ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Native Client」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Native Client」に関する情報が集まったページです。

年間2万レースをライブ配信、運用課題をどう解決したか:
AIによる自動編集・低遅延を実現する動画配信技術とは? ミクシィの競輪投票サービス「TIPSTAR」開発陣に聞く
ミクシィは2020年6月、スマホブラウザやアプリで競輪(KEIRIN)のライブ動画視聴と勝者投票券を購入できるサービス「TIPSTAR」をリリースした。全国に43カ所ある競輪場から年間約2万レースをライブ配信している。映像の伝送技術やAI技術について開発陣に話を聞いた。(2021/1/19)

「Google Earth」がようやくFirefox、Edge、Operaで利用可能に
これまでChromeでのみ利用可能だったWeb版「Google Earth」がFirefox、Microsoft Edge、Operaもサポートした。昨年12月にWeb標準になったWebAssemplyで可能になった。Safariもサポートするとしている。(2020/2/28)

Publickey:
「特定のプログラミング言語に縛られない実行環境」を、米国発のCDNベンチャーが開発する理由
多くの人が中継動画やオンラインゲームといったWebコンテンツを消費する今、大量のコンテンツを高速で配信する仕組みとしてCDNが注目を浴びている。そうしたベンダーの1つが、米国から日本に進出したFastlyだ。(2019/5/20)

SQL Serverトラブルシューティング(55):
サーバのIPアドレスを変更したら、SQL Serverが起動しなくなった(起動トラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、「IPアドレスを変更したら、SQL Serverが起動しなくなった場合の対処方法」を解説します。(2017/7/31)

Chromecastアプリ開発入門(1):
Chromecastで動くHTML5ベースのメディアストリーミングアプリを作るための基礎知識
メディアストリーミングデバイスChromecastの概要とシステム構成、開発環境、専用アプリを作るための準備と手順などを解説します。(2014/9/3)

2013年11月に打ち出した方針を実行に:
Google Chrome、拡張機能やNPAPI関連のセキュリティ強化策推進
米グーグルはChromeのセキュリティ強化策として、Chrome Web Storeに登録されていないWindows版の拡張機能をインストールできなくする措置を取った。(2014/5/28)

「Google Chrome 31」の安定版リリース 25件の脆弱性に対処
GoogleのWebブラウザ「Chrome」がバージョン31に更新された。脆弱性への対処の他、GoogleのAPIを採用しているオンラインショップで決済情報が自動入力できる機能やPNaClで構築したWebアプリを利用できるようになった。(2013/11/13)

APIに新機能追加:
Google、「Chrome 31」のβ版公開
米Googleは「Chrome 31」のβ版を公開した。Android向けWebアプリケーションとのシームレスな連携、Web決済の円滑化、デスクトップ版Chromeのネイティブコードの移植性強化などが主な強化点である。(2013/10/4)

Google+に部分補正など高度な写真編集機能 ただしChromeにのみ対応
Googleが、買収した写真編集アプリ「Snapseed」の機能を「Native Client(NaCL)」技術でChromeブラウザで利用できるようにし、Google+の写真に高度な編集機能を追加した。(2013/9/12)

UXClip(35):
HTML5時代のWeb開発者が知らないとガチヤバな3つの未来予測と6つの脆弱性対策
CEDEC 2013のHTML5に関する2つの講演を、主にセキュリティの観点からレポート。サイボウズ・ラボ竹迫氏とネットエージェント長谷川氏が語るWebは、こんなにヤバい(2013/9/5)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第1回 Windows Server 2012の概要
オンプレミスからクラウドまで幅広くカバーする、機能強化が進んだ新サーバOS、Windows Server 2012の連載開始。(2012/9/6)

「トゥームレイダー」などHDゲームをブラウザで スク・エニが「COREONLINE」開始
HDゲームをWebブラウザ上で楽しめる「COREONLINE」をスク・エニがスタート。(2012/8/31)

「Google Chrome 21」の安定版リリース Webカメラやマイクの利用が可能に
最も危険度が高い「Critical」レベルの脆弱性1件を含む15件を修正した他、幾つかの新機能が追加された。(2012/8/1)

「家庭用ゲームと同等」のゲームをChrome上で スク・エニとGoogleが協力
スク・エニがGoogleと協力し、Webブラウザ上で「家庭用ゲーム機向けと同等」のゲームを提供していくGoogleの「Native Client」技術を活用し、12月中に第1弾を公開。(2011/12/9)

Google、オーディオ機能やLion対応を盛り込んだ「Google Chrome 14」の安定版リリース
「Web Audio API」の実装で高度なオーディオを使ったゲームに対応し、2008年発表のNaClアプリを利用できるようになったほか、「OS X Lion」版ではフルスクリーンモードに対応した。(2011/9/18)

Google、Webブラウザでのネイティブコード実行を可能にする「Native Client」のSDKをリリース
Googleは、「Native Client」の初の公式SDK「Arctic Sea」を公開した。(2011/2/21)

Security&Trust ウォッチ(58):
Perl Mongersはセキュリティの夢を見るか?
(2009/5/27)

Googleが開催:
「Native Client」の脆弱性を求むコンテスト
コンテストでは参加者からNative Clientの脆弱性の情報を募り、優勝者に8192ドルの賞金を贈呈。(2009/2/27)

Googleの「Native Client」とは?――エンジニアに聞いてみた
GoogleはWindowsキラーとなるWeb OSを開発しているのか。Native Clientに携わったGoogleエンジニアにインタビューした。(2008/12/12)

Google、Webアプリでx86ネイティブコードを動作させる「Native Client」発表
x86に最適化されたコードを使えば、JavaScriptなどを利用するよりもはるかに高速に作業できるようになる。(2008/12/10)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(3):
VMware VirtualCenterのインストール
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回はVMware Infrastructureにおける管理ツールである「VMware VirtualCenter」のインストール方法を説明する (2008/11/5)

SQL Server 2005を使いこなそう(8):
高可用性は低コストなデータベースミラーリングで
5年ぶりのメジャーバージョンアップとなったSQL Server 2005。本連載では、SQL Server 2005への移行を検討しているデータベース管理者に向け、新規に実装されたさまざまな機能の詳細を紹介していく。(編集局)(2006/9/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。