ニュース
» 2009年10月15日 08時02分 UPDATE

Mozilla、Firefoxプラグインのチェックページを公開

プラグインが最新バージョンなら「Up to Date」という緑色のボタン、更新が必要な場合は「Update」という黄色のボタンが表示される。

[ITmedia]

 Firefoxブラウザ開発元のMozillaは、Firefoxのプラグインが最新バージョンに更新されているかどうかを個々のユーザーがチェックできるWebサイトを正式公開した。

 Mozillaセキュリティブログによれば、このプラグインチェックページにFirefoxでアクセスすると、導入済みのプラグインの一覧が表示され、最新バージョンになっていれば「Up to Date」という緑色のボタン、更新が必要な場合は「Update」という黄色のボタンを表示。このボタンから各プラグインの配布サイトにリンクさせて最新版を入手できるようにした。

plugcheck.jpg プラグインのバージョンチェック状態

 まずはAdobe AcrobatやShockwave Flash、Java、QuickTimeといった主要なプラグイン約15種類に対応した。今後さらに対応できるプラグインを増やしていく方針。

 ユーザーが古いバージョンのプラグインを使っていると、ブラウザが不安定になったり深刻なセキュリティ問題が生じる恐れがあるとMozillaは解説。Adobe Flash Playerについては、既にFirefoxの更新確認ページでバージョンチェック機能を提供していた

 次期Firefoxリリースの3.6ではさらにこの機能の強化を図り、Firefoxにプラグインのバージョンチェック機能を内蔵する計画。古いバージョンのプラグインが使用されるページをロードするたびに、警告メッセージが表示されるようにすると表明している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Firefox | プラグイン | Mozilla | セキュリティ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -