ニュース
» 2009年07月14日 15時52分 UPDATE

富士通、PCサーバ「PRIMERGY」シリーズのラインアップを拡充

富士通は、部門サーバに適したエントリーモデルや、インテル Xeon 5500番台を採用したハイエンドモデルなど、PCサーバ「PRIMERGY」シリーズのラインアップを拡充する。

[ITmedia]
写真はTX100 S1。設置環境に配慮し、コンパクトな筐体(幅:約20.3cm、奥行き:約38.6cm)となっている 写真はTX100 S1。設置環境に配慮し、コンパクトな筐体(幅:約20.3cm、奥行き:約38.6cm)となっている

 富士通は7月14日、PCサーバ「PRIMERGY」シリーズのラインアップ拡充を発表。1WAYタワー型エントリーサーバ「TX100 S1」および、2WAYタワー型/ラック型サーバ「TX200 S5」「TX300 S5」を投入する。

 TX100 S1は、コストパフォーマンスを重視し、中小規模企業でのファイルサーバ用途などに適するとされる製品。15人以下での利用に対応する「Windows Server 2008 Foundation」のプリインストールバージョンも用意し、ユーザーがサーバを設置するに当たってのコストおよび負荷低減を図った。また本機の主な設置場所になるであろうオフィス環境に配慮し、約21デシベルという静音性を有する。

 一方「TX200 S5」および「TX300 S5」では、インテル Xeonプロセッサ 5500番台を採用し、中堅ないし大企業における基幹業務から、中小規模のデータベースまで、大量のデータを高速処理するような用途に対応する。

 それぞれの価格および出荷時期は次のとおり。なお期間限定(9月30日まで)で、TX100 S1のWindows Server 2008 Foundationインストールタイプを7万9800円(富士通ショッピングサイトにおける価格)で提供するなどのキャンペーンを実施する

製品名 価格(税別) 提供時期
PRIMERGY TX100 S1 6万2000円より 7月22日
PRIMERGY TX100 S1(Windows Server 2008 Foundationインストールタイプ) 17万6000円より 7月29日
PRIMERGY TX200 S5 17万2000円より 7月22日
PRIMERGY TX300 S5 24万2000円より 9月10日

関連キーワード

PRIMERGY | Windows Server 2008 Foundation | Xeon


関連ホワイトペーパー

Windows Server 2008 | 富士通 | Xeon


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -