ニュース
» 2009年05月12日 17時52分 UPDATE

ぷらっとホーム、手のひらサイズのLinuxサーバ最新版を発売

ぷらっとホームは、小型Linuxサーバの最新機種「OpenBlockS 600」の販売を開始した。

[ITmedia]
OpenBlockS 600 OpenBlockS 600

 ぷらっとホームは5月12日、小型Linuxサーバの最新機種「OpenBlockS 600」の販売を開始した。前機種に比べメモリやCPUなどの性能を向上させたほか、管理ツールを新たに搭載し、Linuxに不慣れな管理者でも使えるようにした。

 新製品は、CPUに「PowerPC 405EX(600MHz)」を採用。搭載しているメモリの容量は1Gバイト。故障の原因になるファンやHDDなどを搭載しない筐体を採用し、基盤を1枚に収めることで、従来製品より薄型化を実現した。周辺温度55度の環境でも動作するように耐熱性も向上させている。

 OSには同社で開発したOpenBlockSシリーズ向けLinuxディストリビューションの「SSD/Linux」を採用。DebianUbuntuFedoraにも対応している。今後はNetBSDやFreeBSDも対応させる予定という。

 管理用のユーザーインタフェースも刷新し、「Linuxに不慣れなエンジニアでも操作しやすい作りにした」(ぷらっとホーム)。ソフトウェアの機能をGUI(グラフィカルユーザーインタフェース)で追加できる「アプリケーションマネージャ」も新たに追加している。

 筐体の大きさは幅81ミリ、奥行き133ミリ、高さ28.8ミリ。重さは240グラム。価格は5万9800円で、9月に出荷を開始する。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -