ニュース
» 2009年10月28日 15時54分 UPDATE

IIJのルータ製品に複数の脆弱性、アップデートで対処

IIJのルータ製品「SEIL」シリーズにバッファオーバーフローとDoSの脆弱性が見つかり、解消するためのファームウェアが公開された。

[ITmedia]

 情報処理推進機構とJPCERTコーディネーションセンターは10月28日、インターネットイニシアティブ(IIJ)のルータ製品「SEIL」シリーズに複数の脆弱性が見つかったとして情報を公開した。

 脆弱性はURLフィルタ機能の不適切な処理に起因するバッファオーバーフローと、NAT機能の内部処理に起因するサービス妨害(DoS)の2件。バッファオーバーフローの脆弱性はSEIL/X1、X2、B1(ファームウェア2.40〜2.51)に、DoSの脆弱性は同(ファームウェア2.30〜2.51)に存在する。

 細工されたパケットやURLによって、DoS状態を誘発されたり、任意のコードを実行されたりする恐れがある。

 IIJは、公開しているファームウェア2.52以降でこれらの脆弱性に対処した。ユーザーに対して早期の適用を呼び掛けている。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

IIJ | DoS | バッファオーバーフロー | ルータ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ