ニュース
» 2009年10月30日 14時39分 UPDATE

日立製作所、プライベートクラウドの構築サービスを発表

日立製作所は企業内にクラウドコンピューティング環境を構築するサービスと、プラットフォームを提供するサービスの強化を発表した。

[ITmedia]

 日立製作所は10月30日、企業内でのクラウドコンピューティング環境の構築を支援するサービス「プライベートクラウドソリューション」を発表した。併せてクラウドコンピューティングのインフラをサービスで提供する「ビジネスPaaSソリューション」も強化する。

 新サービスは、クラウドコンピューティングソリューション「Harmonious Cloud」のメニューとして提供するもので、導入コンサルティングや設計・構築、保守・運用までをカバーする。サーバ仮想化技術には同社のサーバ仮想化機構「Virtage」やVMware、Microsoft Hyper-Vを採用した。マルチプラットフォームで環境を構築したいというユーザーニーズに対応し、プライベートクラウドに求められるセキュリティポリシーの運用性や堅牢なデータ保護対策を確保しているという。

 ビジネスPaaSソリューションでは、ホットスタンバイでのクラスタ構成や、複数のWebサーバ間でのロードバランシング構成を新たにサポートし、クラウド環境でも従来システムと同等の可用性を実現した。

 サービス料金はいずれも個別見積りとなっている。

過去のニュース一覧はこちら

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

関連ホワイトペーパー

クラウドコンピューティング | 日立製作所


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ