ニュース
» 2009年08月21日 15時55分 UPDATE

オンラインゲームのアカウント、やみ値は最高50ユーロ

ゲームのパフォーマンスに影響するセキュリティ機能を無効にしているユーザーが多いと、G Dataは指摘する。

[ITmedia]

 人気オンラインゲームのアカウントは、アンダーグラウンド市場で最高50ユーロの値が付くという。ドイツのセキュリティ企業G Data Softwareが、不法なフォーラムで売買されるオンラインゲームアカウントの実態について紹介している。

 それによると、取引価格は最低2ユーロ程度からで、売買されるアカウントの内容によって最高で50ユーロ程度になる。例えば複数のゲームを利用できる人気サイト「STEAM」の場合では、利用できるゲームの数によって価格帯は2〜50ユーロだという。欧米で人気の「World of Warcraft」(WoW)の場合は、キャラクターのレベルやアイテム数によって5〜30ユーロで取引される。

 同社では約2カ月にわたってアカウントを売買する数百の不法フォーラムサイトを調査した。アカウントを盗む人物は、ゲームごとにカスタマイズしたマルウェアをユーザーのマシンに感染させ、密かに搾取したアカウントをフォーラムで売り払って利益を上げているという。

 オンラインゲームユーザーは、ウイルス対策ソフトやパーソナルファイアウォールなどのセキュリティ対策機能がゲームのパフォーマンスに影響するとしてオフにしている場合が多く、アカウントが盗まれても気付くのが難しいと同社は指摘する。

 こうした行為は犯罪者にとって都合がよく、ユーザーはセキュリティ対策の実施状況を再チェックしてほしいと呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ