ニュース
» 2009年07月21日 07時49分 UPDATE

スパム中継国ランキング、米国が依然トップ

「ボットネットに制御されたコンピュータを米国が一掃できれば、世界中に恩恵をもたらす」とSophos研究者は話す。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の英Sophosが7月20日に発表した2009年第2四半期(4〜6月)のスパム動向報告書で、スパムの送信数が最も多い国は米国であることが分かった。

 Sophosは世界各地に仕掛けたおとり用のアカウントで、4〜6月の3カ月間に受信した全スパムメールを分析し、スパム中継数が多い上位12カ国のランキングを作成した。

 その結果、米国から送信されたスパムが全体の15.6%を占め、依然としてトップだった。次いでブラジル(11.1%)、トルコ(5.2%)、インド(5%)、韓国(4.7%)からのスパムが上位を占めた。

 一方、中国は4.1%で7位、ロシアは3.2%で9位となり、従来に比べて大幅に改善された。前年同期の統計ではロシアから送信されたスパムが全体の7.5%を占め、米国に次ぐ2位につけていた。

spam2q.gif スパム中継国ランキング(Sophosより)

 スパムの大半は、攻撃用ボットネットに制御された一般ユーザーのコンピュータから送信されており、Sophos研究者のグラハム・クルーリー氏は「ボットネットに制御されたコンピュータを米国が一掃することができれば、世界中のネットユーザーに恩恵をもたらすのだが……」と分析している。

 最近の傾向としては、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の普及に伴い、マイクロブログサービスのTwitterなどで使われるURL短縮サービスを悪用し、マルウェア配布サイトに誘導する事例が増加。短縮サービスのCligsがハッキングされ、URLのリンク先が改ざんされる騒ぎも起きている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -