ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「可用性」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「可用性」に関する情報が集まったページです。

OLTP性能は通常のPostgreSQLの4倍:
Google CloudがPostgreSQL互換DBのAlloyDBを発表、OracleやDb2、SQL Serverからの移行を狙う
Google Cloudは2022年5月11日(米国時間)、フルマネージドなPostgreSQLデータベースサービス、「AlloyDB for PostgreSQL」を発表した。自社のクラウドインフラを生かして高いパフォーマンスと可用性を実現。PostgreSQLと完全互換で既存データベースからの移行を促進する。(2022/5/13)

「クラウドと同等な機動性と可用性を実現」:
パブリッククラウドからオンプレミスに回帰した企業のとった作戦とは
パブリッククラウドは拡張性が高く、利用量が変動する場合はコストを最小限に抑えることが可能だ。だが可用性を高めようとすると、HCIに軍配が上がる場合もある。複数のデータセンターを持つ企業がどのように構成したのか事例を紹介する。(2022/4/20)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【後編】
「高可用性IaaS」が本当に必要かどうかを考える5つのヒント
IaaSの可用性を必要以上に高めようとすると、インフラの複雑さやコストが増大する可能性がある。HAが本当に必要かどうかを考えるための5つの観点を説明する。(2022/4/15)

日立、高可用性と柔軟性を兼備するオープン勘定系パッケージ「OpenStage」を提供開始
日立は、金融機関向けにオープン勘定系パッケージ「OpenStage」を提供開始する。レガシーシステムを抜本的に刷新して、高可用性と強靭性を備え、高効率かつ柔軟なシステムを実現し、金融機関のデジタルシフトとサステナブルな成長を支援する。(2022/4/13)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【中編】
可用性に無駄金を使わない基礎知識 「IaaS」の主な構成要素とは?
IaaSの可用性向上を実現する場合、IaaSの「何」の可用性を高めるのかを検討し、必要以上のコストが発生しないようにするのが重要だ。IaaSの主な構成要素を整理し、それぞれでHAを実現する方法を説明する。(2022/4/8)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【前編】
SLAの「99.9%」は何を意味するのか 必要な可用性を計算する方法
IaaSにあるデータやアプリケーションを安定して利用できる状態にするには、IaaSの可用性を高める必要がある。必要な可用性を検討する際のポイントを説明する。(2022/4/1)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
Oracle DBのRACリプレースをどうする? 高い可用性と冗長性を確保し続けるには
Oracle Databaseの高可用性と冗長性を実現するReal Application Clusters(RAC)だが、ライセンス体系の改定により継続利用が困難になった。そこで注目されているのが、リプレースの課題を解消する高速データベースアプライアンスだ。(2022/3/29)

3つの選択肢は何がどう違うのか
SE-RACが利用不可になるOracle Database 19c以降、可用性をどう確保する?
Oracle Database 19c SE2以降でSE-RACがサポート対象外となることを受け、高可用性をどう確保すればよいのか悩む企業は多い。シングル構成やHA構成、DR構成など考えられる選択肢のメリット/デメリットを挙げながら、最適な方法を探る。(2022/1/25)

「追求し過ぎない」可用性の管理術【後編】
可用性の「計画策定で終わり」はよくある間違い 「人」こそが肝になる理由
可用性管理の成功に資するのは「人」だ。可用性管理の担当者はもちろん、企業の幹部といった周りの人を巻き込むことも重要になる。可用性管理の体制づくりのポイントは。(2021/10/12)

「追求し過ぎない」可用性の管理術【前編】
「稼働率100%」のためにコストをかける意味はあるのか?
システム稼働を停止させない「可用性」の追求は企業にとって重要だ。ただし極端に追求し過ぎると、高コストにつながる点は要注意だ。“程よい”可用性管理のこつは。(2021/10/5)

漠然とした「セキュリティの不安」を解消
中小企業が「限られた予算でサイバー攻撃からシステムを守る」とっておきの方法
基幹システムをサイバー攻撃から守るためには「セキュリティ」と「可用性の確保」が重要だ。だが、予算も人材も限られている中小企業がそれを実現するのは難しい。どうすればいいのか。(2021/8/18)

クラウドネイティブ時代のデータベース(終):
クラウドネイティブで変わる「NewSQL」の意味――地球規模でデータ分散を可能にする合意プロトコルの仕組みと課題
クラウドネイティブ時代に求められるデータベースの3要件を満たすべく開発が進められているNewSQLの基本概念と、データの可用性を高める仕組みを解説する。(2021/8/12)

PR:大量のデータを安全に管理、活用したい――最新技術で挑むストレージ最前線
音声や映像、配信コンテンツといった、24時間生成される大量のデータを安全に保管し、必要に応じて迅速に活用するニーズが高まっている。そこで課題になりがちなのがコストや可用性だ。データの容量や安全性を確保しつつ、増大するデータを確実に活用できる環境の“要”となるストレージでこの課題をどう解決できるのか。(2021/7/9)

クラウドネイティブ時代のデータベース(3):
マルチクラウド環境で高可用性を実現するデータベースサービスとは
クラウドネイティブ時代に求められるデータベースを解説する本連載。第1回でデータベースの要件として求められる「アジリティ、可用性、拡張性」を解説し、第2回で具体例としてPostgreSQL on Kubernetesを紹介した。今回はマルチクラウドを目的としたデータベースサービスを概観する。(2021/7/6)

山市良のうぃんどうず日記(209):
Windows NASの可用性をいろいろと試したくて――仮想マシン環境に再現してみた
前回は、「Windows Server 2019 IoT for Storage」搭載NASを試用するに当たって、実機ではリスクのある操作を行う代わりに、安全にいろいろと試せるようにHyper-V仮想マシン環境にWindows Server 2019をインストールし、ソフトウェアRAIDでOSとデータボリュームをミラーリングしました。今回は、この仮想マシン環境を使っていろいろと試してみます。その結果を踏まえた上で、実機でもディスクの抜き差しをテストしてみます。(2021/6/23)

山市良のうぃんどうず日記(208):
Windows NASの可用性をいろいろと試したくて――仮想マシンにNAS環境を再現する方法
最近、「Windows Server IoT 2019 for Storage」搭載NASを試用する機会がありました。ディスク障害からの回復性をいろいろと試してみたいのですが、実機で試すにはリスクがありますし、時間もかかります。そこで、仮想マシンに同様の環境を再現して、そちらで試してみることにしました。その詳細を、今回と次回の2回にわたってお伝えします。(2021/6/9)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(15):
Always On 可用性グループの変更データキャプチャーのエラー情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、変更データキャプチャーのエラー情報の出力について解説します。(2021/6/8)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(14):
Always On 可用性グループにおける待ち受け中のポート情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおける待ち受け中のポート情報の出力について解説します。(2021/6/7)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(13):
Always On 可用性グループのクラスタID情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるクラスタID情報の出力について解説します。(2021/6/1)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(12):
Always On 可用性グループのレプリカのWSFCリソース情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるレプリカのWSFCリソース情報の出力について解説します。(2021/5/31)

NASからSANへ乗り換えるべき7つの兆候【中編】
「NAS」をやめて「SAN」に移る目安とは? 可用性、信頼性、データ保護の問題
中堅・中小企業が「NAS」から「SAN」に移行するかどうかを見極める判断基準として、「可用性」「信頼性」「データ保護」の視点がある。事業継続性のリスクを排除するという観点で注目すべき「移行の目安」とは。(2021/5/27)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(11):
Always On 可用性グループのデータベースの詳細情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるデータベースの詳細情報の出力について解説します。(2021/5/25)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(10):
Always On 可用性グループのデータベースの正常性に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるデータベースの正常性に関する情報の出力について解説します。(2021/5/24)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(9):
Always On 可用性グループのクラスタメンバーごとにネットワーク情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるクラスタメンバーごとのネットワーク情報の出力について解説します。(2021/5/18)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(8):
Always On 可用性グループのクラスタを構成するメンバーとその状態を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループのクラスタを構成するメンバー一覧と状態の出力について解説します。(2021/5/17)

IBM Watsonに新機能 AIの信頼性や透明性を強化へ
日本IBMは、「IBM Watson」を使ったソリューションに複数の新機能を追加する。AIの信頼性や透明性、クラウドでAIを使う場合のデータへの可用性などを強化する。(2021/5/12)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(7):
Always On 可用性グループのクラスタ名とクォーラム情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループのクラスタ名とクォーラム情報を出力する「sys.dm_hadr_cluster」を解説します。(2021/5/11)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(6):
Always On 可用性グループのレプリカの状態を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループのレプリカの状態を出力する「sys.dm_hadr_availability_replica_states」を解説します。(2021/5/10)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(5):
Always On 可用性グループのセカンダリレプリカの結合状態を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループのセカンダリレプリカの結合状態を出力する「sys.dm_hadr_availability_replica_cluster_states」を解説します。(2021/5/7)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(4):
Always On 可用性グループのレプリカの一覧を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループのレプリカの一覧を出力する「sys.dm_hadr_availability_replica_cluster_nodes」を解説します。(2021/5/6)

.NET 5モダナイズ入門(5):
Azure App Serviceと組み合わせて移行する認証、データベース、可用性、バッチ
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。今回は、Azure App Serviceと組み合わせて移行する認証、データベース、可用性、バッチについて紹介します。(2021/4/30)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
データ欠損リスクを最小化、最新ストレージのクラスタリング/高可用性の秘密
ビジネスでのデータの重要性が増す一方、そのデータへ常時アクセスできる環境を整備することは簡単ではない。その解決策となり得る次世代ストレージについて、クラスタリング機能と、ハード/ソフトの高可用性機能の仕組みを探る。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
災害や障害でも止まらないデータ環境へ――DR対策の理想を現実にするストレージ
データ主導ビジネスの推進に向けて不可欠なのが、災害や障害の発生時もデータ損失を防ぎ、迅速に復旧できる「継続的な可用性」だ。その鍵となるストレージに、いま必要なものは何か。DR対策の理想である、RPO/RTOゼロの実現方法を探る。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ストレージの“永続的な可用性”は実現できる、そのための条件とは?
ビジネスクリティカルなアプリケーション環境において理想となる“永続的な可用性”は実現できるのか? 99.9999%といった数字だけではない、真のゼロダウンタイムを可能にするストレージの条件について解説する。(2021/4/8)

コンテナネットワークの基礎知識【第6回】
AWS、Azure、GCPの「Kubernetesサービス」とは? 可用性を高めるための工夫
Kubernetesクラスタの構築・運用は簡単ではありません。運用するインフラを問わず、Kubernetesの課題を解消するさまざまな製品やサービスが登場しています。大手クラウドベンダーの関連サービスを紹介します。(2021/4/14)

“オンプレミスとの違い”を正しく理解するのが鍵
“絶対に止めてはいけない”基幹系システムのクラウド化 成功のポイントは?
基幹系システムのクラウド移行には複数の課題がある。技術的な特性が違うため、運用性や可用性の確保にはオンプレミスとは異なる技術やノウハウが必要だ。両者の違いをより深く理解し、クラウド移行を成功に導く方策とは。(2021/2/24)

OSSにチャレンジしたい。でもサポートは?:
PR:「難しい」HAクラスタの構築と運用をAnsibleとLINBIT クラスタスタックサポートで簡単、安心に
HAクラスタはシステムの可用性を高めるために有効な手段だ。「難しい」「手間がかかる」「製品やサービスが高い」などを懸念するIT担当者は少なくないが、「OSSを使って安価で簡単に実現する方法がある」という。(2021/2/22)

ISMAP対応へ、Citrixが日本向けクラウド「Citrix Cloud Japan」の提供を開始
シトリックスは、日本国内の専用環境で提供するクラウドサービス「Citrix Cloud Japan」を開始した。政府の情報セキュリティ基準「ISMAP」準拠を見据えた高セキュリティ、高可用性を備える。併せて、同クラウド上で利用できる仮想化アプリケーション/デスクトップのSaaSサービスも提供する。(2021/1/20)

可用性と負荷分散以外にも魅力がある
国産クラウド、ニフクラの自社基幹システムを支えるロードバランサーの実力とは
「ニフクラ」を運営する富士通クラウドテクノロジーズ(FJCT)が基幹システムを新規構築した。この基幹システムでは可用性を担保するために、ソフトウェア型のロードバランサーを導入した。利用して分かったメリットを紹介する。(2020/12/15)

JBCC株式会社提供ホワイトペーパー:
Azure Stack HCIはなぜ注目される? 運用担当者と経営にもたらすメリットとは
Windows Server 2019 Datacenterの標準機能だけで可用性や拡張性を実現できるとして、HCIの中でもひときわ注目される「Azure Stack HCI」。実際に導入することで、運用や経営において具体的にどんなメリットがあるのか、多角的に解説する。(2020/11/19)

FlashArray//Mを活用
法律事務所がオールフラッシュにPure Storageを選んだ“決定的な理由”
法律事務所のCSKは、サーバ仮想化ソフトウェアを「Hyper-V」から「VMware vSphere」に移行すると同時に、データの可用性を高めるためにオールフラッシュストレージアレイを導入した。どの製品をどう選定したのか。(2020/11/11)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
平均47分で障害対応を完了、AIやIoTで進化する高可用性フラッシュストレージ
ITインフラの予期せぬ停止を防ぐには、システムの可用性や信頼性を高めることが何より重要になる。そこで注目したいのが、AIやIoTで障害対応/復旧を迅速化し、インフラ全体も可視化する、次世代のフラッシュストレージだ。(2021/8/31)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
ラックマウントから15分で使用開始、シンプル&高可用性な次世代HCIの5つの魅力
テレワーク対応において不可欠な仮想化環境の基盤として、採用が増えているHCI。中でも注目されているのが、サーバとストレージの自動化で迅速に導入できるなど、シンプル化や耐障害性を高いレベルで実現した次世代のHCI製品だ。(2021/8/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
auカブコム証券に学ぶ適材適所のインフラ刷新、コスト削減や高可用性の秘密は?
1000台規模の物理サーバで運用されてきたシステム基盤の刷新に当たり、業務要件に応じて適材適所のインフラ機器を割り当てるアプローチを採用したauカブコム証券。コスト削減や可用性向上、アジリティ確保など大きな成果を上げた秘訣とは?(2021/8/2)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
「クラウドだから安心」ではない? AWSでのデータ損失を防ぐバックアップ術
AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureでオンプレミスと同等の高可用性を実現するには、利用環境によっては一定の作り込みが必要となる。この手間を運用の自動化によって削減できるという、SaaS型外部サービスの有効性とは?(2020/9/23)

国際基督教大学が「Arcserve UDP Cloud Hybrid」を導入 遠隔地バックアップでBCP対策を強化
国際基督教大学は、大規模災害などに備えてBCP対策を強化するため、遠隔バックアップ/災害対策サービス「Arcserve UDP Cloud Hybrid」を導入した。授業支援システム、教務システムなどを運用する学内システムのバックアップをクラウドに複製し、可用性を高めた。(2020/8/28)

Oracle、「Autonomous JSON Database」発表 クラウド上のスケーラブルなJSONデータベース
米Oracleが「Oracle Autonomous JSON Database」を発表。99.995%の可用性とACIDに対応した高性能なトランザクション機能を搭載。その上でJSON形式の柔軟なデータを扱えるデータベースだ。(2020/8/20)

「リモートアクセスできない」――コロナ禍のテレワーク、ITインフラの課題が浮き彫りに 打開策は「クラウド」が首位
ITmedia NEWSが「コロナ禍におけるクラウド活用」に関する読者調査を実施。テレワーク環境の課題として「社員のリモートアクセス権がない/不十分」「ITインフラの負荷が増大する」などが挙がった。解決策として最多だった手段は「クラウドサービスの導入」。業務効率化やITインフラの可用性向上などを期待する声が集まった。(2020/7/29)

婚活アプリ「with」にビデオ通話機能 システム基盤にクラウド採用、切れにくい仕様に
婚活アプリ「with」がビデオ通話に対応。5回以上メッセージを交換したマッチング相手と最大15分まで通話できる。システム基盤には「Tencent Cloud」を使用し、可用性を高めた。(2020/7/14)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(3):
Always On 可用性グループの正常性情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回はAlways On 可用性グループの正常性情報を出力する「sys.dm_hadr_availability_group_states」を解説します。(2020/6/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。