ニュース
» 2009年09月04日 07時52分 UPDATE

Mac OS X 10.5のアップデート公開、Javaの脆弱性に対処

いずれの問題もMac OS X 10.6「Snow Leopard」は影響を受けないという。

[ITmedia]

 米Appleは9月3日、Mac OS X 10.5に同梱されたJavaの脆弱性を解決するアップデートを公開した。

 Appleの情報によると、「Java for Mac OS X 10.5 Update 5」はMac OS X 10.5.8を対象とするセキュリティアップデート。同梱されているJava 1.6.0/1.5.0/1.4.2とJava Web Startを、それぞれ脆弱性を解決した新しいバージョンに更新した。

 なお、いずれの問題も、Mac OS X 10.6「Snow Leopard」は影響を受けないとしている。

 Mac OS XのアップデートはAppleメニューの「ソフトウェア・アップデート」経由で入手できる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -