ニュース
» 2009年11月02日 20時09分 UPDATE

NECとKDDI、デジタルサイネージと携帯の連携サービスを共同検証

NECとKDDIは、東京都内のauショップ2店舗でデジタルサイネージの共同実験を開始した。携帯電話との連携を視野に入れ、新たなサービスの創出につなげる。

[ITmedia]

 NECとKDDIは11月2日、東京都内のauショップ2店舗でデジタルサイネージ(電子看板)の共同実験を開始した。2010年1月中旬まで実施する。

image 設置するディスプレイの外観(出典:NEC)

 auショップ池袋東口、auショップ光が丘IMAの2店舗の店内に、情報配信用ディスプレイ2台をそれぞれ設置。来店者にau携帯電話のサービスやコンテンツの情報などを配信する。ディスプレイには視認効果を測定する機能を搭載しており、コンテンツに対する利用者の興味の度合いを測定できる。

 飲食店情報検索サイト「ぐるなび」の情報も配信する。FeliCaリーダ/ライタやQRコードを併用し、飲食店の店舗やクーポン情報も利用者に提供する。「デジタルサイネージと携帯電話を組み合わせた付加価値を検証するのが狙い」としている。

 共同実験にはNECの「PanelDirector」と呼ぶデジタルサイネージサービスを活用する。ディスプレイに表示するコンテンツは、NECのデータセンターに構築したサービス基盤から配信する。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

NEC(日本電気) | 携帯電話


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -