ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アプライアンス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アプライアンス」に関する情報が集まったページです。

中小企業も考えるべきテープを使う理由【後編】
HDDとどっちを選ぶ? 安さだけじゃない「テープの5大メリット」とは
テープストレージは決して“終わったストレージ技術”ではない。根強い需要があり、新製品や新技術が登場している。テープには、コスト以外にもさまざまなメリットがある。デメリットと共に紹介しよう。(2024/7/5)

中小企業も考えるべきテープを使う理由【前編】
HDDといい勝負? 容量100TBの「手軽なテープ」が必要なのはなぜ?
テープ規格「LTO」のテープストレージは、用途においても新たな動きが見られる。富士フイルムの欧州法人FUJIFILM Europeが、容量100TBのエントリーモデルを追加する狙いとは。(2024/6/28)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
中国メーカーを知り尽くす野武士がパナソニックの白物家電を立て直す
生き馬の目を抜く中国市場で戦い抜いてきた“野武士”が厳しい状況にあるパナソニックの白物家電を立て直します。(2024/6/27)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
成熟産業だってまだまだ進化、白物家電の工場への投資進む
まだまだ進化の余地は残されています。(2024/6/24)

Interop Tokyo 2024:
「Interop Tokyo 2024」で各社の最新テクノロジーとソリューションを見てきた!
さまざま端末がネットワークへ接続できるようになったことで得られる恩恵は多いが、それと同時にセキュリティ上のリスクも増大した。最新テクノロジーでその課題を解決すべく、「Interop Tokyo 2024」には多彩なソリューションが展示されていた。最前線の取り組みを紹介しよう。(2024/6/17)

PR:Synologyがエンタープライズ向けに企業のデータ保護を合理化する、新しい「ActiveProtectアプライアンス」を発表
台湾に本社を置くストレージベンダーのSynology(シノロジー) が、企業や組織のデータ保護に関する新ソリューション「ActiveProtect アプライアンス」を発表した。従来のソリューションと何が違うのか? インタビューを通じて中身を紹介しよう。(2024/6/12)

製造マネジメント インタビュー:
シェア低下にあえぐパナソニックの白物家電、「引き算の商品企画」で中国勢に対抗
パナソニックグループで家電や空調設備、電材などの事業を展開するパナソニック CEOの品田正弘氏が報道陣による合同取材に応じた。足元で厳しい環境にある白物家電事業を中心にどのような取り組みを進めていくのかについて説明した。(2024/6/11)

COMPUTEX TAIPE 2024:
Synologyが台湾で「ActiveProtect アプライアンス」を発表 同時開催の展示会を動画でチェック!
Synologyが6月5日、台北市内の特設会場でグローバルローンチイベントを行い、同会場で7日まで展示会を開催する。ここでは動画で特設の展示会を見ていこう。(2024/6/6)

メイドインジャパンの現場力:
生産性を1.2倍へ、パナソニック冷蔵庫のグローバルマザー工場のモノづくり力
パナソニックは、冷蔵庫事業の説明を行うとともに、マザー工場である草津工場の冷蔵庫のモノづくりに関する取り組みについて紹介した。(2024/6/5)

エッジAIとその実力を戦略的視点から読み解く:
PR:Edge as a ServiceのGcoreに聞く、AIインフラの特性と日本市場へのビジョン
日本進出したGcoreが、AIインフラおよびソリューションプラットフォームの領域で新風を巻き起こそうとしている。既存パブリッククラウドでの実現を目指すものとは異なる視点で、さまざまなAI用途のイネーブラーになると断言する理由とは。(2024/5/31)

製造マネジメントニュース:
パナソニックがスタートアップとの新規事業創出を推進、事業目標に合わせて共創
パナソニックは、イノベーションの加速が期待できるスタートアップとの共創で新規事業創出に取り組む活動「Panasonic Kurashi Visionary Colab」を2025年3月期から開始する。(2024/5/30)

製造マネジメントニュース:
経営目標未達でパナソニックHDは課題事業整理に本腰、主力の車載電池は国内強化
パナソニックホールディングスは、2025年3月期が最終年度となる中期戦略の目標で3項目中2項目が未達濃厚となったことから、重点領域のさらなる強化を進める一方で、事業売却や閉鎖などを含む事業ポートフォリオ管理を強める方針を示した。(2024/5/21)

SaaSだけではない、ITインフラのリカーリングビジネスとは? :
PR:初期投資を抑えて生成AI環境構築可能、ITインフラのレジリエンシーを実現できるHPE GreenLakeとは
生成AIブームに乗り、企業のデータ活用の機運が高まっている。ここで問題となるのが重要資産であるデータをどう管理してAIに生かすかだ。予算が潤沢な大企業でなくても重要データを守りながら最新技術の恩恵を受ける方法はあるだろうか。(2024/5/24)

Red Hat Summit 2024:
Red HatがAI戦略の要「OpenShift AI」で新機能を投入 エッジ対応やリソース割り当てなど
OpenShift AIは、Red HatのAI戦略における中核的な基盤だ。同社は年次カンファレンスにおいて、エッジ対応やGPU利用の簡素化、リソース管理などの新機能を発表した。(2024/5/10)

セキュリティニュースアラート:
検出回避を狙う攻撃者の動きは加速、防御者がやるべきことは Mandiantが調査を公開
Mandiantは「M-Trends 2024 Special Report」を公開した。サイバー攻撃者は、検出回避に焦点を当ててネットワークに長くとどまることに重点を置いているという。(2024/4/26)

アフターマーケットのメンテナンスまで考慮したサーバ&OS選定のポイント:
PR:Windows Server IoT OS搭載HPEサーバで幅広い業界の課題を解決
機器メーカーにおいて装置の利便性やメンテナンスの容易性は重要な差別化要因。だがアプリケーションのリッチ化はハードウェアやOS、運用保守費用などがかさむ要因になる。付加価値の高い製品開発と供給コスト削減を両立させる方法を探る。(2024/4/26)

モビリティサービス:
コネクテッドカーと家電が連携、クルマの情報を家族も把握できる
日産自動車とパナソニック オートモーティブシステムズ、パナソニック くらしアプライアンス社は自動車と家電のコネクテッドサービスを連携させた新サービスを開始する。(2024/4/22)

海外医療技術トレンド(106):
医療機器よりも難題!? Non-SaMDに影響が及ぶ米国のIoTセキュリティ政策
米国では、本連載第98回で取り上げた消費者IoT製品向け認証/ラベリングプログラム「U.S.サイバートラストマーク」の導入準備など、非医療機器/Non-SaMD(Software as a Medical Device)を取り巻く動きが加速している。(2024/4/19)

セキュリティニュースアラート:
Google、ゼロデイ攻撃を分析した最新レポートを公開 97件の攻撃から見えたこと
Googleはゼロデイ攻撃に関する最新の分析レポートを公開した。エンドユーザー向けプラットフォームと企業向けテクノロジーを対象にゼロデイ攻撃を分析しており、その中で合計97件のゼロデイ攻撃が見つかった。(2024/4/17)

製造マネジメントニュース:
パナソニックとリオンが「次世代補聴器」を共同開発へ アライアンス締結
パナソニック くらしアプライアンス社とリオンは、次世代の補聴器を共同開発するアライアンスを締結した。補聴器の性能をさらに進化させ、普及拡大にも取り組む。(2024/4/16)

Cybersecurity Dive:
なぜ脅威アクターは重要インフラを標的にするのか? 金銭だけではないそのワケ
BlackBerryの調査によると、2023年9〜12月までの間に追跡された全業界のサイバー攻撃のうち、重要インフラプロバイダーが標的となったものは62%だった。なぜ重要インフラプロバイダーは標的になりやすいのか。(2024/4/13)

サステナブル設計:
パナソニックが再生家電を売る理由、サーキュラーエコノミーだけが目的ではない
パナソニックは、IoTの活用などにより家電販売の新たなマーケティング施策を進める「新たな商売の基準」の進捗状況とともに、同日から本格的に販売を開始するパナソニック検査済み再生品(1年保証付き)「Panasonic Factory Refresh」について説明した。(2024/4/11)

まずは可視化から:
PR:工場内の機器が外部から見えてしまう 工場向けのセキュリティ強化策とは
ITシステムと産業制御システムとの連携が進んでいる。OT環境がインターネットに開かれた結果、これまで問題になっていなかった脆弱性がサイバー攻撃の対象になってしまった。どのように対応すればよいのだろうか。(2024/4/5)

VMware買収がIT戦略に与える影響【後編】
「VMware製品を使い続けるべきか?」にどう結論を出せばいいのか
VMwareが半導体ベンダーBroadcomに買収された後、製品提供の方針を含めた変更があったことで、パートナー企業もユーザー企業も混乱した。今後の利用方針を検討する上ではどのような点を考慮すればいいのか。(2024/3/29)

株式会社ネットワールド、株式会社ブロードバンドタワー提供Webキャスト:
独自検証で見えてきた、大容量ファイルサーバのセキュリティを強化する方法とは
大容量ファイルサーバやNASはランサムウェアによる攻撃のターゲットとなりやすい。それでは、有事の際のセキュリティをどう確保すべきなのか。定番のスケールアウトNASとランサムウェア対策ツールによる検証結果に基づき、解説する。(2024/3/25)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第4回】
ESXiサポート終了後では遅い 「ハイパーバイザー移行」を考えるもっともな理由
各ベンダーが提供するハイパーバイザーには一定のサポート期間がある。サポート期間が終了する前にハイパーバイザーの移行を検討すべき理由や、検討時に確認すべきベンダーのサポート体制、移行の選択肢とは。(2024/3/29)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第3回】
ESXi「サポート切れ」後の代替候補になるHyper-V、KVM、AHVの違いはこれだ
「VMware vSphere」や「ESXi」のサポート終了は、ハイパーバイザーの移行を検討する機会になる。「Hyper-V」「KVM」「Nutanix AHV」など、主なハイパーバイザーの特徴や比較するときのポイントを説明する。(2024/3/28)

セキュリティニュースアラート:
出荷時リセットでも排除できない Ivantiデバイスに展開されたマルウェアに警戒を
Mandiantは、Ivantiデバイスに攻撃を仕掛ける脅威アクターUNC5325が使用するマルウェアが、システムアップグレードやパッチ適用後も排除できないと伝えた。数千ものデバイスに影響を及ぼしている可能性がある。(2024/3/1)

FAニュース:
OS実装済みのグラフィックターミナルを発表、迅速な実行で運用を合理化
Rockwell Automationは、運用の合理化を支援するグラフィックターミナルの新製品「FactoryTalk OptixPanel」を発表した。クローズドなOSをインストール済みのためすぐに実行でき、実装および保守のリスクを低減する。(2024/2/20)

これで分かる「DevSecOps」の課題と解決【第4回】
知らないと損する「RASP」とは? 「Webアプリの脆弱性対策=WAF」はもう古い
Webアプリケーションの脆弱性対策として、広く利用されている「WAF」。実はWAFは、幾つかの問題を抱えている。それらの課題を解消した新たな手段である「RASP」の特徴とは。(2024/2/19)

Cybersecurity Dive:
Citrixの新たな頭痛の種 2つのゼロデイ脆弱性が見つかる
Citrixは2つのゼロデイ脆弱性を公開した。これらはCitrixBleedとは無関係であるとされているが、同社はシステムを保護するために直ちに修正プログラムを適用するよう呼び掛けている。(2024/2/10)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(28):
「炊き立てのおいしいご飯」を再発明 自動計量IH炊飯器が持つすごみ
2023年7月に登場した自動計量IH炊飯器「SR-AX1」は、装置内にあらかじめ米と水を入れておけば、スマートフォンからの遠隔操作で炊飯量がセットでき、指定時間までに炊き上げるという家電だ。最近、“攻めた”白物家電を展開するパナソニックだが、狙いは何か。開発者らに話を聞いた。(2024/1/31)

Cybersecurity Dive:
CitrixBleedは消えない サイバー攻撃者に利用される悪質な脆弱性についてまとめた
NetScaler ADCとNetScaler Gatewayの脆弱性「CitrixBleed」が全世界で悪用されている。侵害発覚までの経緯と悪用の現状、各政府機関の対応を改めてまとめた。(2024/1/20)

セキュリティニュースアラート:
IvantiのVPNに脆弱性、1700台以上で侵害の証拠を確認 日本も標的に
Volexityは「Ivanti Connect Secure VPN」の脆弱性を悪用した攻撃が広がっていると伝えた。日本を含む全世界で被害が確認されている。(2024/1/18)

Itmedia Security Week 2023秋 イベントレポート:
川口 洋氏が提言、エンドポイントを守るために今すぐ“やめるべき”5つの習慣
なぜエンドポイントでインシデントが発生するのか。それは5つの穴を放置しているからに他ならない。川口設計の川口 洋氏が今すぐ見直したいエンドポイントの課題を明らかにした。(2024/1/18)

TeamsとZoomのどちらを選ぶべきか【中編】
急速に普及した「Zoom」の謎 「Teams」よりも使いづらい点は?
コロナ禍で急速に知名度を上げた「Zoom」は、いまや企業にとって身近なツールになった。テレワークにおけるコラボレーションツールとしてZoomを使う場合、どのようなメリットがあるのか。(2024/1/15)

「全銀システム障害」とは何だったのか 解明まで時間がかかった理由と、待ち構える“茨の道”とは
2023年で最もインパクトがあったトラブルの1つに全銀システム障害がある。「なぜ発生したのか」「何が起きているのか」「どこに向かうのか」の3つのポイントについて、いま日本の金融業界で起きている変化を交えて整理したい。(2023/12/28)

「マネージドサービスを導入する企業が増加している」という見方も:
「守りのIT対策」は外注する時代に? ノークリサーチがセキュリティ対策の実施状況を調査
ノークリサーチは、中堅中小企業を対象に実施した「守りのIT対策」の実施状況に関する調査の結果を発表した。社内のエンドポイントを対象とした守りのIT対策ではサービスやアウトソースが増加していた。(2023/12/28)

知らないと損!?業界最前線:
家電メーカー、円安のダメージは? 現状と対策を聞いた
家電製品の値上げが続いている。きっかけは2020年頃から発生した半導体不足と、22年初頭から始まった大幅な円安だ。そこで各社の決算発表などを元に23年の家電製品の売り上げ動向と、各社の対策を取材した。(2023/12/28)

ハイブリッド/マルチクラウドの最適化とは:
PR:デル・テクノロジーズと主要クラウドベンダー3社が明らかにしたマルチクラウドの最先端
ハイブリッド/マルチクラウドの在り方が急速に多様化している。デル・テクノロジーズと主要クラウド技術ベンダー3社が共同でセミナーを開催し、ハイブリッド/マルチクラウドの最適化についての選択肢を説明した。(2024/1/16)

ストレージはどう進化しているのか【前編】
最新ストレージのトレンドは? ベンダー3社の“一押し機能”はこれだ
ストレージベンダーは近年、自社製品のデータ共有機能や管理機能を強化する傾向にある。本稿はPanzuraとQuantum、CTERA Networksの新製品の主要な機能を取り上げ、ストレージ市場の変化を説明する。(2023/12/12)

セキュリティニュースアラート:
バックアップシステム刷新事例 ジヤトコがVeeamを導入してTCOを40%削減
ジヤトコはバックアップシステムを再構築するプロジェクトで、Veeam Data PlatformのFoundation Editionを採用した。データ量の増加に伴うシステムやサービスのサイジング、投資計画への影響が課題となっていた。(2023/12/11)

VMware製品の注意すべき脆弱性【前編】
VMwareの管理ツール「VMware Cloud Director」に見つかった脆弱性とは?
VMwareは同社のクラウドサービス管理ツール「VMware Cloud Director」の脆弱性を公表した。その脆弱性にはどのようなリスクがあり、影響を抑えるにはどう対処すればよいのか。(2023/12/7)

脱炭素:
パナソニック、エアコン室外機の解体作業を自動化するシステムを開発
パナソニック くらしアプライアンス社は、エアコン室外機の解体作業を自動化する「廃家電自動解体システム」を開発した。室外機の解体工程で最も時間がかかる、カバーからコンプレッサー外しまでの工程を自動化する。(2023/12/5)

Cybersecurity Dive:
パッチ適用しても効果なし? Citrix NetScalerの脆弱性についてMandiantが指摘
Mandiantの研究者は、Citrix NetScalerの脆弱性について、パッチを適用した組織が依然としてハッキングの被害を受けていると指摘した。一体どういうことだろうか。(2023/11/18)

オフィス探訪:
“オフィスの芝生”で仕事? パナソニックが「出社したい」を追求した新拠点
パナソニックは、家電事業に関わる部門・関連会社が集結した「パナソニック目黒ビル」(東京都目黒区)を10月にオープンした。テレワークで顕在化したコミュニケーション不足の解決とパナソニックらしさを意識した職場環境を目指したという。若手社員が中心となって取り組んだというパナの新オフィスを取材した。(2023/11/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
本当に“使えるバックアップ”とは何なのか? 確実なデータ復旧のための要件
ビジネスにおけるデータの重要性が高まる中、バックアップには、データ消失リスクの解消、ダウンタイムの最小化など、より高度な要件が課せられるようになった。本当に“使えるバックアップ”とは何なのか、実現方法と合わせて解説する。(2024/3/13)

IBMの過去と現在【第3回】
「IBMのストレージ」総まとめ 押さえるべきラインアップはこれだ
IBMはさまざまなストレージ製品やサービスを提供している。従来のオンプレミスサーバやアプライアンスだけではなく、クラウドサービスやコンテナを念頭に置いた製品やサービスも展開中だ。何を提供しているのか。(2023/10/30)

製造マネジメントニュース:
パナソニック目黒ビルに家電事業が集結、組織の壁を超えた横連携を目指す
パナソニックは、くらしアプライアンス社を中核とする家電事業の新たな拠点となるパナソニック目黒ビルを報道陣に公開。同ビルには、空質空調社やエレクトリックワークス社、流通部門に至るまでパナソニックの家電事業の関連部門が集結する。(2023/10/3)

複数ベンダーの継ぎはぎSASEに課題あり:
PR:セキュリティ機能を包括的に提供する「シングルベンダーSASE」のメリットとは?
テレワークが普及し、さまざまな場所からアプリやデータを利用する機会が増えたことで脚光を浴びているのが「SASE」だ。だが、SASEの活用が進むにつれて、徐々に課題も浮上してきている。その課題とは何か。解決策はあるのか。(2023/9/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。