ニュース
» 2009年03月18日 08時38分 UPDATE

コード実行の恐れ:Symantecがパッチ公開、サードパーティーモジュールの脆弱性に対処

Symantec製品にバンドルされているAutonomy KeyViewモジュールに、バッファオーバーフローの脆弱性が存在する。

[ITmedia]

 米Symantecのセキュリティ製品に使われているサードパーティーモジュールに深刻な脆弱性が見つかり、修正パッチがリリースされた。

 Symantecのアドバイザリーによると、影響を受けるのはSymantec Mail Security、BrightMail Appliance、 Data Loss Prevention Detection Servers/Enforce、Data Loss Prevention Endpoint Agentsの各製品。これら製品にバンドルされているAutonomy KeyViewモジュールに、バッファオーバーフローの脆弱性が存在する。

 セキュリティ企業Secuniaによれば、この問題を悪用された場合、リモートで任意のコードを実行され、システムを制御される恐れがある。なお、この脆弱性が実際に悪用されたりユーザーに影響が出たという情報はSymantecには入っていないという。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -