ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「OS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOS関連の質問をチェック

関連キーワード

auの「Galaxy Note9/S9/S9+」がAndroid 10にバージョンアップ
auが、サムスン電子製「Galaxy Note9 SCV40」「Galaxy S9 SCV38」「Galaxy S9+ SCV39」のOSバージョンアップを実施。「Androidの設定」に関する通知やカメラの機能追加、アプリフォルダのデザイン変更などが行われる。(2020/2/26)

ドコモの「Galaxy Note9」がAndroid 10にバージョンアップ
NTTドコモの「Galaxy Note9 SC-01L」が2度目のOSバージョンアップを実施する。Android 10の新機能が使えるようになる他、カメラ機能に関する不具合の修正などが行われる。(2020/2/26)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Windows 10」の無料で使える純正セキュリティツール
「Windows 10」を取り巻く脅威は、Microsoft純正ツールやOSに組み込まれた機能を使うことで対処できる。Windows 10のセキュリティ対策に役立つ無料のツールや機能と、それらの活用方法を説明する。(2020/2/20)

ドコモの「Xperia 1」「Xperia 5」がAndroid 10にバージョンアップ 新機能も搭載
NTTドコモが発売した「Xperia 1 SO-03L」「Xperia 5 SO-01M」がAndroid 10にバージョンアップする。同OSの新機能を使えるようになる他、新機能や機能改善などが行われる。(2020/2/19)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
6GHz帯を使う「Wi-Fi 6E」、今後どうなる?
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年1月の業界動向の振り返りとして、Wi-Fi 6EとMicrium μC/RTOSのOpen License化についてお届けする。(2020/2/19)

Microsoft、2画面端末OS「Windows 10X」のSDKとエミュレーター公開
Microsoftが、今年のホリデーシーズンに発売する予定の2画面端末「Surface Neo」および「Surface Duo」のためのOS「Windows 10X」のエミューレーターとSDKをリリースした。(2020/2/12)

組み込み開発ニュース:
リアルタイムOS「VxWorks」がRISC-Vをサポート
ウインドリバーが、商用リアルタイムOS「VxWorks」がRISC-Vをサポートしたと発表。サポートに先行して、VxWorksにC++17、Boost、Python、Rustのサポートを含む複数の機能が追加された。また、同社はRISC-V Foundationへの加盟も併せて発表した。(2020/2/5)

FAニュース:
19種類の海外安全規格に対応、高機能CPU「Core i5」搭載のFAコンピュータ
コンテックは、19種類の海外安全規格に対応したFAコンピュータ「GPC-700」シリーズの受注を開始した。小型ながら高機能CPUの「Core i5」を搭載し、メモリ容量、ストレージ構成、OSなどが選択でき、かつ高い拡張性を有する。(2020/2/5)

NTTドコモの「Galaxy Note10+」「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition」がOSバージョンアップ Android 10に
NTTドコモの「Galaxy Note10+」「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition」が、Android 10にバージョンアップ。うす暗いところでも見やすくなるダークテーマを追加し、位置情報に関する強化などを行う。(2020/2/3)

PR:Surfaceシリーズで攻めのリプレースを実現! 業務効率化が加速する
長年続いたWindows 7がついに延長サポート終了を迎えた。単に新しいOSに変えるよりも、PC丸ごとのリプレースが効果的なのはいうまでもないが、それをさらに加速させるPCがある。それは……。(2020/2/3)

「パソコン更改を実践する人材不足」にどう対処?
一刻の猶予もないWindows 10搭載PCへの切り替え 今、IT部門が頼るべきは誰?
ついにWindows 7とWindows Server 2008のサポートが終了した。切り替えが終わっていない企業も急ぎで対処を進めているだろう。だが「自社で何のOSを使っているのすら分からない」といったIT部門は少なくない。どうすればいいのだろうか。(2020/2/3)

SNSを長く使っている人ほどOSバージョンアップを実施――ドコモ「モバイル社会研究所」セキュリティ対策調査 
NTTドコモの企業内研究所が、スマートフォン利用者を対象としたセキュリティ対策に関する調査の結果を発表。スマホ利用が長期間になるほどセキュリティ対策をしっかり実施する傾向があり、SNS利用者は未利用者よりOS最新化などに取り組んでいることが分かったという。(2020/1/31)

PR:業務パソコンの困りごとはNTT東日本の「おまかせクラウドVDI」で対応!
Windows 7のサポート終了が話題を集めているが、OSの移行を機に社内のパソコンを仮想化することで管理運用の手間を軽減できる方法がある。NTT東日本の「おまかせクラウドVDI」の詳細を見ていこう。(2020/2/27)

山市良のうぃんどうず日記(170):
ものぐさ筆者、14年ぶりにPCをリプレースするってよ
筆者が仕事(書き物)にメインで使用しているPCは、2005年に購入したとても古いPC。x64版Windows XPプリインストールモデルを、ハードウェアのカスタマイズやOSのアップグレードを繰り返して使い続けてきました。もうすぐ15年というところで、2019年末に起こった出来事をきっかけに、ようやくリプレースしようと決心しました。(2020/1/29)

ドコモのGalaxy S10シリーズがAndroid 10にアップデート
NTTドコモは、1月22日にサムスン電子製スマートフォン「Galaxy S10 SC-03L」「Galaxy S10+ SC-04L」「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」のOSアップデートを実施。ダークテーマやジェスチャーナビゲーションを追加する。(2020/1/23)

メカ設計用語辞典:
ROS
メカ設計者のための用語辞典。今回は「ROS」について解説する。(2020/1/21)

古田雄介の週末アキバ速報:
今もWindows 10 Homeリテールがじわじわ品薄に――7サポート終了後の電気街
OSの切り替え需要は今週も収まらず、リテール版のWindows 10 Homeを中心に売り切れのショップが複数みられた。現在の電気街に流れていた空気を見ていく。(2020/1/18)

米国のHuawei禁輸措置に対抗か
中国“Windows禁止令”でHuawei製「Harmony OS」の開発に弾みがつく?
中国当局は政府機関で使用する「非中国製ソフトウェアを搭載したコンピュータ」を交換するよう命じたという。Huaweiが開発する独自OS「Harmony OS」のプロジェクトにとっては追い風になる可能性がある。(2020/1/18)

ソフトウェア開発者に朗報?
「Microsoft Teams」がLinuxで利用可能に 背景には「Slack」との競争
Microsoftは「Microsoft Teams」のLinux版の提供を開始した。昔は競合するソフトウェアやOSに対して排他的な傾向にあった同社が、LinuxユーザーにTeamsを提供するのはなぜなのか。(2020/1/17)

Chromeアプリ、Windows、Mac、Linux向けは2020年12月にサポート終了
Googleが、2013年から提供してきた「Chromeアプリ」のサポート完全終了までのスケジュールを発表した。今年12月にはWindows、Mac、Linux版が終了し、Chrome OS版も2022年6月に終了する。(2020/1/16)

auの「Galaxy S10/S10+」、Android 10へアップデート
KDDIは、1月15日にサムスン電子製のAndroidスマートフォン「Galaxy S10 SCV41」「Galaxy S10+ SCV42」のOSアップデートを実施。Android 10ではクイックパネルやアプリフォルダ、壁紙などの設定が変更となる。(2020/1/15)

NECの「VersaPro」「Mate」に2020年春モデル 第10世代Coreプロセッサ搭載のモバイルノートが登場
NECがビジネス向けPCの新モデルを発表。OSを「Windows 10 November 2019 Update」に刷新したものが中心だが、新モデルとして、一部を除き第10世代Coreプロセッサを搭載する12.5型モバイルノートPC「VersaPro UltraLite タイプVC」も登場する。(2020/1/15)

山市良のうぃんどうず日記(169):
リリースから7年後のWindows Server 2012の新規インストール(2019年12月版)
2020年の年明け早々、Windows 7、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2の延長サポートが終了しました。次に延長サポートが終了する主なレガシーOSは、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2で、3年後です。最近、Windows Server 2012を新規インストールする機会があったので、2019年12月の最新状態にアップデートするまでをレポートします。(2020/1/15)

バッテリー消費が速くなる問題も
「macOS Catalina」では32bitアプリが動かない?
Appleの「macOS Catalina」には、従来のアプリケーションとの相性や新ファイルシステムの挙動などに幾つかの問題がある。macOS Catalinaの導入を決める前に考慮すべき点を解説する。(2020/1/13)

ファッションブランド「DIESEL」、廉価版スマートウォッチ「Fadelite」発表 Snapdragon Wear 3100搭載、4万4000円
ファッションブランド「DIESEL」が、新型スマートウォッチ「Diesel On Fadelite Smartwatch」を発表。「Wear OS by Google」と「Snapdragon Wear 3100」を搭載する。価格は税込4万4000円で、既存モデルよりも廉価。(2020/1/7)

CES 2020:
Chromebook、ASUS、Lenovo、Samsungから新モデル登場
ASUS、Lenovo、Samsungが、Googleの「Chrome OS」搭載Chromebookの新モデルを発表した。約3万円のエントリーモデルから約10万円のハイエンドまでがそろった。(2020/1/7)

CES 2020:
Samsung、ハイエンド「Galaxy Chromebook」を1000ドルで
Samsungが、Googleの「Chrome OS」搭載の「Galaxy Chromebook」を発表した。13.3インチの4K有機ELディスプレイでスタイラスが付属し、第10世代Intel Core i5搭載。米国では第1四半期中に999.99ドル(約10万円)で発売する。(2020/1/7)

組み込み開発ニュース:
μT-Kernel 3.0の仕様書とソースコードを一般公開
トロンフォーラムは、リアルタイムOS「μT-Kernel 3.0」の仕様を策定し、仕様書とソースコードをGitHubとトロンフォーラムのWebサイトから一般公開した。(2020/1/7)

自治体IaaSの障害、90%が復旧完了 自治体のバックアップから復元 「復旧困難」は4%に減少
日本電子計算の自治体向けIaaSで障害が発生した件で、同社が影響を受けた仮想OSのうち90%が復旧したと発表。残りは、復旧作業中のものが6%、同社単独での復旧が困難なものが4%という。(2019/12/26)

Facebook、OculusやARメガネ用独自OS開発か?──米報道
Facebookが、Oculusのヘッドセットや開発中のARメガネ用独自OSを開発していると、米The Informationが報じた。Microsoftで「Windows NT」を開発し、2017年にOculus入りしたマーク・ルコフスキー氏が手掛けている。(2019/12/20)

組み込み開発ニュース:
TOPPERSが64ビットRISC-Vに対応、リアルタイムOSカーネルを公開
TOPPERSプロジェクトは、Sipeedが開発した64ビットRISC-Vプロセッサ搭載ボード「Maixduino」に、μITRON系のリアルタイムOSカーネル「TOPPERS/ASPカーネル(Release 1.9.3)」をポーティングし、オープンソース化する。(2019/12/13)

UEM選定で重視すべき6つのポイント【前編】
統合エンドポイント管理(UEM)を「対応OS」「セキュリティ」で比較するコツ
「統合エンドポイント管理」(UEM)の選定時には6つの機能に注目すると、製品の特徴を見極めるのに役立つ。前編となる本稿は、6つの選定ポイントのうち2つを紹介する。(2019/12/13)

Y!mobile、12月19日にAndroid Oneスマホ「S6」「S7」発売
Y!mobileが、京セラ製「Android One S6」とシャープ製「Android One S7」を12月19日に発売する。いずれもGoogleの「Android One」に準拠し、OSバージョンアップと発売から3年間のセキュリティアップデート提供が保証されている。(2019/12/12)

法人向け端末をサブスクリプション化する「DaaS」、菱洋エレクトロが2020年春に提供開始
菱洋エレクトロは、企業で使う端末やソフトウェアをサブスクリプション形態で提供するDaaS(Device as a Service)を発表した。高性能プロセッサ、OS、Microsoft 365、業務支援サービスを含めてPCをカスタマイズして提供し、機器の導入から運用支援、保守までをトータルでサポートする。(2019/12/5)

Windowsフロントライン:
Windows 10Xのリリース時期は? 最新事情と「Windows 10 2004」の謎を探る
今回は、Microsoftが2020年に発売を予定している2画面デバイス「Surface Neo」に採用されるOS「Windows 10X」を巡る最新情報と、Windows 10の命名ルールについてチェックする。(2019/12/5)

ET&IoT Technology 2019:
「Formula E」レーシングカーにも搭載、GHSのRTOS
グリーン・ヒルズ・ソフトウェア(GHS:Green Hills Software)は、「ET&IoT Technology 2019」(2019年11月20〜22日、パシフィコ横浜)で、同社のリアルタイムOS(RTOS)「INTEGRITY」および仮想化技術「Multivisor」を用いたパートナー企業のソリューションや、フォーミュラEに参戦するインドの「マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチーム」の実車などを展示していた。(2019/12/5)

モリサワ、Adobe MAX Japan 2019で「Morisawa Font for iPad OS」をデモ
導入すると、モリサワの書体をiPadで自由に使えるようになる。(2019/12/4)

車載ソフトウェア:
AUTOSAR Adaptive Platform向けソリューションを共同開発、QNXとETASが協業
BlackBerry QNXとETASは、協業により、「AUTOSAR Adaptive Platform」に準拠した車載コンピュータやドメインコントローラー向けのソリューションを開発すると発表した。(2019/12/3)

エイサー、AMD製APUを採用した2in1設計の11.6型Chromebook
日本エイサーは、Chrome OSを搭載した11.6型2in1ノートPC「R721T-N14N」を発売する。(2019/11/28)

現場特化のAndroid搭載スマートグラス「RealWear」、日本市場を狙う
スマートグラスに代わる産業用ウェアラブル・コンピュータが、日本市場で本格的に販売展開を開始する。米RealWearの製品は、Android OSを搭載し、各種アプリが使える他、屋外の過酷な建設現場での使用にも耐えるスペックを有している。(2019/11/28)

ET2019:
CASEで変貌する車載組み込みシステム、APTJとウインドリバーが協業で対応
APTJとウインドリバーは、「ET&IoT Technology 2019(ET2019)」の会場内で会見を開き、車載ソフトウェアの標準規格であるAUTOSARと仮想化技術を活用した車載ソフトウェアプラットフォームの開発と販売に向けた業務提携について発表した。(2019/11/22)

「Citrix Optimizer」「VMware OS Optimization Tool」を有効活用
「VDI最適化ツール」とは? 仮想デスクトップの性能向上とリソース削減を両立
VDIのパフォーマンス維持・向上とリソース使用量の削減を両立させたいなら、「Citrix Optimizer」「VMware OS Optimization Tool」などのVDI最適化ツールが役立つ。こうしたツールの機能と使い方を示す。(2019/11/20)

Windows Phoneを諦めたMicrosoft、なぜライバル企業のAndroidでスマホに再参入するのか
米Microsoftは10月に、Android OS搭載の折りたたみスマートフォン「Surface Duo」を発表した。自社製OSではなく競合他社製OSを採用したのはなぜなのか。Windows OSの収益を核とする経営モデルから脱したサティア・ナデラCEOの成長戦略が背景にあるのではないか。(2019/11/19)

製造業IoT:
PR:日本の顧客に寄り添って30年、時代に応じた組込みOSのニーズをとらえてサービスを進化
注目を集めるIoTやエッジコンピューティングで重要な役割を果たす組込みOSのベンダーとして知られるウインドリバー。日本法人の設立から30周年を迎えた同社は、今後どのようにデジタルトランスフォーメーションを加速化させていくのだろうか。(2019/11/27)

「HUAWEI nova 5T」、Google PlayやGoogleアプリは利用可能
ファーウェイの新スマートフォン「HUAWEI nova 5T」が11月29日に発売される。気になるのは、Google関連のサービスが使えるのかという点。AndroidのセキュリティアップデートやOSバージョンアップは?(2019/11/14)

機内でもハッキリ聴ける? ノイキャン対応「AirPods Pro」を数日使って感じたこと
「AirPods Pro」は、待望のアクティブノイズキャンセイリングに対応した。ノイズキャンセリングモードではかなりはっきりと環境音が消されるので、地下鉄で使えば、電車の走行音はほとんど気にならない。OSレベルでの連携によってスムーズに機能することもメリットだ。(2019/11/14)

スマートシティー:
NEC・鹿島らがスマートシティーのOSと運用マニュアルを開発し、横展開を加速
NEC、アクセンチュア、鹿島建設、日立製作所、産総研、データ流通推進協議会の6者は、官民共同で“スマートシティー”の共通設計図を作り、1つの街だけで完結せずにスマートシティーづくりが派生的に広がる横展開を構想している。(2019/11/12)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(61):
複雑になったMicrosoft Officeのシステム要件とサポート期限に注意
「Microsoft Office」アプリケーションには、Office 365サブスクリプションに含まれるOfficeと、永続ライセンスであるスイートまたは単体製品のOfficeが存在し、WindowsまたはmacOSにインストールできます。現在、WindowsでサポートされているOfficeアプリケーションは複数存在し、システム要件やサポートライフサイクルが複雑になっています。今回は、企業向けのOfficeサービス/製品についてまとめました。(2019/11/12)

新OS「QTS 4.4.1」登場!:
QNAPがクラウド戦略をアピール――「QNAP 2020 TechDay」を開催
NAS用の新OS「QTS 4.4.1」のリリースに合わせ、QNAPが「QNAP 2020 TechDay」を秋葉原で開催した。同社の今後の展開や投入される新製品をチェックしよう。(2019/11/11)

2023年の国内IT支出額は29兆円規模へ 金融・運輸を中心に平均1.9%増で成長――ガートナー予測
ガートナー ジャパンの予測によると、日本のIT支出は、消費税増税対応やOSのサポート終了対応などが後押しし、2023年まで年平均1.9%増で推移して29兆円に達する。業種別では、特に金融、運輸での高い成長率が見込まれるという。(2019/11/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。