ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年02月28日 08時11分 公開

「Google Earth」がようやくFirefox、Edge、Operaで利用可能に

これまでChromeでのみ利用可能だったWeb版「Google Earth」がFirefox、Microsoft Edge、Operaもサポートした。昨年12月にWeb標準になったWebAssemplyで可能になった。Safariもサポートするとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月27日(現地時間)、Web版「Google Earth」をChrome以外のWebブラウザ、Firefox、Microsoft Edge、Operaでも利用できるようにしたと発表した。将来的にはAppleのSafariにも対応させる計画だ。

 edge Microsoft Edgeで開いたGoogle Earth

 Googleは2017年、無料版Google EarthをアプリからWebアプリに変更。その際、Chrome以外のブラウザ版Google Earthも“近い将来”アップデートするとしていたが、約3年かかった。

 Chrome以外のWebブラウザをサポートするために、「Native Client(NaCl)」で構築したChrome版Google Earthを「WebAssembly」で書き換えた。WebAssemblyは、Microsoft、Mozilla、Google、Appleのエンジニアらが2015年に開発を発表した、各社のWebブラウザで共通して使えるバイトコード。昨年12月にW3CのWeb標準になった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.