ニュース
» 2009年05月28日 12時37分 UPDATE

トレンドマイクロ、PC用IPSとモバイルアンチウイルスを発売

トレンドマイクロは、クライアントPC用IPS(不正侵入防御)とスマートフォン用ウイルス対策の2製品を企業向けに発売する。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは5月28日、クライアントPC用IPS(不正侵入防御)「Intrusion Defense Firewall」と、スマートフォン用ウイルス対策「Trend Micro Mobile Security 5.1」を6月に発売すると発表した。両機能は、「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0」のプラグインソフト。

 Intrusion Defense Firewallは、IDS(不正侵入検知)/IPS、ステートフルファイアウォールを1つに統合した。未パッチの脆弱性を突く攻撃などをクライアントPC上で遮断するほか、ポリシーでアプリケーションを指定し、適正な通信のみを許可する運用が可能になる。

 Trend Micro Mobile Security 5.1は、Windows Mobile 5/6/6.1のOSを搭載するスマートフォン向けにウイルス対策やクライアントIPS、ファイアウォール機能を提供。上位版のアドバンスでは、さらにUSBポートやカメラ、Bluetoothなどの機能をポリシーベースで管理者が制御でき、紛失時には遠隔操作で端末内や外部メディアのデータを消去する。

 Trend Micro Mobile Security 5.1は6月1日に発売し、価格はアドバンスが5220円、スタンダードが2610円。Intrusion Defense Firewallは6月17日に発売し、価格は1180円となる(いずれも1000ユーザー環境での1ユーザー当たりの価格)。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

トレンドマイクロ | スマートフォン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -