ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「Linux」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

1991年にヘルシンキ大学のLinus B. Torvalds氏によって開発されたUNIXクローンのOS。当初はPC/AT互換機をターゲットプラットフォームとして開発されたが、現在ではAlpha、SPARC、S/390などのプラットフォームへの移植も行われている。
Linux − @IT Linux用語事典
-こちらもご覧ください-
Linux Square − @IT
質問!Linux系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でLinux系OS関連の質問をチェック

「誰でも使える優しいOS」の実力とは
専門家に聞く、サーバOSの新たな選択肢として浮上してきたUbuntuとは
Linuxの選択肢として名前が挙がるOSの一つがUbuntuだ。業務でUbuntuを活用している日本仮想化技術の2人に、Ubuntuの歴史や特徴、コミュニティーの運用体制などを聞いた。(2021/4/12)

Windows Subsystem for Linuxをざっくり解説:
5分で分かるWSL/WSL 2
Windows 10上でLinuxを実行できる機能、WSLの概要をおよそ5分でざっくり解説します。(2021/3/23)

Linuxに新バックドア「RedXOR」発見、増え続けるLinux標的マルウェアの脅威
IntezerがLinuxを標的とした新しいバックドア「RedXOR」が発見された。分析結果からこのバックドアは中国のサイバー犯罪グループが開発に関わった可能性が高いとされる。2020年はLinuxを標的としたマルウェアが増加しており、2021年もこれに続く可能性が高い。(2021/3/12)

飲酒状態でPCいじるのは「ダメ。ゼッタイ。」 吐息のアルコールを検出するセンサーを用いた画期的な発明
のんべえLinuxユーザー必携。(2021/3/11)

Google、アプリ開発SDK「Flutter 2」公開 Webとデスクトップ、Surface Duoもサポート
Googleが2018年にリリースしたアプリ開発SDKのバージョン2「Flutter 2」を公開した。iOSとAndroidに加え、Windows、macOS、Linux、Webブラウザ向けのアプリを開発できる。Microsoftは2画面端末「Surface Duo」でFlutterを採用している。(2021/3/4)

CentOS Streamでは不安な人へ
RHEL互換の安定志向OS「AlmaLinux」はCentOSユーザーの福音となるか
CentOSプロジェクトの方針変更は多くのCentOSユーザーを驚かせた。コミュニティーベースのRHELフォークをうたうAlmaLinuxは、CentOSからの移行に最適かもしれない。(2021/3/1)

「Linuxのスキルを持った技術者の需要は高い」:
Linux Foundationが日本語のオンライン講座「Linuxシステム管理入門」を提供開始
The Linux Foundation Japanは、日本語のオンライン講座「Linuxシステム管理入門(LFS201-JP)」の提供を開始した。Linux Foundation Certified System Administrator試験の内容を網羅している。(2021/2/19)

「CentOS Linux」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にTicova オフィスチェア 人間工学椅子を、抽選で3名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2021/2/15)

「クラウド管理者」必修スキル【前編】
クラウド管理者に「Linux」「Windows」のスキルが必要な理由
クラウド管理者の役割は企業ごとに異なる。ただしクラウド管理者として成功するために必要な基本スキルは共通している。その代表例が「Linux」と「Windows」関連のスキルだ。(2021/2/9)

Windows 10 The Latest:
【Windows 10開発動向】次期Windows 10ではコマンドラインで「WSL 2」のインストールが可能に
Windows Insider ProgramのDevチャネルで公開されているWindows 10の開発バージョンからWSL 2の新機能を見ていこう。wsl.exeがWindows 10の標準コマンドになり、Linuxディストリビューションのインストールが簡単になるなど、大きな変化がある。(2021/2/3)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(132):
さよならPHP、WindowsでのPHPのサポートが「2022年11月28日」に完全終了
「PHP」は、古くから人気のあるWebアプリのためのスクリプト言語です。当初はLinux上のApache Webサーバと組み合わせて利用されることが多かったものの、Windowsの「IIS」でも古くからサポートされていました。2020年11月26日に最新バージョン「PHP 8.0」がリリースされましたが、Microsoftはこのバージョンをサポートする予定はありません。(2021/1/29)

sudoにパスワード不要で特権昇格が可能な脆弱性が見つかる
sudoにヒープバッファオーバーフローの脆弱性が存在することが明らかになった。攻撃者はユーザーのパスワードを知らなくても特権昇格できるとされる。sudoはmacOSやLinux、UNIX系OSでプリインストールされるコマンドとして広く利用されており、影響範囲が大きい。(2021/1/28)

Linuxサーバが標的 検出しにくいマルウェア「DreamBus」
Linuxサーバを標的とした「DreamBus」と呼ばれるマルウェアおよびそのマルウェアで構成されるbotネットについてZscalerが注意喚起を発信した。現段階でセキュリティ製品の多くがDreamBusモジュールを検出できていないという。(2021/1/26)

個人開発者はRed Hat Enterprise Linuxを無料で最大16システムまで利用可能に 本番環境もOK
米Red HatがRed Hat Developerプログラム」を拡大。個人開発者には無料で最大で16システムまでを本番環境でも利用可能にする。顧客のシステムを開発する開発チームも登録可能にする。(2021/1/22)

どれか1つミスがあれば攻撃可能?:
FreakOut攻撃とは? 攻撃が成功する確率を高めたマルウェアに注意
Linuxベースのサーバやデバイスを侵害し、botネットを構築する新しい攻撃キャンペーンおよびマルウェア「FreakOut」が発見された。複数のソフトウェアの脆弱性を利用しており、どれか一つでも該当すれば侵害を受ける可能性がある。(2021/1/21)

組み込みLinuxディストリビューションの管理アカウントが攻撃を受ける、経路は不明
OSS開発プロジェクトのサイト管理者アカウントが何者かに侵害された。侵害の方法や経路は不明。同サイトは利用サービスがサイバーインシデント被害に遭った際に最低限、実施しておくべき対策が示されている。(2021/1/19)

AWSが生まれたのは、Amazonが経費削減のためにSunのサーバからHP/Linuxサーバへ切り替えたことがきっかけ 当時の社員が振り返る
Amazon.comの元社員・Dan Rose氏が、AWS立ち上げ時の秘話をTwitterに投稿。その内容と翻訳をお届けする。2000年前後のAmazonでは何が起きていたのか?(2021/1/13)

日立が次世代オープン勘定系システムを開発 金融機関におけるデファクトを目指す
静岡銀行が次世代オープン勘定系システムの稼働を開始した。システムは日立と共同で開発したもの。OSにLinuxを採用するなどオープンな技術を全面的に採用しながら、メインフレームの信頼性や堅牢性を確保した。(2021/1/6)

車載ソフトウェア:
車載Linuxはデモから製品化重視へ、コロナ禍でも活動を継続
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクトAutomotive Grade Linux(AGL)は2020年12月2〜4日、開発者向けイベント「Automotive Linux Summit」をオンラインで開催した。基調講演に登壇したLinux FoundationでAGL担当エグゼクティブ ディレクターを務めるDan Cauchy氏が、コロナ禍におけるAGLの取り組みや、今後の活動方針について語った。(2020/12/22)

運用をより容易に
「自動化」がより進化した「Red Hat Enterprise Linux 8.3」
RHEL 8.3は各種の自動化機能がさらに強化されている。RHEL 8.3の概要を簡単に紹介する。(2020/12/22)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(74):
Windows Subsystem for Linux(WSL) 2入門 その導入からベンチマーク評価まで
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第74弾では、Windows 10上で互換性の高いLinux環境を実現する「Windows Subsystem for Linux(WSL) 2」に関する記事をまとめてお届けする。(2020/12/21)

Google、“第三のOS”「Fuchsia」プロジェクトを一般公開
Googleは、2015年にGitHubで静かに立ち上げたOSプロジェクト「Fuchsia」で、一般開発者の参加を呼びかけた。MacやLinux端末向けエミューレータも公開。「このOSで、持続性のある安全な製品と体験を簡単に作成できるようにする」としている。(2020/12/9)

「日本の競争力を高める鍵となる」:
オープンソースのドキュメントをいち早く日本語化、NICTがAI自動翻訳技術をLinux Foundationに提供
NICTは、Linux Foundation Japanに「みんなの自動翻訳」のAI自動翻訳技術を提供した。Linux Foundationは、オープンソースプロジェクトのドキュメント翻訳作業に同技術を活用する。(2020/12/7)

仮想化ソフトウェア「XCP-ng」とは【後編】
オープンソース仮想化ソフト「XCP-ng」が解決するOSS特有の課題とは?
「Xen Cloud Platform」(XCP)の後継に当たるXen Projectの仮想化ソフトウェア「XCP-ng」は、「Linux」に詳しくない管理者でも仮想化技術を利用しやすい仕組みを備えている。それは何か。(2020/12/4)

サーバ管理ツール「cPanel & WHM」に2要素認証回避の脆弱性、更新を
20年以上に渡ってLinuxサーバの管理に使われてきたcPanel & WHMにセキュリティ脆弱性が発見された。ブルートフォース攻撃によって2要素認証を回避できるとされており注意が必要だ。(2020/11/26)

Stantinkoでhttpdになりすましたマルウェアが発見される
botネット「Stantinko」で新しいマルウェアが発見された。httpdをベースに開発され、Linuxサーバを利用する大規模な攻撃キャンペーンで既に使われている。(2020/11/25)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(128):
完全統合を果たしたクロスプラットフォームの「.NET 5.0」、正式リリース
2020年11月10日(米国時間)、Microsoftはアプリケーション開発/実行環境の最新メジャーリリース「.NET 5.0」を正式にリリースしました。今後、運用環境のWeb(クラウド)アプリ、およびWindows、macOS、Linuxのクロスプラットフォームのデスクトップアプリ開発に積極的に利用することができます。(2020/11/24)

MSが新施策、LinuxサーバのAzure移行をスムーズに
日本マイクロソフトは、「Red Hat Enterprise Linux」と「SUSE Linux Enterprise」を「Azure Hybrid Benefit」の対象に追加した。同特典の対象範囲は、これまで「Windows Server」と「SQL Server」に限定されていた。(2020/11/20)

Microsoft Focus:
Azureは今度こそAWSの牙城を崩せるのか? 2021年、日本マイクロソフトのクラウド戦略を解説しよう
2021年度をスタートさせた日本マイクロソフトは、DXの「一丁目一番地」にクラウド戦略を据える。これまでのAzure戦略を超える形でユーザーやパートナー向け施策を強化するだけでなく、Windows ServerやLinuxからの移行も見据えるという同社の新たな取り組みとは。(2020/10/30)

米Microsoft、「Microsoft Edge for Linux」プレビュー版をついにリリース Linux版を開発する理由とは?
米Microsoftが、Webブラウザ「Microsoft Edge」のLinux対応版をプレビューとして公開。現時点で対応するLinuxディストリビューションは、Ubuntu、Debian、Fedora、openSUSEの4種類。同社はなぜEdgeのLinux版を開発するのか。(2020/10/27)

Linuxカーネルの自動更新も可能に:
Microsoft、GUIアプリのサポート時期など「WSL」の最新情報を紹介
Microsoftは「Windows Subsystem for Linux」(WSL)について、最近のアップデートのまとめとともに、追加予定の新機能などの一端を紹介した。(2020/10/2)

Ignite 2020:
マルチクラウド環境のWindows/LinuxサーバをAzureで集中管理 「Azure Arc enabled servers」が正式サービス
米Microsoftが「Ignite 2020」で、「Azure Arc enabled servers」が正式サービスになったと発表。Microsoft Azureを中心とするマルチクラウドプラットフォーム「Azure Arc」に対応するサーバ。Microsoftのマルチクラウド戦略の核ともいえるAzur Arcが本格的に動き始めたといえる。(2020/9/23)

プレミアムコンテンツ:
「Windows Server」と「Linux」 2大サーバOSの違いは
2大サーバOSである「Windows Server」と「Linux」。これらのサーバOSの違いとは何か。どのようなポイントで比較すればよいのか。勘所を紹介する。(2020/9/21)

WSL 2に物理ディスクを接続:
Windows 10と「WSL 2」でLinuxファイルシステムへのアクセスが可能に
「Windows 10 Insider Preview Build 20211」において「WSL 2」に新機能が加わった。物理ディスクをWSL 2に接続してマウントし、「ext4」などのファイルシステムにアクセスできるようになった。(2020/9/18)

セキュリティ、運用管理の優位性を強調:
AWS、コンテナホスト用のLinuxベースOS「Bottlerocket」を正式リリース
Amazon Web Services(AWS)は、同社が設計し、コンテナ実行に最適化した新しいLinuxベースのオープンソースOS「Bottlerocket」の一般提供を開始した。(2020/9/11)

Arm、ストレージでのデータ処理に向け:
「Cortex-R」初の64ビットプロセッサ、MMU搭載も
Armは2020年9月3日(英国時間)、ストレージ内での高速なデータ処理を実現する新プロセッサIP「Cortex-R82」を発表した。高性能なリアルタイム処理が必要な機器向けの「Cortex-Rシリーズ」初の64ビット品で前世代と比べ最大2倍のパフォーマンスを発揮するほか、メモリ管理ユニット(MMU)を搭載することでLinuxにも対応している。(2020/9/4)

AWS、コンテナ実行に最適化したLinux OS「Bottlerocket」正式版リリース
米AWSが、コンテナの実行に最適化したLinuxベースのOS「Bottlerocket」正式版のリリースを発表。一般的なLinux OSが備える機能から、コンテナの実行に必要な機能だけを残して徹底的にスリムダウン。セキュリティなどを強化したLinuxベースのOSだ。(2020/9/3)

The Linux Foundation Japanがホワイトペーパーの日本語訳を公開:
「技術的負債」が組織やエンジニアに与える影響とは?
The Linux Foundation Japanは、『技術的負債とオープンソース開発』の日本語訳を公開した。技術的負債について、「ソフトウェア開発時にメインブランチからの逸脱によって発生したソースコードの保守コスト」と説明している。(2020/9/3)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 May 2019 Update/November 2019 Updateでも「WSL 2」の利用が可能に
Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)の目玉機能の1つであったLinux互換環境の「WSL 2」が、Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)/November 2019 Update(1909)でも動作可能となった。その実行方法を紹介する。(2020/8/31)

プレミアムコンテンツ:
「Windows」より「Linux」シンクライアントを選ぶ理由
「Linux」搭載のシンクライアントは、もはや簡単な作業しかこなせない簡易的な端末ではない。テレワークの時代に突入しようとしている今、Linuxシンクライアントについて知っておく価値がある。(2020/8/20)

NSAとFBI、ロシアがスパイ活動で利用というLinux向けマルウェア「Drovorub」のアドバイザリー公開
米国家安全保障局(NSA)と米連邦捜査局(FBI)が、ロシア政府とつながるハッカー組織apt28が利用しているというLinux用マルウェア「Drovorub」のセキュリティアドバイザリーを公開した。(2020/8/14)

Facebook、Linux Foundationのプラチナメンバーに
これまでLinux FoundationのシルバーメンバーだったFacebookが、プラチナメンバーに昇格する。同社はLinux Foundationを通じてオープンソースプロジェクトに160万ドル以上を出資する。(2020/8/14)

Google、Chromebookでのアプリ開発を支援する「ChromeOS.dev」公開
Googleが、Chromebookを使うアプリ開発者向けのハブサイト「ChromeOS.dev」を公開した。Chromebook対応Androidアプリの開発を支援するだけでなく、Androidアプリの“完全な”エミュレーターの提供や、Chrome OS上のLinux(β)の更新情報も提供する。(2020/8/13)

Berkeley Packet Filter(BPF)入門(10):
単なるデバッグ情報だけではない「BPF Type Format」(BTF)の使い道
Linuxにおける利用が急速に増えている「Berkeley Packet Filter(BPF)」について、基礎から応用まで幅広く紹介する連載。今回は、最近のBPFの発展に欠かすことのできない重要機能「BPF Type Format(BTF)」について。(2020/8/6)

ブートローダー「GRUB2」に脆弱性、LinuxやWindowsのセキュアブート迂回される恐れ
「BootHole」の脆弱性を悪用されると、セキュアブートが有効になっていたとしても、起動プロセスの間に任意のコードを実行される恐れがある。(2020/7/30)

Linux基本コマンドTips(407):
【 git reset 】コマンド(基礎編)――ファイルをインデックスから取り除く
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回はファイルをインデックスから削除したり、特定のコミットの状態まで戻したりする「git reset」コマンドです。(2020/7/27)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(66):
Linux基本コマンドTips:LVM編
人気過去連載を電子書籍化して無料でダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第66弾では「Linux基本コマンドTips」から、「LVM」に関連するコマンドを扱った30回分を1冊のPDFとしてまとめました。現在のLinuxは、HDDなどに直接ファイルシステムを割り当てるのではなく、LVM(Logical Volume Manager)を利用することが一般化しています。(2020/7/22)

Linux Foundation、AppleとGoogleの新型コロナAPI採用アプリ拡大支援イニシアチブ「LFPH」立ち上げ
Linux Foundationが、世界の公衆衛生当局の新型コロナ対策を支援するイニシアチブ「LFPH」を立ち上げた。AppleとGoogleが共同開発した曝露通知APIを採用するアプリ公開などを支援していく。(2020/7/21)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(164):
「Windows×OpenSSH×WSL 2=ほぼほぼネイティブなLinux」に見えてしまう、の作り方
前回は、Windows Subsystem for Linux(WSL)の次世代バージョン「WSL 2」によって、Windows 10 HomeでDocker Desktopが利用できるようになったことをお伝えしました。今回もWSLが関係してくる話です。それはまるで「Linuxのように見えるWindowsのリモート接続環境」が作れるという話です。(2020/7/15)

ノキアがクラウド開発向けネットワーク製品群を発表 すでにAppleが採用
ノキアはクラウド開発者向けにネットワーク製品群を発表した。ネットワーク機器向けOS「Nokia SR Linux」、運用ツールキット「Nokia FSP」、400GbE対応のスイッチを提供する。(2020/7/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。