ニュース
» 2009年03月30日 21時03分 UPDATE

IPファクス機能を提供:ソフトフロントのSIPミドルウェア、富士ゼロックスのデジタル複合機に採用

富士ゼロックスのオフィス向け複合機のIPファクス機能にソフトフロントのSIPミドルウェアが搭載された。

[ITmedia]

 ソフトフロントは3月30日、富士ゼロックスのオフィス向け複合機のIPファクス機能にソフトフロントのSIPミドルウェアが搭載されたと発表した。

 ソフトフロントは、IP電話に比べてオフィスにおけるIPファクスの普及は遅れているとしている。その理由は、ファクスはドキュメントを遅延なく、かつ確実に送受信する必要があるため、いまだ従来の電話回線が利用されているからという。

 今回富士ゼロックスに採用されたSIPミドルウェアは、SIPの標準化活動や接続試験等への参加により国内外の各種SIPサーバとの接続の実績を持っており、また多くの商用実績を通じて、高い接続安定性を実現していると、ソフトフロントは説明する。

 対象となるのはフルカラーデジタル複合機ApeosPort-III CおよびDocuCentre-III Cシリーズ12機種とモノクロデジタル複合機ApeosPort-IIIおよびDocuCentre-IIIシリーズ10機種の計22機種。なお、このIPファクス機能はオプションとして提供される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -