ニュース
» 2009年06月23日 11時48分 UPDATE

Mozilla、Thunderbird 2.0.0.22をリリース

影響度が「High」の1件を含む7件の脆弱性に対処した。

[ITmedia]

 Mozillaは、メールソフトウェア「Thunderbird」の最新版となるバージョン2.0.0.22を公開。7件の脆弱性に対処した。

 Mozillaのセキュリティアドバイザリーによると、7件のうち「multipart/alternative形式のメッセージ表示で起きるクラッシュ」(MFSA 2009-33)は危険度が高く、影響度が「High」に区分けされている。このほかは、危険度が「Moderate」が4件、「Low」が2件。

 Mozillaはユーザーに対し、バージョンアップを呼び掛けている。Thunderbird 2.0.0.xを使っているユーザーには、24〜48時間以内に自動アップデートのアラートが表示される予定。

関連キーワード

Mozilla | Thunderbird | 脆弱性 | 自動更新


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -