ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「仮想化セキュリティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
仮想化 − TechTargetジャパン

「誰も何も信用しない」からいったん離れる
いまいち分かりにくい「ゼロトラストセキュリティ」をあらためて理解する
「ゼロトラストセキュリティ」は、字面通りに解釈すると頭を抱えてしまいそうなセキュリティモデルだが、その背景にある基礎を理解すれば、やるべきことは自ずと見えてくる。(2019/5/9)

DX時代にネットワークエンジニアに求められることとは:
PR:注目の「ネットワーク仮想化」技術はマルチクラウド時代のネットワークにどんな変化をもたらすのか――ネットワーク仮想化ディープダイブセミナーレポート
2018年11月13日、@IT編集部の主催による「これからのネットワークエンジニアにとっての必須知識 ネットワーク仮想化ディープダイブセミナー」が行われた。デジタルトランスフォーメーションやマルチクラウドなどが進む中、ネットワークに求められていることとは。(2018/12/10)

各方式のメリットや選び方を紹介
デスクトップ仮想化やアプリケーション仮想化に踏み切る前に解決したい4つの疑問
企業のIT部門が社内のワークステーションについて決めなければいけないことは2つある。1つは仮想デスクトップの提供方法、もう1つはデスクトップとアプリケーションのホスト方法だ。(2018/12/7)

個別ユーザーの悩みに対処する:
PR:機能評価に自信を見せる、国産のトータルクラウドセキュリティ製品「Gresシリーズ」
クラウド上で自社サービスを展開する際、クラウド内部で動作する自社アプリケーションや仮想マシンのセキュリティ維持はユーザーの責任だ。手放しで運用することはできない。そのためには次世代ファイアウォール(NGFW)やサンドボックス、アプリケーションファイアウォール(WAF)をクラウド環境上やその経路に設置する手法が望ましい。グレスアベイルはこれら3製品を国内で自社開発し、ユーザーに提供している。海外ベンダーの製品と比較してどのような特徴があるのだろうか。(2018/11/5)

IT管理、ユーザーエクスペリエンス、セキュリティを強化:
Microsoft、リモートデスクトップサービス最新版「RDS 2019」をリリース
Microsoftは、「Windows Server 2019」の一部としてリモートデスクトップサービスの最新版「RDS 2019」をリリースした。「IT管理の簡素化」「ユーザーエクスペリエンスの向上」「セキュリティの向上」が特徴だ。(2018/10/5)

コスト、リスク、スケーラビリティ、判断材料は?
ハイパーコンバージドインフラとコンバージドインフラの導入理由をユースケースで比較する
スケーラビリティ、リスク耐性、コスト、これらは全てコンバージドインフラ(CI)とハイパーコンバージドインフラ(HCI)のどちらを選ぶかの判断材料になる。ユースケースにおいてはどのような違いがあるのか?(2018/10/4)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(49):
Azure上のリソースを外部からの攻撃から保護する2つの新機能が正式版に
2018年4月、Microsoft Azureに展開したアプリケーションや仮想マシン、仮想ネットワークをサイバー攻撃から保護する2つのセキュリティ機能が全リージョンで正式に利用可能になりました。「アプリケーションセキュリティグループ(ASG)」と「DDoS Protection」です。(2018/4/26)

今と未来をどうつなぐか:
Dell EMC、日本における機能統合の成果と課題とは
Dell EMCの日本法人であるデルとEMCジャパンは2018年3月20日、両社の機能統合について振り返ると共に、新年度の事業戦略について説明した。ここでは、グローバルと日本における動きを踏まえ、統合の成果と課題についてお届けする。(2018/3/23)

鉄壁の防御からリスクを最小化する「ダメージコントロール」へ:
PR:今、企業が実践すべきサイバーセキュリティ対策のアプローチとは
@IT編集部主催のセキュリティセミナー「侵入されても攻略されないサイバー攻撃対策〜攻撃者はいかにして目的を遂行するか〜」が開催された。セミナーでは、ヴイエムウェアが侵入後のリスクをいかに最小化するかを解説、その具体的なアプローチを紹介した。また、会場内に設けられたブースでは、ダイワボウ情報システムがセキュリティリスクを最小化するヴイエムウェアソリューションを披露した。(2017/9/1)

トレンドマイクロ 法人向け事業戦略:
自動車、工場――つながるリスクに備えるセキュリティソリューションを展開
トレンドマイクロは、2017年の法人向け事業戦略を発表。従来型の防御技術とAIなどの先進技術を融合させた「XGen」アプローチに基づくセキュリティソリューションの提供と、IoTセキュリティに関する取り組みを強化する方針を明らかにした。(2017/4/10)

IoTセキュリティ:
狙われる工場や自動車、トレンドマイクロが業種別セキュリティを展開
トレンドマイクロはIoTセキュリティにおける業種別ソリューションを強化する。主に自動車向け、工場向け、家庭向けの3分野で重点的な取り組みを行う。(2017/3/30)

ビジネス駆動型セキュリティとは
「ビジネス駆動型セキュリティ」を実現する4つのポイント
サイバーセキュリティ企業RSAの新任プレジデント、ロヒット・ガイ氏は、同社が新たに提唱する「ビジネス駆動型セキュリティ」について語った。(2017/2/23)

ポータブルデスクトップは仮想デスクトップの代わりになる?
Windows 10を持ち出す――「Windows to Go」が仮想デスクトップより優れている点
ポータブルデスクトップはフォームファクター次第で仮想デスクトップよりも高い性能とセキュリティを期待できる。ただしポータブルデスクトップも仮想デスクトップ同様に万能ではない。(2017/2/22)

今後4年間に予想されるクラウド/IoTの脅威とは:
マカフィー、「2017年以降のサイバー脅威予測」を発表
マカフィーが「McAfee Labs 2017年脅威予測レポート」を公表。2017年に注意すべき脅威、今後クラウドとIoT分野のセキュリティで注視すべき点などを提言した。(2016/12/2)

組み込み開発ニュース:
IoT、AIビジネスの事業拡大に向けた資本業務提携で合意
NTTデータは、SELTECHとIoTおよびAIビジネスの拡大に向け資本業務提携をすると発表した。NTTデータがSELTECHの第三者割り当てによる株式を一部取得する。(2016/11/23)

仮想化に潜むセキュリティ課題を考える
“仮想化のセキュリティ盲点”とその解決策とは?
仮想デスクトップ基盤(以下、VDI)の導入が広がっているが、VDIへのログインや本人認証における従来型認証方法の脆弱性や、利便性における課題は従来のままだ。盲点になりがちな「認証セキュリティ」の課題に迫る。(2015/6/29)

ホワイトペーパー:
300カ所に及ぶ大規模データセンターのセキュリティ対策は「選択と集中」
300カ所に及ぶデータセンターを抱えるBritish American and Tobacco。データ管理を一元化してセキュリティ強化したシステムに向け、クラウドや仮想化を検討中だ。(2015/2/18)

Facebook、サーバセキュリティ技術のPrivateCoreを買収
Facebookが、vmWare出身のサーバセキュリティ専門家が立ち上げたPrivateCoreを買収し、その技術を自社データセンターで採用すると発表した。(2014/8/8)

カスペルスキー、小規模オフィス向けのセキュリティパッケージ発売
新製品は最大でPCとAndroid端末をそれぞれ10台、Windowsのファイルサーバ1台を保護する。(2014/7/17)

データセンターのサーバを保護する対策システム、シマンテックが発表
シマンテックはVMwareと連携して、仮想サーバに対するサイバー攻撃を防いだり、セキュリティ対策を効率的に適用したりできる製品を発売した。(2014/6/19)

ホワイトペーパー:
老舗サクラクレパスの選択。新旧OSバージョン混在や仮想環境のセキュリティ解決策
稼働するサーバおよびPCのOSのバージョン混在環境、そしてUSBメモリの使用許可など、セキュリティ担当者には困難な状況でも高いセキュリティを維持するエンドポイント製品の導入事例である。(2014/2/19)

ホワイトペーパーレビュー
仮想環境のセキュリティ対策を指南する3つのホワイトペーパー
仮想環境のセキュリティ対策の重要性が高まっている。例えば、ハイパーバイザーが攻撃者に狙われればその被害は甚大だ。本稿では、サーバ仮想化のセキュリティ対策で参考になる3つのホワイトペーパーを紹介する。(2013/9/30)

セキュリティ&リスク・マネジメント サミット リポート:
海外展開での悩み事と「木を見て森を見ず」のセキュリティにアドバイス アナリスト陣が講演
セキュリティとリスク管理がテーマのガートナー サミットが開催。同社のアナリスト陣が、グローバル展開に求められるセキュリティの在り方や「セキュリティインテリジェンス」について解説した。(2013/7/1)

エキスパートが対談
仮想デスクトップのリアルな現場――導入を阻むものとは?
仮想デスクトップ環境の導入・運用における課題は、どこまで解決されたのだろうか。現場をよく知る仮想化とセキュリティのエキスパートが、技術的な側面も含めて話し合った。(2013/6/10)

カスペルスキー、法人向けエンドポイントセキュリティ製品の最新版をリリース
「Open Space Security」を「Endpoint Security for Business」にリニューアルし、ユーザーが自社の環境に応じて機能を選択できる構成となった。併せて仮想化環境向け製品や管理ツールの最新版も発表している。(2013/6/6)

ホワイトペーパー:
デスクトップ仮想化セキュリティ製品比較レポート。2つのメジャー製品を徹底比較!
普及が進むデスクトップ仮想化ではマルウェアなどへのセキュリティ対策が急務である。仮想化されたデスクトップでの脅威を検知し保護にはシマンテック製とトレンドマイクロ製、どちらの製品が最良だったか。(2013/4/10)

パフォーマンスは落ちるのか
悩めるデータベース管理者に贈る「SQL Server仮想化の利点と欠点」
サーバを仮想化することで、事業継続性が向上したり、無駄のないITインフラを構築できるなどのメリットが得られる。だが、まだ多くのデータベース管理者がSQL Serverを仮想化すべきかどうかを迷っている。(2013/4/5)

ITRのシニアアナリストが解説:
先入観を捨てよ! 中小企業がサーバ仮想化で生み出す効果とは
サーバ仮想化といえば、以前は数十台から数百台規模のサーバを抱える中堅、大企業がコスト削減を目的に実施するという認識があった。しかし、現在では中小企業まで裾野は広がっているのだという。(2013/3/21)

NiciraのNVPをベースに異種クラウド環境対応:
ヴイエムウェアの新SDNソリューション、「VMware NSX」とは
米ヴイエムウェアは、2012年に同社が買収した米Niciraの「NVP」と、「VMware vCloud Networking and Security」を統合した新たなネットワーク/セキュリティ仮想化ソリューション「VMware NSX」を今年後半に提供開始する。その概要を紹介する。(2013/3/15)

仮想ファイアウォールやリソース管理が重要に
仮想化の脅威、「ハイパーバイザー攻撃」を防ぐ3つの対策
仮想環境のセキュリティ対策は、物理環境と共通する部分が多い。ただし、仮想環境特有の要素であるハイパーバイザーは別だ。その主要なセキュリティ対策を紹介しよう。(2013/2/12)

ホワイトペーパーランキング
2012年、情報セキュリティで最も読まれたホワイトペーパーはこれだ
スマートフォンセキュリティに高い関心、暗号化など伝統的な対策にも注目――。2012年に多く読まれた、情報セキュリティに関するホワイトペーパー上位10本を紹介する。(2013/1/8)

仮想マシンの不正操作を防ぐ
【製品動向】ハイパーバイザーの危険を防ぐセキュリティ製品
仮想環境の要となるハイパーバイザー。その安全性を確保すべく、ハイパーバイザー向けのセキュリティ製品が登場し始めている。最新の製品動向を示す。(2012/11/22)

シマンテック、ホワイトリストを利用した仮想化セキュリティ対策を発表
VMwareとの協業に基づく仮想サーバやデスクトップ向けのセキュリティ対策機能を12月までに提供する。(2012/11/5)

これまでもこれからもWindows Serverを確実に保護:
PR:長年の経験に裏打ちされたシマンテックのデータ保護とセキュリティ
長年、マイクロソフトの認定グローバルゴールドパートナーとしてソリューションを展開してきたシマンテック。引き続きバックアップソフト「Symantec Backup Exec 2012」やエンドポイントセキュリティソフト「Symantec Endpoint Protection 12」によって、仮想環境も含めたWindowsシステムを強力に保護していく。(2012/11/5)

ハイパーバイザーの乗っ取り、ディスクI/Oの競合……
物理環境ではあり得なかった! 仮想環境のセキュリティリスク
「物理環境も仮想環境も、セキュリティ対策でやるべきことは同じ」という考えは大きな誤解。実は仮想環境には、特有のセキュリティリスクが厳然と存在する。本稿では代表的なリスクとその対策を紹介する。(2012/10/29)

IaaS事業者とは綿密なSLAを
IaaSセキュリティの勘所はハイパーバイザーのセキュリティにあり
ハイパーバイザーの脆弱性はクラウドセキュリティの脆弱性そのものだ。ハイパーバイザーをものにできれば、各テナントの仮想環境に自由にアクセスできるからだ。(2012/10/2)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
サーバ仮想化を進める理由、やらない理由
調査結果によると、サーバ仮想化を導入している企業の多くが運用や管理に課題を抱えているという。一方、回答者の4割はいまだ仮想化を導入してない。仮想化を導入するメリットは本当にないのだろうか。(2012/9/18)

ハイパーバイザー機能をVM保護に生かす
【技術解説】仮想マシンの脅威を払拭するVMwareのセキュリティ技術
仮想マシンの安全性を高める鍵となるのが、ハイパーバイザーの機能を生かしたセキュリティ対策だ。本稿は、ヴイエムウェアが提供するセキュリティ技術に焦点を当てて解説する。(2012/8/3)

クラウドセキュリティを「見える化」する(最終回):
仮想化されたセキュリティ機能をテストする
仮想化はクラウドへの移行を後押しする大きな理由になりますが、それに伴って生じるセキュリティやパフォーマンスへの影響を、慎重に考慮しなければなりません。この記事では、そのリスクを可視化し、うまく制御していく方法を紹介していきます。(編集部)(2012/8/1)

Cisco、仮想化セキュリティのVirtuataを買収
Ciscoが、マルチテナントのデータセンターにおける仮想マシンのセキュリティを提供するVirtuataを買収した。(2012/7/17)

セキュリティ製品用API提供の動きも
【製品動向】VM間通信保護からパッチ管理まで、「サーバ仮想化」の弱点を克服する製品
仮想環境には、物理環境にはないセキュリティ課題が幾つかある。本稿はサーバ仮想化に絞り、サーバ仮想化特有の課題を解決するセキュリティ製品の最新動向を解説する。(2012/7/4)

Weekly Memo:
過熱するクラウドセキュリティバトル
トレンドマイクロが先週、電子証明書ビジネスへの参入を表明したことで、クラウドセキュリティをめぐる有力ベンダー間のバトルがさらに過熱しそうだ。(2012/6/25)

セキュリティ市場の競争に一手を打ったトレンドマイクロの狙い
SSLサーバ証明書サービスを開始するトレンドマイクロ。後発ながらこの分野に参入する背景にはどんな狙いがあるのか。グローバルビジネス担当役員のワイエル・モハメッド氏に聞いた。(2012/6/19)

情報セキュリティEXPOレポート:
シマンテックとVMware、仮想化セキュリティでの協業強化
シマンテックとVMwareは、ITインフラ管理やストレージ分野に続いてセキュリティ製品分野でも協業体制を拡充する。(2012/5/9)

インタビュー:
標的型攻撃と仮想化セキュリティに対するKasperskyのアプローチ
国内法人セキュリティ市場でのシェア拡大に挑むKaspersky。2011年に注目を集めた標的型攻撃や仮想化環境に対するセキュリティ製品での取り組みについて最高製品責任者に聞いた。(2012/4/16)

仮想環境の構成および変更管理ツールを比較する【後編】
監査要件を満たすのは? 仮想環境に適した3つの構成および変更管理ツール
仮想環境に適した構成および変更管理ツールを紹介する。構成に関するリポートなど特定機能に特化した製品から、パフォーマンスやキャパシティー関連の情報も得られる製品まで、代表的な製品を3つ挙げる。(2012/3/22)

未承認のアプリがシステムに与える影響
仮想デスクトップへのアプリケーションインストールを阻止する方法
仮想デスクトップにユーザーがインストールしたアプリケーションは、IT担当者にとって悩みの種になりかねない。ユーザーによるアプリケーションのインストールを避けるべき理由と、阻止する方法について解説する。(2012/3/13)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第4回】
プロセス管理と自動化に優位性 IBM Tivoliの仮想化・クラウド対応機能
Tivoliの仮想化対応機能の中でも特徴的である、プロセス管理とプロビジョニングの自動化を中心にTivoliの製品群を見ていく。日本IBM自身のプライベートクラウドへの取り組みも紹介する。(2012/2/28)

ホワイトペーパーレビュー
企業のクラウドストレージ導入に役立つ3つのホワイトペーパー
クラウドコンピューティングの利用を検討する企業が増え、ストレージ分野でも関連製品やサービスが登場してきた。本稿では、クラウドストレージを実現する技術や活用事例などを解説したコンテンツを紹介する。(2011/12/9)

市場調査にも変化の兆しが
NAS――スケールアップか、スケールアウトか
スケールアップ型NASとスケールアウト型NAS。両者を比較検討する際は、性能の違いとその適用分野を考慮する必要がある。(2011/11/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。