ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プラグイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プラグイン」に関する情報が集まったページです。

「説明書」でプラグインのバージョンを把握:
WordPress用File ManagerとDockerAPIを標的としたアクセスが増加 警察庁が注意喚起
警察庁は、WordPress用「File Manager」プラグインの脆弱性を標的としたアクセスと、「DockerAPI」を標的とした探索行為の増加を観測したと発表した。WordPress用FileManagerプラグインがバージョン6.9以降であることを確認するよう促している。(2020/11/25)

Internet Archive、Flashコンテンツをアーカイブ プラグインなしで21年以降も閲覧可能に
米非営利団体Internet Archiveが、エミュレータを利用し、12月末で提供が終了するAdobe Flashコンテンツのアーカイブを始めた。(2020/11/20)

インターネットアーカイブ、Flashコンテンツの保存を発表 プラグインなしでこれからもFlashコンテンツを閲覧できる
インターネットの昔を体験できます。(2020/11/20)

無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみよう(5):
板金モデリングとネジ追加をFreeCADのプラグインでサクッと試してみた
オープンソースの3D CAD「FreeCAD」をご存じだろうか。無償でありながら、3Dモデリング、メッシュデザイン、製図(ドラフト)、有限要素法解析(FEM)、レイトレーシング、ロボティクス機能など、標準機能がとにかく充実している。本連載では「FreeCAD 0.18」を用いて各機能の実際の操作や使用感を紹介していく。連載第5回では、標準搭載されていないプラグインのワークベンチの中から、板金の曲げを設計する「Sheet Metal」とネジなどを自動付加する「Fasteners」を取り上げる。(2020/9/11)

WordPressのプラグイン「File Manager」に重大な脆弱性、攻撃の挙動検出
この脆弱性を突く攻撃の挙動が更新版のリリース前から確認されていたといい、File Managerを使っているWebサイトでは対応を急ぐ必要がある。(2020/9/4)

富士経済が市場調査:
ワイヤレス給電送電装置、2035年に3769億円規模へ
EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)に向けたワイヤレス給電用送電装置(送電コイル)の市場規模は、2035年に3769億円規模となる見通し。富士経済が調査した。(2020/8/18)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
土石流の被害を予測するソフト、UC-win/Roadと連携し被害をVR空間上で可視化
フォーラムエイトは、土石流の発生地点で流動域である急勾配地と土石流の氾濫・堆積が生じる緩勾配扇状地を統合的に分析して、土石流の被害をシミュレーションできるソフト「UC-1 土石流シミュレーション」を開発した。作成したデモデータは、3DVRソフト「UC-win/Road」のプラグインでVR化することで、土石流の被害規模を想定しやすくなり、適切な対策につなげられる。(2020/8/14)

富士通SSL、特権ID管理「CyberArk Privilege Cloud」を販売開始 オンプレからクラウドまで包括的な管理を実現
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、特権ID管理のSaaS「CyberArk Privilege Cloud」の販売を開始した。併せて専任コンサルタントによる支援プログラムを提供し、導入前のカウンセリングから運用環境に合わせたカスタムプラグイン開発までワンストップで実施できる。(2020/8/11)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
建設向けシミュレーションソフト「AGX Dynamics」がUnityに対応
スウェーデンのAlgory Simulation ABは、建機の開発や工事前に現場でのワークフローを確認するのに役立つ建設向けシミュレーションソフト「AGX Dynamics」のUnity用プラグイン「AGX DYNAMICS for Unity」をリリースした。(2020/8/5)

薔薇をPythonで描けますか? “オブジェクト指向”でデザインする新潮流「Grasshopper」
建築/土木のみならず、ジュエリー/服飾デザインも革新するソフトウェア、RhinocerosとそのプラグインGrasshopperとは何か。(2020/7/16)

Graebert Japan Annual Meeting 2020:
起工測量や出来形確認の精度を高める「ARES Commander 2020」活用法
Graebert が2020年4月、国内で発売したDWG互換CADソフト「ARES Commander 2020」は、IFCやRevitファイルのインポートに応じており、BIMモデルのビューイングや属性情報の取り込みが可能な他、別売りの新プラグイン「UNDET Point Cloud Plugin for ARES Commander」を使用することで、点群データも読み込めるなど、機能が拡張されており、業界で関心を集めている。(2020/6/8)

「Mac」管理の新しいアプローチ【後編】
Mac管理にApple純正品ではなく「SCCM」を使うならやるべきこと
企業が「Mac」を管理する際、Appleの純正管理ツールではなく、Microsoftの「System Center Configuration Manager」(SCCM)を使う手がある。その際はMac管理に関する機能を拡張するプラグインを使うのが有効だ。(2019/10/23)

開発者向けの新しいビューなどを追加:
Red Hat、Kubernetesコンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift 4.2」を発表
Red Hatは、Kubernetesコンテナプラットフォームの最新版「Red Hat OpenShift 4.2」を発表した。開発者向けの新しいビューやコマンドラインインタフェース、CI/CDやサーバレス用プラグインなどの新機能が追加されている。(2019/10/21)

Kubernetes拡張の基盤が固まる:
Kubernetes 1.16がリリース、CRDはGAに、WindowsではサードパーティCSIプラグインサポート
Kubernetesプロジェクトは2019年9月18日(米国時間)、Kubernetes 1.16をリリースした。Kubernetesの拡張メカニズムであるCRDのAPIが一般提供(GA)に到達、WindowsサポートではサードパーティCSIプラグイン対応などを強化、エンドポイントリソース管理の拡張性を増す新たなAPIが登場した。(2019/9/19)

よくフリーウェアについてきた「JWordプラグイン」、7月31日でサービス終了
いろいろな意味で感慨深い。(2019/7/2)

日本におけるファブラボのこれまでとこれから(2):
ファブラボ渋谷はこうして生まれた――日本に根付くプラグイン型ファブラボとは
日本で3番目となる「ファブラボ渋谷」の立ち上げを経験し、現在「ファブラボ神田錦町」の運営を行っている立場から、日本におけるファブラボの在り方、未来の理想形(これからのモノづくり)について、「これまでの歩み」「現在」を踏まえつつ、その方向性を考察する。今回はファブラボ神田錦町の前身であるファブラボ渋谷の生い立ちとこれまでの歩みを取り上げる。(2019/6/27)

Google Playの人気アプリに迷惑広告の不正プラグイン、4億件超がインストール
隠しプラグインが仕込まれたスマートフォンは、迷惑な広告がしつこく表示され電話をかけることも他のアプリを使うこともできず、ほとんど使用不能状態になった。(2019/6/5)

ハイブリッドクラウドでAWS、Azureを追うGoogle
VMware製品で「Google Cloud Platform」の機能が使える新プラグインの実力は?
「VMware vRealize Automation」の管理コンソールで「Google Cloud Platform」を操作できるプラグインが登場した。ハイブリッドクラウドで先行するAWSとMicrosoftを追い上げようとする、Googleの取り組みの一環だ。(2019/6/3)

Jenkinsの脆弱性突くマルウェアが横行、プラグインにも多数の脆弱性か――米セキュリティ機関が発表
オープンソースCIツール「Jenkins」の脆弱性を突いて仮想通貨Moneroを採掘しようとするマルウェアが出回っているという。また、Jenkinsのプラグインの多くで脆弱性が放置されている問題も指摘された。(2019/5/9)

クラウドアプリ開発が容易に:
Googleが「Cloud Code」を発表、使い慣れたIDEでクラウドネイティブアプリ開発が可能に
Googleは、「IntelliJ IDEA」や「Visual Studio Code」でのクラウドネイティブアプリケーション開発を支援するプラグイン「Cloud Code」を発表した。IDEの機能を生かした開発ができる。(2019/4/12)

mypyなどより5倍以上高速:
Microsoft、Pythonの静的型チェック機能を提供する「VS Code」プラグイン「Pyright」を公開
Microsoftは、Pythonの静的型チェック機能を提供する「Visual Studio Code」(VS Code)のプラグイン「Pyright」をオープンソースのMITライセンスで公開した。(2019/3/26)

VRニュース:
Mayaの3DファイルをVRMファイル形式に変換するプラグインを公開
カシカは、オートデスク「Maya」で制作したグラフィックをVRMファイル形式に変換するプラグイン「VRM Exporter」を無償公開した。3Dモデルデータを作成後、エクスポーターを経由してMayaから直接VRMファイルに変換する。(2019/1/17)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(68):
Azure Information ProtectionとAdobe Acrobat/Readerのネイティブな統合
Azure Information Protectionの分類と保護に対応したAdobe Acrobat DC/Adobe Acrobat Reader DC向けのプラグインが一般提供され、これらのネイティブアプリケーションを使用したPDFドキュメントの分類、保護、参照が可能になりました。(2018/12/19)

ロボット開発ニュース:
統合ロボットシミュレーター向けプラグインのランタイムライセンスを発売
ブイエムシーは、統合ロボットシミュレーター「Choreonoid」向けのAGX Dynamicsプラグイン動作用のランタイムライセンスの販売を開始する。同社と産総研の共同研究によって開発された。(2018/8/8)

「RICOH THETAプラグインストア」公開、機能の“後付け”可能に ソースコードも公開へ、改造して配信OK
リコーの全天球カメラ「RICOH TEHATA V」にさまざまな機能を追加できるプラグインストアが公開。自社開発のプラグインはソースコードも公開予定で、開発者が自由に改造し、プラグインストアを通じて配信できるようになる。(2018/7/24)

将来はCloud TPUなどに適用も:
GCPを操作できるvRealize Orchestratorのプラグイン、プレビュー版が登場
Googleは2018年7月19日(米国時間)、VMware vRealize Orchestratorのプラグインをプレビュー版として提供開始した。これにより、VMware vRealize Automation(vRA)からGoogle Cloud Platform(GCP)の仮想マシン、ストレージをプロビジョニングできる。(2018/7/20)

組み込み開発ニュース:
360度カメラのプラグイン開発を支援するパートナープログラムを開始
リコーは、ワンショットで360度の全天球イメージを撮影できるカメラ「RICOH THETA V」のプラグイン開発を支援する「RICOH THETA プラグイン パートナープログラム」を発表した。(2018/7/13)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年5月版:
魔の手が伸びる「仮想通貨」、新手の攻撃
2018年5月のセキュリティクラスタは、引き続き「仮想通貨」関連の話題に注目が集まりました。ブロックチェーンの仕組み自体の弱点を突いた攻撃や、プラグインの改変などさまざまな手段を使って犯罪者がお金をかすめ取ろうとしています。加えて、仮想通貨を採掘させるスクリプトをサイトに設置すること自体が違法だという指摘がありました。仮想通貨以外では、情報漏えい事件の原因が「WAFの設定ミス」なのか「脆弱性」なのかという議論がありました。(2018/6/13)

動画を「ゴッホ風」「印象画風」に一発変換できるPowerDirector用AIプラグイン
サイバーリンクは、アーティストのスタイルをシミュレートして映像を変換できるPowerDirector用プラグイン2製品を発表した。(2018/4/25)

マストドンつまみ食い日記:マストドンつまみ食い日記:
GNU social、ActivityPubに対応へ
GNU socialのActivityPubプラグインが今夏に予定されている。(2018/4/6)

PR:開発経験がなくても自社システムで業務効率を手軽に改善 「kintone(キントーン)」 の機能を拡張させるプラグインの魅力
開発経験がなくても自社システムを手軽に作成でき、ビジネス現場のちょっとした問題を手軽に解決する「kintone」。マーケットで広がる拡張プラグインの魅力をサイボウズの伊佐政隆氏に聞いた。(2018/3/23)

正規のプラグインに仮想通貨採掘マルウェア、英政府機関など4000以上のサイトで被害
政府機関などのWebサイトで広く使われているプラグインの「Browsealoud」が何者かに改ざんされ、仮想通貨を採掘するマルウェアが仕込まれていた。(2018/2/13)

自然エネルギー:
風力発電を大量導入しても系統安定、東工大が新型の制御手法
東京工業大学は、風力発電が大規模に導入された電力システムの系統安定度低下を防ぐ、風力発電機用のプラグイン型制御技術を開発した。この制御技術により、風力発電の導入が拡大しても、系統の安定性を確保できるという。(2017/10/18)

Apache Strutsに重大な脆弱性、直ちに更新を
2008年以降にリリースされたStrutsの全バージョンに脆弱性があり、RESTプラグインを使っている全てのWebアプリが影響を受ける。(2017/9/6)

スパイウェアを仕込むSDK、Google公式ストアで配信のアプリ500本が利用
「Igexin」と呼ばれる広告用のSDKは、一見無害なアプリに不正なプラグインをダウンロードさせる手口で、ユーザーを監視するスパイウェア機能を仕込んでいた。(2017/8/23)

Azure Storageプラグインも更新:
Microsoft、「Jenkins」向けのAzure App Serviceプラグインを公開
Microsoftは、オープンソースCIツール「Jenkins」向けの「Azure App Service」プラグインを公開。JenkinsでAzure App ServiceのWeb Appsに継続的にデプロイできるようになる。(2017/8/10)

EUの研究支援のもと、ファクトチェック向けChromeプラグイン誕生 画像、動画の信ぴょう性検証に
豊富な機能が特徴で、十徳ナイフのように使えるとのこと。(2017/7/10)

WordPress用プラグインにXSS脆弱性 最新版へアップデートを
脆弱性は最新版で修正されている。(2017/7/4)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンのVSTプラグインという奇策、ついに公開
ボカロ曲を作りながらタイムラインを見る。それで音楽制作ははかどるのか?(2017/6/26)

Google、写真編集プラグイン集「Nik Collection」のサポートをひっそり終了
Googleが、「Googleフォト」強化目的で2012年に買収したNik Softwareの写真編集プラグインサービス「Nic Collection」のサポートを終了するとヘルプフォーラムで発表した。(2017/5/31)

なぜ今更? Hulu日本版、リニューアルで「Silverlight」導入のワケ
日本版Huluがリニューアルで新たにSilverlightを導入。“終わりつつある”プラグインをなぜ今更、導入したのか。理由を聞いた。(2017/5/24)

Sensuで始めるクラウド時代のシステム監視(5):
Sensuプラグインをインストール、設定して、監視/通知してみよう
新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説する本連載。今回は、Sensuが監視や通知を行う際に使用するプラグインのインストールと設定方法、独自プラグインの開発方法を解説します。(2017/5/16)

CADニュース:
アプリもプラグインも一切不要、無償XVLビュワー「XVL Web3D Player」体験版を公開
ラティス・テクノロジーは完全にWebブラウザ上で提供する無償XVLビュワー「XVL Web3D Player」の体験版を発表した。(2017/4/24)

電気自動車:
ホンダ「クラリティ」のPHEVとEV、米国で世界初公開
ホンダは2017年4月14〜23日に開催されている「ニューヨークオートショー」で、クラリティ(CLARITY)のプラグインハイブリッド自動車(PHEV)と電気自動車(EV)を世界初公開した。(2017/4/19)

ニューヨークオートショー2017:
ホンダ「クラリティ」にEVとPHEVが加わる、トヨタと違うのは「乗車定員」
ホンダは「2017年ニューヨーク国際オートショー」において、「CLARITY PLUG-IN HYBRID(クラリティ プラグイン ハイブリッド)」と「CLARITY ELECTRIC(クラリティ エレクトリック)」を世界初公開した。(2017/4/14)

“よりかしこい”IoTデバイスの実現へ:
ルネサス、IoT末端デバイスへAIを組み込める新技術「e-AI」を開発 2017年6月提供開始
ルネサス エレクトロニクスが、IoT末端デバイスへAI機能を組み込む技術「e-AI」を用い、ディープラーニングの結果を組み込み機器へ実装する新技術を開発。統合開発環境「e2 studio」対応プラグインを2017年6月にリリースする。(2017/4/12)

WordPress用プラグイン「WP Statistics」にXSSの脆弱性
WordPressのアクセス解析用プラグイン「WP Statistics」に、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性があることが公表された。任意のスクリプトを実行される可能性がある。(2017/4/10)

Microchip Technology motorBench開発スイート:
自動調整と計測機能を備えたモーター制御ツール
米Microchip Technologyは、同社のMPLAB-X 統合開発環境(IDE)向けモーター制御ソフトウェアの無償プラグインとして、自動調整および自動パラメータ計測機能を備えた「motorBench開発スイート」を発表した。(2017/4/5)

WordPress用のアンケート作成プラグイン「YOP Poll」に脆弱性 IPAが警告
WordPress用のプラグイン「YOP Poll」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性があることが判明。サイトにアクセスしたユーザーのWebブラウザ上で、任意のスクリプトを実行されてしまう可能性がある。(2017/3/24)

組み込み開発ニュース:
自動調整/計測機能を備えたモーター制御ツールを発表
米Microchip Technologyは、同社のMPLAB-X 統合開発環境(IDE)向けモーター制御ソフトウェアの無償プラグインとして、自動調整および自動パラメータ計測機能を備えた「motorBench開発スイート」を発表した。(2017/3/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。