を確立
東京大学と東北大学はジャパンディスプレイ(JDI)と協力し、臭化タリウム(TlBr)を用いて、高精細・高感度の「直接変換型X線イメージセンサー」を作製する手法を確立した。超大型X線イメージセンサーやフレキシブルセンサーなどに適用していく。(2024/5/17)

ベンキュー、広い範囲を照らせるディスプレイ装着型デスクライト
ベンキュージャパンは、ディスプレイ装着型デスクライト「ScreenBar Pro」を発表した。(2024/5/13)

ViewSonic、10点マルチタッチ操作に対応した21.5型液晶ディスプレイ
ビューソニックジャパンは、赤外線式マルチタッチ操作をサポートした21.5型フルHD液晶ディスプレイ「TD2223-2」を発売した。(2024/5/13)

アイ・オー、フルHD表示に対応した17.3型モバイル液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、フルHD表示をサポートする17.3型モバイル液晶ディスプレイ「LCD-YC172A」シリーズを発表した。(2024/5/10)

スシロー、画面上で寿司を回す「デジロー」店舗を拡大 くら寿司は“リアルに回す”
大手回転寿司チェーン「スシロー」は、大型ディスプレイとレーンを融合させた「デジロー(Digital SushiroVision)」の導入店舗を増やす。(2024/5/10)

製造マネジメントニュース:
パナソニックHDは過去最高益更新も、車載電池など重点領域苦戦で中期目標未達に
パナソニック ホールディングスは、2023年度の連結業績を発表。米国IRA法による好影響やパナソニック液晶ディスプレイ解散に伴う一時益などもあり、純利益は過去最高を更新した。ただ、重点成長領域などで苦戦が目立ち、中期経営目標は未達が濃厚となった。(2024/5/10)

デル、ビジネス向けのスタンダード22型/24型/27型液晶ディスプレイ7製品を発表
デル・テクノロジーズは、ビジネス向けのスタンダード液晶ディスプレイ「P」シリーズの新モデル計7製品を発表した。(2024/5/9)

Xencelabs、4K表示に対応した有機ELパネル採用15.6型ペンタブレット
Xencelabs Technologiesは、プロクリエイター向けをうたった有機ELパネル採用15.6型ペンタブレット「Xencelabsペンディスプレイ16」を発表した。(2024/5/9)

3Kディスプレイ搭載の12.4型タブレット「Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」発売 約7万円から
Xiaomiは、3K解像度のディスプレイを搭載した12.4型タブレット「Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」を発売。価格は8GB/256GB版が6万9800円(税込み、以下同)、12GB/512GB版が8万4800円。(2024/5/9)

Philips、DisplayHDR 400にも対応したクリエイター向け27型4K液晶ディスプレイ
MMD Singaporeは、Philipsブランド製となる4K対応27型液晶ディスプレイ「27E2F7903/11」の取り扱いを開始する。(2024/5/8)

ASUS、クリエイター向けの湾曲ウルトラワイド34.1型液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、ウルトラワイド表示に対応した湾曲デザイン採用の34.1型液晶ディスプレイ「ProArt Display PA34VCNV」を発表した。(2024/5/8)

Core Ultra 9を搭載した4型ディスプレイ&Webカメラ付きミニPC「AtomMan X7 Ti」がMinisforumから登場
「AtomMan X7 Ti」は据え置きのミニPCでありながら、本体に4型のタッチディスプレイやWindows Hello対応のカメラなどを搭載するユニークな製品だ。(2024/5/8)

シャープが「AQUOS wish4」発表 6.6型ディスプレイや5000mAhバッテリー搭載、デザインも一新
シャープが5月8日、スマートフォンAQUOSの新モデル「AQUOS wish4」を発表。7月上旬以降に発売する。AQUOS wish4はディスプレイがより大きくなり、バッテリー容量もアップ。スマートフォン初心者を含む、幅広い年代のユーザーをターゲットとしている。(2024/5/8)

シャープが「AQUOS R9」発表 デザイン刷新でステレオスピーカー強化、ライカ監修カメラは健在
シャープは5月8日、スマートフォンのハイエンドモデルとして「AQUOS R9」を発表。カメラ機能やディスプレイ性能を強化したことに加え、デザインが現行モデルから大幅に変わった。グローバルモデルとして7月中旬以降の発売を予定し、日本だけでなく、台湾、インドネシア、シンガポールで順次展開予定だ。(2024/5/8)

「Galaxy A55 5G」ドコモとau/UQ mobileが発売 microSDスロット搭載、「docomo」ロゴ消える
サムスン電子ジャパンは5月8日、スマートフォンGalaxyのミッドレンジモデル「Galaxy A55 5G」を発表した。韓国Samsung Electronicsが3月11日(現地時間)に発表したモデルで、手頃な価格ながら、撮影機能を強化した他、大型ディスプレイを搭載する。NTTドコモ、KDDI(au/UQ mobile)が販売する。(2024/5/8)

有機EL&M4チップ搭載の新型「iPad Pro」発表 フルモデルチェンジで大幅刷新 Apple Pencil Proも登場
米Appleがディスプレイに有機ELを採用した新型「iPad Pro」を発表した。(2024/5/7)

AOC、240Hz駆動に対応した有機ELパネル採用の26.5型/45型ゲーミングディスプレイ
AOCは、有機ELパネルを採用した高リフレッシュレート表示対応の26.5型/45型ゲーミングディスプレイを発表した。(2024/5/7)

j5create、USB4接続に対応した多機能仕様の外付け拡張ドック トリプルディスプレイ出力も可能
j5createは、USB4接続をサポートした外付け型拡張ドック「USB4 Triple Display 12in1ドッキングステーション」を発表した。(2024/5/7)

医療機器ニュース:
ホログラフィーを利用したコンタクトレンズディスプレイ技術開発が採択
東京農工大学らは、情報通信研究機構の公募事業に採択され、「ホログラフィックコンタクトレンズディスプレイを実現する革新的基盤技術の開発」をテーマとした研究開発に共同で取り組む。(2024/5/7)

ちょっと昔のInnovative Tech:
大画面ディスプレイ1台 vs. 複数枚ディスプレイ──作業効率がいいのはどっち? 2009年発表の論文を紹介
富士ゼロックスの研究技術開発本部に所属していた柴田博仁さん(現在:群馬大学教授)が2009年に発表した論文「大画面ディスプレイ・多画面ディスプレイの導入による業務効率化の測定」は、大画面や複数ディスプレイの導入効果を定量的に評価した研究報告だ。(2024/5/7)

ベンキュー、ZOWIE XLシリーズよりe-Sports向けのフラグシップモデル「XL2586X」
ベンキュージャパンは、最上級のプロ向けゲーミング製品を展開する「ZOWIE」ブランドの「XL-Xシリーズ」から、e-Sports向けゲーミングディスプレイ「XL2586X」を2024年5月8日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は18万7000円前後(税込み)。(2024/5/1)

アイ・オー、無輝点保証の180Hz対応ゲーミングディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、PCやPS5向けのゲーミングディスプレイ「LCD-GD241JD」を発売する。価格はオープンプライス。(2024/5/1)

組み込み開発ニュース:
JDIが有機ELディスプレイ「eLEAP」量産へ、輝度1600nitsのノートPC用製品も発表
ジャパンディスプレイは、有機ELディスプレイ「eLEAP」量産化の進捗状況と、14インチ型ノートPC用製品「14型eLEAP」を発表した。14型eLEAPはシングル構造を採用しながら、同サイズの従来品の約3倍となる輝度を備える。(2024/5/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。