ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IIJ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Internet Initiative Japan:インターネットイニシアティブ

eSIM対応のiPhone、SIMカードとの併用で「緊急通報」が正常に動作しない恐れ 4キャリアとIIJが注意喚起
「eSIM」に対応したiPhoneを、通常のSIMカードと併用する「デュアルSIM」の状態で使用すると、110や119などの「緊急通報」が利用できない恐れがあるとして、NTTドコモなど携帯キャリア4社とIIJが注意喚起した。(2021/9/13)

IIJ、国内通話料金を半額に アプリ通話と同額に値下げ
IIJが、個人向けのMVNOサービス「IIJmio」で、専用アプリなどを使わない国内通話の料金を値下げする。これまでは30秒22円だったが、11日から11円に改訂する。総務省が主導する、音声卸料金値下げとの関係についてはコメントを控えた。(2021/9/9)

IIJmioの音声通話料金、みおふぉんダイアルなしで11円/30秒に
9月11日から、IIJmioの音声通話料金を30秒あたり22円から11円に値下げする。「みおふぉんダイアル」アプリを使用しなくても11円になる。タイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)のどちらも値下げの対象。(2021/9/9)

IIJmioひかりで1056円×12カ月の割り引き、現金1万円キャッシュバックも
インターネットイニシアティブが「IIJmioひかりキャッシュバック+月額料金割引キャンペーン」を開始。期間中に新規で「IIJmioひかり」を申し込むと月額料金を12カ月間1056円(税込み)割り引き、現金1万円をキャッシュバックする。(2021/9/3)

IIJmioで「秋の乗り換えキャンペーン」 端末が一括110円〜に、初期費用1円なども
IIJが「秋の乗り換えキャンペーン」を開催。端末を特別価格で購入できるスマホ特典と、初期費用1円や3カ月間のデータ容量を1GB増量するSIM特典を提供する。(2021/9/2)

IIJmioは純増に転ずるも減収 LINEMOのミニプランは「現時点で影響なし」――IIJが2021年度第1四半期決算を発表
IIJ(インターネットイニシアティブ)が2021年度第1四半期の連結決算を発表した。個人向けの「IIJmio」は契約者数が純増に転じたものの、料金の値下げによって減収となった。一方で、法人向け事業は一部を除き順調に推移し、全体としては「増収増益」の決算となった。(2021/8/10)

IIJmioで「OPPO Reno5 A」の価格を改定 キャンペーン適用で1万7800円に
IIJmioサプライサービスが、OPPO製「Reno5 A」を一括3万5800円(税込み)に価格改定。「A54 5G」と合わせてキャンペーン価格も変更となる。(2021/8/4)

PR:OPPO Reno5 Aがさらに値下げ! IIJmioの「ギガプラン端末割引キャンペーン」を見逃すな
2GBの音声SIMが月額858円(税込み)からという新料金プラン「ギガプラン」を提供している「IIJmio」。さらに見逃せないのが、セットで購入できるスマートフォンをキャンペーンで大幅に値引きしていること。今回は割引対象機種の中から、5Gスマートフォンの「OPPO Reno5 A」「OPPO A54 5G」「AQUOS sense5G」をピックアップして紹介する。(提供:株式会社インターネットイニシアティブ)(2021/8/3)

ドコモの3G停波でMVNOにも影響 2022年1月から一部機種で利用不可になる場合も
IIJ(インターネットイニシアティブ)が、NTTドコモの3G(FOMA)停波に伴い、一部機種で2022年1月から通信できなくなる件を案内している。ドコモは2022年1月から順次2GHz帯を停波し、800MHz帯のFOMAプラスエリアのみ利用可能とする。そのため、FOMAプラスに対応していない3G端末は、2022年1月から一部エリアで音声通話やデータ通信が利用できなくなる。(2021/7/30)

半径300メートルのIT:
「PPAP」の代替策、クラウドストレージサービスは万能か? IIJのレポートから考える
パスワード付きzipを添付し、その後パスワードを送る方法、いわゆる「PPAP」の代替策としては、真っ先にクラウドストレージサービスの活用が挙がります。しかしこの手法に本当に問題はないのでしょうか。IIJの公開したレポートが興味深い指摘をしています。(2021/7/20)

新アプリ「My IIJmio」で他人の情報誤表示 254人に影響
IIJが7月15日に提供を始めたアプリ「My IIJmio」で不具合。ログインページに入力したユーザーIDとは別のユーザーの情報が表示されたという。(2021/7/19)

「My IIJmio」アプリで他ユーザーの情報が誤表示 使用停止に
IIJmioの「ギガプラン」向けに提供している「My IIJmio」アプリで、誤って別のユーザーの情報が表示される事故が発生したことが判明。7月15日18時55分からMy IIJmioアプリの利用を停止している。最大550人のユーザー情報が誤表示された可能性がある。(2021/7/16)

IIJが「Find X3 Pro」「RedMagic 6」「NichePhone-S+」を販売開始
IIJmioサプライサービスが、OPPO製「Find X3 Pro」、Nubia製「RedMagic 6」、フューチャーモデル製「NichePhone-S+」を販売開始。Xiaomi製のワイヤレスイヤフォン、ウェアラブル端末、Wi-Fiネットワークカメラも追加する。(2021/7/16)

IIJ、データ残量や利用量確認などが行えるギガプラン専用アプリ「My IIJmio」提供開始
IIJは、個人向けモバイルサービス「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」の専用アプリ「My IIJmio」を提供開始。データ残量やデータ利用量確認などが可能で、App Store、Google Play、HUAWEI AppGalleryで提供する。(2021/7/15)

IIJ、高校野球のネット中継にクラウド提供 最大100試合の同時配信に対応
インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月に開幕する全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)の地方大会のネット中継に、同社が手掛けるクラウドベースの動画配信プラットフォームが採用されたと発表した。(2021/7/14)

製造IT導入事例:
IoTプラットフォームを活用し、ガスボンベ残圧の遠隔監視システムを開発
インターネットイニシアティブの「IIJ産業IoTセキュアリモートマネジメント」が、創販が開発した「ボンベ残圧監視システム」のIoTプラットフォームとして採用された。(2021/7/7)

IIJmioで「Mi 11 Lite 5G」を取り扱い ZenFone 7やXperia 10 IIなどの価格改定も
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、7月9日にXiaomi製スマホ「Mi 11 Lite 5G」を販売開始。「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」「Xperia 10 II」も同日から価格改定する。(2021/7/2)

IIJmioが「OPPO Reno5 A」「AQUOS sense5G」「ROG Phone 5」など発売
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、OPPO製「Reno5 A」「A54 5G」、シャープ製「AQUOS sense5G」、ASUS製「ROG Phone 5」を順次発売する。(2021/6/1)

IIJmio「ギガプラン」でデータ容量のシェアやプレゼントが可能に 5Gも開始
6月1日から、IIJmioの新料金プラン「ギガプラン」にて、データ容量のシェアやプレゼント、5G通信サービスが利用可能になる。データ容量のシェアとプレゼントは、同じmioIDで契約しているユーザー(家族)間で利用できる。1GBあたり220円(税込み)でデータ容量の追加も可能になる。(2021/5/25)

IIJmio「ギガプラン」は約35万契約 2021年度は毎月数万規模の純増を目指す
インターネットイニシアティブ(IIJ)が5月12日、2020年度の通期決算について説明した。モバイル事業は法人向けが引き続き好調だが、個人向け「IIJmio」は純減が続いている。新プランの「ギガプラン」は好調で、2021年度は月数万規模の純増を目指す。(2021/5/12)

IIJmioのeSIM「データプラン ゼロ」向けアプリが登場 残量確認やリチャージが可能
IIJmioのeSIMサービス「データプラン ゼロ」向けの専用アプリが登場。App StoreとGoogle Playからダウンロードできる。データ残量やデータ利用量の確認、1GB単位でのリチャージができる。(2021/5/10)

IIJ傘下のディーカレット、暗号資産取引所を開設
インターネットイニシアティブ(IIJ)傘下のディーカレット(東京都千代田区)が暗号資産現物取引の取引所を開設した。(2021/4/19)

IIJmio、モトローラ製スマホ「razr 5G」「moto g10」「moto g30」を取り扱い
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、モトローラ製スマホ「razr 5G」「moto g10」「moto g30」をラインアップに追加。このほか6端末を追加し、「OPPO Watch 41mm」を価格改定する。(2021/4/8)

IIJ、法人向けプランでeSIMの提供開始 パケットシェアや閉域接続にも対応
インターネットイニシアティブ(IIJ)は法人向けのモバイル通信サービスの定額プラン「IIJモバイルサービス/タイプI」で、本体組み込み型のSIMカード「eSIM」を8日から提供すると発表した。(2021/4/7)

IIJ、法人向けフルMVNOサービス「タイプI」でeSIMを提供
IIJは、法人向けフルMVNOサービス「IIJモバイルサービス/タイプI」でeSIMを提供開始。eSIMと物理SIMを組み合わせたパケットシェアや、閉域接続での利用もできる。(2021/4/7)

IIJmioで未使用品「iPhone 12/12 mini」やXiaomi「Redmi Note 10 Pro」を取り扱い
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、ラインアップへ未使用品「iPhone 12/12 mini」、中古美品「iPhone 11」を追加。Xiaomi製「Redmi Note 10 Pro」は4月16日に発売する。(2021/4/1)

PR:1人でも、家族でもお得! IIJmioの新料金「ギガプラン」の魅力を徹底解説
IIJが、MVNOサービス「IIJmio」向けの新料金プラン「ギガプラン」を、2021年4月1日から提供する。料金は音声SIMが2GBで月額780円(税別、以下同)〜20GBで月額1880円となり、旧プランから大幅な値下げをしている。ギガプランは単に安いだけでなく、ライフスタイルに合わせてさまざまなユーザーにオススメできる。(提供:株式会社インターネットイニシアティブ)(2021/3/29)

MVNOに聞く:
IIJmio「ギガプラン」の狙いを聞く 通信品質はどうなる? eSIMの音声サービスは?
大手キャリアの値下げに対抗する形で導入されたIIJmioの「ギガプラン」は、その安さが衝撃を与えた。先行して新料金プランを導入していた他社を大きく下回り、MVNOとしての“意地”を見せた格好だ。IIJはなぜここまで大胆な値下げに踏み切ることができたのか。同社のキーパーソンに聞いた。(2021/3/19)

IIJmio、MNP転出手数料を無料に 4月1日から
IIJは、3月16日にMNP転出手数料の改定を発表。「IIJmioモバイルサービス」「IIJmioモバイルプラスサービス」のMNP転出手数料を4月1日から無料とする。(2021/3/16)

「イオンモバイル」「IIJmio」「mineo」がLINEの年齢確認に対応 ID/電話番号検索やオープンチャットを利用可能に
「イオンモバイル」「IIJmio」「mineo」がLINEの年齢確認に対応する。これら3サービスの契約者は、LINEアプリから手続きをすることでIDや電話番号によるユーザー検索やオープンチャットを利用できるようになる。(2021/3/12)

Mobile Weekly Top10:
IIJmioが4月に新料金をスタート 音声SIMは20GBで1880円/auが「容量無制限」プランを見直し
インターネットイニシアティブ(IIJ)のコンシューマー向けMVNOサービス「IIJmio」が、4月に料金プランを一新します。従来よりも非常に手頃な料金に、歓迎する声と「こんなに安くて大丈夫なの?」という心配の声が入り交じっています。(2021/3/2)

石野純也のMobile Eye:
MVNO業界に衝撃を与えたIIJmioの新料金プラン なぜここまで安くできたのか?
大手キャリアや楽天モバイルが安価な料金プランを発表する中、MVNOの大手IIJも、IIJmio向けの新料金プランを発表した。最安の2GBプランは音声通話付きで780円。大手キャリアはもちろん、他のMVNOの新料金プランを大きく下回る金額が話題を集めた。さらに、データ通信のみのeSIMだと、料金は2GBで400円まで下がる。(2021/2/27)

「OCN モバイル ONE」が3月に新料金プラン発表へ
NTTコミュニケーションズが、3月に「OCN モバイル ONE」の新料金プランを発表する。OCN モバイル ONEでは現在、月額1180円で1GB〜月額5980円で30GBという6種類のプランを提供している。主要なMVNOでは、既に日本通信、Y.U-mobile、オプテージ、J:COM、ビッグローブ、IIJなどが対抗プランを発表している。(2021/2/25)

個人向け・法人向けSIMサービス「IIJモバイル」のビジネスパートナー募集に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2021/2/25)

シンプルかつ選びやすく IIJmioの新料金「ギガプラン」はココが変わった
IIJが、4月1日から新料金プラン「ギガプラン」を提供する。新プランでは容量を2GB、4GB、8GB、15GB、20GBの5種類に増やし、これまでオプション扱いだった大容量帯のプランもカバー。音声SIMの料金は2GBで月額780円〜20GBで月額1880円と大幅な値下げとなった。現行プランとの違いを整理した。(2021/2/24)

IIJ、2Gで780円の新プラン 余った容量のシェアや繰越が可能に
インターネットイニシアティブ(IIJ新プラン)は2月24日、MVNO携帯電話サービスの新プランとして「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」を4月1日から提供すると発表した。(2021/2/24)

IIJmioの新料金プラン「ギガプラン」発表 月額780円/2GBから、eSIMや5Gにも対応
IIJが2月24日、個人向けモバイルサービス「IIJmio」向け新料金プラン「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」を発表した。4月1日から提供する。ギガプランでは、2GB、4GB、8GB、15GB、20GBの容量を選べる5種類のプランを用意。音声SIMの料金は、2GBが月額780円から。(2021/2/24)

勝社長 IIJmio新料金プランは「競争できる」も、キャリアには「公正な原価」を求める
インターネットイニシアティブ(IIJ)が2月8日、2020年度第3四半期の決算について説明した。業績は好調だが、個人向けMVNOサービスは厳しい戦いを強いられている。2月24日にIIJmioの新料金プランを発表予定だが、キャリアには「公正な原価」を求めていく。(2021/2/8)

PR:Xiaomiの新スマホが110円(税込み)に! IIJmioの大特価キャンペーンを見逃すな
IIJが、MVNOサービス「IIJmio」を申し込んだユーザーに対し、大盤振る舞いといえるキャンペーンを実施している。期間は2021年2月4日〜3月31日。特にセットで購入できるスマートフォンは110円(税込み)からの大特価で販売するので見逃せない。(2021/2/8)

IIJmioが2月24日に新料金プランを発表
IIJ(インターネットイニシアティブ)のコンシューマー向けMVNOサービス「IIJmio」が、新しい料金プランの発表を予告している。「新たなIIJmioが始まる」としていることから、従来のプランから大きく変わる可能性もありそうだ。(2021/2/4)

蓄電・発電機器:
テスラ製の蓄電池で電力コスト削減に成功、IIJが自社施設で運用実証
インターネットイニシアティブ(IIJ)が電力コストの削減を目的とした同社データセンターへの蓄電池の導入実証について、10.8%のピークカット効果を確認できたと発表。米テスラ製の産業向け蓄電システムを活用した。(2020/12/24)

MVNOに聞く:
IIJが法人向け5Gサービスを開始した狙いは? IIJmioでの5Gはどうなる?
MVNOの老舗といえるIIJが、法人向けのIIJモバイルに5Gのサービスを加えた。au回線を使う「タイプK」のみだが、料金も変わらず、5Gを利用できるようになる。11月2日には、SA(スタンドアロン)方式の5Gに対応したeSIMを開発。試験用の基地局やコアネットワークでの動作を確認している。(2020/12/16)

個人向け・法人向けSIMサービス「IIJモバイル」のビジネスパートナー募集に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/12/10)

PR:iPhoneユーザー必見、先着3000人限定! アンケートに答えてIIJmioのeSIMを体験してみよう
発売されたばかりのiPhone 12シリーズを購入した人、または購入を検討している人は多いだろう。iPhone XS以降のiPhoneは「eSIM」に対応しており、これを活用することで、通信費がよりお得になる。IIJmioの「お試しeSIMサービス」では先着3000人にeSIMを配布しているので、ぜひ試してほしい。(2020/12/3)

IIJ、ビックカメラとヨドバシカメラ店頭で1GB/月額480円〜の従量制プランを発売
IIJは、ビックカメラグループとヨドバシカメラの店頭で1GB/月額480円(税別)から利用できる従量制プランを販売開始。専用カウンターで新規契約が可能となり、その場で発行したSIMカードを持ち帰ることができる。(2020/12/1)

製造業IoT:
5G SA対応のeSIM開発と動作検証が完了、フルMVNOとローカル5Gの導入を促進
インターネットイニシアティブは、「5G SA方式」に対応したeSIMの開発と動作検証の完了を発表した。5Gコアネットワークを用いたフルMVNOやローカル5Gにおいて、5G SA方式の接続サービスの提供に必要な要素技術を確立した。(2020/11/18)

IIJ勝社長、サブブランドの20GBプランは「大きな影響はない」が、楽天モバイルの影響は認める
IIJ(インターネットイニシアティブ)が11月9日、2020年度上半期の業績を説明した。モバイルサービスは法人向けが好調だが、個人向けは苦戦。Y!mobileとUQ mobileが発表した20GBプランの影響は少ないとみるが、楽天モバイルの影響はあるようだ。(2020/11/9)

IIJ、5G SA方式に対応したeSIMを開発 フルMVNOやローカル5Gでの利用を想定
IIJは、5Gの通信方式「5G SA(スタンドアローン)方式」に対応したeSIMを開発。動作検証まで完了したのは国内初になるという(同社調べ)。(2020/11/2)

IIJ、スタンドアロン方式の5G対応eSIMを開発 ローカル5G構築で有利
インターネットイニシアティブが、スタンドアロン方式の5Gに対応したeSIMを開発し、市販のスマートフォンで動作検証を完了したと発表した。(2020/11/2)

IIJ、KDDI回線の法人向け5Gサービスを提供 4Gと同価格で
IIJが法人向けのKDDI回線を利用したモバイルデータ通信サービスで、5G通信の対応を10月30日に始める。KDDI回線で5G通信を提供するのはMVNO初という。(2020/10/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。