ニュース
» 2009年07月22日 17時07分 UPDATE

Visa、セキュリティ基準対応の決済用アプリ使用を義務付け

Visaは、金融機関に対して提携先のカード加盟店などがセキュリティ基準に準拠した決済用アプリケーションを使用していることを確認するよう義務付ける要件を発表した。

[ITmedia]

 ビザ・ワールドワイド・ジャパンは7月22日、金融機関に対してクレジットカード加盟店や代理店などが「ペイメント・アプリケーション・データセキュリティ基準(PA-DSS)」に準拠した決済用アプリケーションを使用していることの確認を求める要件を発表した。

 PA-DSSに準拠したアプリケーションは、トラックデータや認証データ、PINデータなどが保管されない仕組みで、加盟店や代理店における情報漏えいの危険性を低減するという。クレジットカード業界のセキュリティ基準「PCI DSS」の順守を支援するとVisaでは説明する。

 要件では、米国とカナダを除く加盟店契約会社(アクワイアラ)に対し、2010年7月1日以降は新規加盟店がPA-DSSに準拠したアプリケーションを使用するよう徹底することを求めているほか、既存加盟店および代理店に対しても2012年7月1日以降にPA-DSS準拠のアプリケーションの使用を完全に義務付ける必要があるとしている。

 米国とカナダでは、既存加盟店および代理店に対して、2012年7月1日以降にPA-DSS準拠のアプリケーションの使用を義務付けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -