ニュース
» 2009年08月06日 07時55分 UPDATE

Mac OS Xの更新版が公開 18項目の脆弱性を解決

Appleは「Mac OS X 10.5.8」「セキュリティアップデート2009-003」をリリースした。

[ITmedia]

 米Appleは8月5日、Mac OS Xのセキュリティアップデートを公開し、任意のコード実行などに利用される恐れのある深刻な脆弱性を解決した。

 「セキュリティアップデート2009-003」「Mac OS X 10.5.8」は、OS X 10.4.11とMac OS X 10.5.7までのバージョンが対象となる。Appleのアドバイザリーには18項目の脆弱性情報が記載されている。

 キヤノンRAW、PNG、ImageIOなどの画像処理にまつわる脆弱性では、細工を施した画像をユーザーが開くと、アプリケーションが予期せずに終了したり、任意のコードを実行されたりする恐れがある。

 このほか、細工を施したAppleTalkパケットを受信すると任意のコードを実行される問題など、深刻な脆弱性も多数解決している。

 アップデートはMacのシステム環境設定の「ソフトウェアアップデート」経由、またはAppleのダウンロードページから入手できる。

関連ホワイトペーパー

Apple | セキュリティアップデート


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ