ニュース
» 2009年07月13日 06時15分 UPDATE

WordPressの更新版リリース、情報流出の問題を修正

WordPress 2.8.1ではプラグイン管理ページのセキュリティ問題が修正された。

[ITmedia]

 オープンソースのブログ作成ソフト「WordPress」の更新版となるWordPress 2.8.1が7月9日付で公開された。プラグイン管理ページのセキュリティを強化などが盛り込まれている。

 WordPress開発チームのブログによると、これまでのバージョンでは、特定のプラグインによって追加される管理ページを、権限のないユーザーが見ることができてしまう問題が存在し、情報流出につながる恐れがあった。すべてのプラグインが影響を受けるわけではないが、安全のため2.8.1にアップデートしてほしいと呼び掛けている。

 セキュリティ問題以外にも、Dashboardのメモリ消費問題や自動アップグレードでファイルが削除されてしまう問題など、多数のバグが修正している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

WordPress | 情報流出 | バグ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -