ニュース
» 2009年06月01日 07時20分 UPDATE

VMwareの仮想化製品に脆弱性、修正パッチを公開

悪用されると、サービス妨害(DoS)状態の誘発や、任意のコードを実行される可能性が指摘されている。

[ITmedia]

 米VMwareの仮想化製品に新たな脆弱性が見つかり、5月28日付で修正パッチが公開された。VMware Workstation、Player、ACE、Server、Fusion、ESX、ESXiの各製品が影響を受ける。

 アドバイザリーによると、今回のパッチでは2件の脆弱性に対処した。このうちVMware Descheduled Time Accountingドライバのエラーに起因する脆弱性は、悪用されるとWindowsベースの仮想マシンでサービス妨害(DoS)状態を誘発される恐れがある。

 また、libpngパッケージのエラーに起因する脆弱性は、任意のコードを実行される可能性も指摘されている。

 VMwareは各製品ごとに、これらに脆弱性に対処するパッチをリリースノートと併せて公開し、適用を呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

VMware | 脆弱性 | パッチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -