ニュース
» 2009年07月08日 19時43分 UPDATE

蒼天、エージェントレスのファイルサーバ監視ツールをレンタル提供

蒼天と日本システムディベロップメントが提携し、ファイルサーバ専用のアクセス監視ツールをレンタル提供する。

[ITmedia]

 蒼天は7月8日、日本システムディベロップメントと提携してファイルサーバ専用のアクセス監視ツール「File Server Audit」をレンタル販売すると発表した。

 File Server Auditはエージェントレスで、ネットワークスイッチのポートミラーリング機能を利用して、クライアントPCからファイルサーバへのアクセスログを収集する。過去のアクセスログの検索や、不正操作が行われた場合にリアルタイムに警告を発する機能、リポート作成機能などを搭載する。

 レンタル価格は月額6万6600円(税別)から。日本システムディベロップメントも蒼天のPC資産管理ツール「LogVillage 2.0」などを販売する。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -