ニュース
» 2009年09月24日 07時36分 UPDATE

Cisco、IOSの定例アップデートで12件の脆弱性に対処

Ciscoは半年に1度のIOS定例アップデートを公開し、IOS SoftwareとUnified Communications Managerの脆弱性に対処した。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsは9月23日、半年に1度のIOS定例アップデートを公開し、IOS SoftwareとUnified Communications Managerの脆弱性に対処した。

 Ciscoが同日公開したアドバイザリーは11件あり、うち10件がIOS Software関連、残る1件がUnified Communications Manager関連となっている。合計で12件の脆弱性に対処しており、共通指標のCVSSベーススコアによるリスク評価は最も高いもので7.8(最大値10.0)。悪用された場合、情報が流出したり、サービス妨害(DoS)状態を誘発されたりする恐れがある。

 ほとんどの脆弱性は回避策が存在せず、解決のためにはソフトウェアアップデートを適用する必要がある。いずれの脆弱性も事前に情報が公開されたり、実際に悪用されたりしたという報告は現時点で入っていないとしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -