ニュース
» 2009年07月06日 19時04分 UPDATE

ウォッチガード、新OS搭載のUTMアプライアンスを発表

ウォッチガードは、HTTPS通信の検疫機能などを持つ新OSを搭載したハイエンド向けUTMアプライアンスを発表した。

[ITmedia]

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは7月6日、新OS「WatchGuard Fireware XTM」と、同OSを搭載したハイエンド向けUTM(統合脅威管理)アプライアンスの新製品「WatchGuard XTM1050」を発表した。7〜9月期に出荷を始める。

 WatchGuard Fireware XTMでは、HTTPS暗号化通信の検疫や、VoIPのSIPおよびH.323プロトコルの保護、インスタントメッセンジャーやP2Pソフトのブロック、IPSec VPN接続への対応、Web GUIによる管理操作の簡素化などを図った。

 XTM1050は、デュアルクアッドコアCPUを搭載し、10Gbpsのファイアウォールスループットや2GbpsのIPSec VPNスループットを実現。ギガビットイーサポートを12ポート搭載し、光ファイバポートへのアップグレードにも対応する。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

WatchGuard | UTM | アプライアンス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ