ニュース
» 2009年07月07日 16時10分 UPDATE

「Samba 4」を含む「Samba 3.4」がリリース

オープンソースのファイルサーバソフトウェア「Samba」の最新版となる「Samba 3.4」がリリースされた。ビルド時に--enable-merged-buildオプションを設定することでSamba 4を有効にできる。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 オープンソースのファイルサーバソフトウェア「Samba」を開発するSamba Teamは7月3日、最新版「Samba 3.4」をリリースした。設定、認証、プリントなどの機能を強化したほか、tarボールには「Samba 4」のソースコードも同梱されている。

 Samba AD(ActiveDirectory)ドメインコントローラーのスタンドアロン化に向け、Samba 3とSamba 4のマージビルドが可能となった。デフォルトではSamba 4は無効となっているが、ビルド時に--enable-merged-buildオプションを設定することでSamba 4を有効にできる。

 また、設定ではデフォルトパラメータpassdb backendがsmbpasswdからtdbsamに変更された。ユーザーごとの設定が柔軟になるが、smbpasswdを利用した既存の設定には注意が必要としている。

 認証ではsmbdが信頼できないドメイン名を扱う方法を変更、プリントサーバ関連ではspoolssサブシステムをPIDLベースの自動生成コードに変更、プリンタ変更通知などの問題を修正するという。

 Samba 3.4はSambaプロジェクトのWebサイトからダウンロードできる。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -