ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

「KDDI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「KDDI」に関する情報が集まったページです。

auの「TORQUE G04」が8月30日に発売 限定カラーの電池パックプレゼントも
KDDIが、京セラのタフネススマートフォン「TORQUE G04」を8月30日に発売する。MIL規格や京セラの独自試験をクリアしており、耐久性に優れている。京セラが限定カラーの電池パックをプレゼントするキャンペーンを実施する。(2019/8/23)

au WALLET アプリ、金融機関(2000以上)の残高や明細などを管理可能に
KDDIは、8月21日に「au WALLET アプリ」へ「お金の管理」機能を追加。2000以上の金融機関(銀行・クレジットカード)の残高や明細などの情報を管理できるようになる。これを記念し、銀行口座を登録した先着10万人へau WALLET ポイントを100ポイントプレゼントする。(2019/8/22)

IoTとAIで森林管理 KDDIらが実証実験を開始
KDDIらは、IoTを活用した森林管理効率化の実証実験を実施する。シカによる植林の食害を防ぐ防鹿柵に振動検知センサー機器を一定間隔で設置し、動物の衝突や風といった防鹿柵の振動原因をAIで推定する。(2019/8/22)

テクノロジーで「シカから森を守る」 柵にセンサー搭載、AIで分析 KDDIらが実証実験
KDDIなど4法人が、AI・IoT・クラウドの技術を活用し、鳥獣による森林への被害を軽減する実証実験を行うと発表。第1弾として8月中に、シカによる食害が増加している静岡県内の植林地域にセンサーを設置。人による見回りを効率化する取り組みを始める。(2019/8/21)

5Gを活用してスタジアム周辺を警備する実証実験、国内で初成功 KDDIら
ドローンや自律走行ロボットなどに装備したカメラの4K映像を5G通信で伝送し、AIで異常を自動認識する。大規模イベントなどでの需要を見込み、今度のイベントで活用を予定する。(2019/8/20)

4K映像と5Gでスタジアムを遠隔警備 KDDIとセコムが共同実験
KDDIとセコムが、5Gを活用してスタジアム周辺を警備する実証実験に成功したと発表。監視用カメラからの高精細な映像を、5G回線を通じて管制センターで受信し、広い範囲の異常を早期に発見する。(2019/8/19)

LPWAで足まわりを強化 KDDIの法人向けIoTクラウドサービス戦略
KDDIは、8月から法人向けIoTクラウドサービスにLPWA(省電力広域通信)のメニューを追加する。既に全国展開している4G LTEの基地局を利用し、広いエリアをカバーできるという。(2019/8/16)

au契約者向けキャンペーンも:
auが「HomePod」を8月23日に発売 直営店とオンラインショップで取り扱い
KDDIと沖縄セルラー電話が、Appleのスマートスピーカー「HomePod」を取り扱う。両社の直営店とauオンラインショップで販売し、auの4Gスマホユーザー向けに「Apple Music」を6カ月無料で利用できるキャンペーンも実施する。(2019/8/16)

「選手目線をVRで」──KDDI、日本サッカーミュージアムにVR視聴システム提供
サッカー日本代表のドキュメンタリー映像をKDDIのVRシステムで視聴できる。(2019/8/14)

KDDI、高校生対抗eスポーツ大会で全12画面の「マルチアングル配信」を実施 5Gを見据えて
KDDIが、高校生対抗eスポーツ大会「STAGE:0」で、5Gサービスを見据えたマルチアングル配信を実施。各チームの動きが分かる応援チーム視点2画面と、観戦したい選手視点別視点10画面を自由に選んで観戦できる。また、当日は初心者向けに分かりやすい解説・実況配信も同時配信する。(2019/8/13)

沖縄県は別条件:
auの「Galaxy Note9」が5万4000円引き(税込) 「au購入サポート」適用で
KDDIが「Galaxy Note9 SCV40」の端末代金の割引を増額し、より購入しやすくなった。ただし、購入月から12カ月以内に割引の適用条件を満たさなくなった場合は、残月数に応じた「解除料」が請求されるので注意しよう。沖縄セルラー電話も、KDDIとは一部異なる条件で割引販売を実施中だ。(2019/8/9)

KDDIとUQがファーウェイ製スマホを発売、ソフトバンクも追従 ドコモは?
KDDIが、発売を延期していた中国Huaweiの「P30 lite Premium」の取り扱いを再開すると発表。これにドコモとソフトバンクは追従する?(2019/8/5)

KDDI、発売延期していたファーウェイ製スマホを販売 「安全が確認できた」
KDDIは、発売が延期されていた中国Huaweiのスマートフォン「P30 lite Premium」を8日から販売すると発表した。取り扱い開始の理由について問い合わせに同社は、「商品として提供できると確認できた」と答えた。(2019/8/5)

石野純也のMobile Eye:
auの「アップグレードプログラム」終了へ 9月のiPhone商戦で新たな割引施策も?
KDDIの2019年度第1四半期の業績は増収減益だったが、順調な進捗(しんちょく)だという。分離プランは1500万契約を超えたが、気になるのが端末購入補助だ。法改正に合わせて現行の「アップグレードプログラム」は終了するが、9月のiPhone商戦に向けて新たな施策を導入する可能性が高い。(2019/8/3)

楽天参入でauも料金見直しの可能性、新たな端末割引も検討 KDDI高橋社長が言及
auの分離プランは8割に達する見込みだが、2019年10月に参入する楽天の料金次第で、変更する可能性があるという。9月で「アップグレードプログラムEX」の新規受付は終了するが、「端末割引は何かしら工夫してやっていきたい」と高橋社長は言う。5Gプレサービスは9月に開始する予定。(2019/8/2)

KDDI「4年縛り」プラン受け付け終了へ 継続困難
KDDIは1日、4年間の分割払いを条件にスマートフォンの代金を半額にする「4年縛り」と呼ばれるプランの新規受け付けを9月末で終了すると発表した。iPhone(アイフォーン)のような高額機種を安く購入できる利点があるが、今秋施行される改正電気通信事業法ではスマホの割引額に2万円の上限が設けられることが決まっており、プランの継続が困難と判断した。(2019/8/2)

KDDI、19年4〜6月期は増収減益 HUAWEIスマホの販売再開や、楽天参入に合わせた新プラン導入を検討へ
KDDIが19年4〜6月期の連結業績を発表。売上高が前年同期比2.0%増の1兆2461億円、営業利益が11.4%減の2558億円、最終利益は9.0%減の1626億円と増収減益だった。決算会見で高橋誠社長は、HUAWEIスマホの販売再開や、楽天参入に合わせた新プランの導入を示唆した。(2019/8/1)

auが「アップグレードプログラムEX」などの新規受付を9月30日で終了 市場環境の変化を受けて
au(KDDIと沖縄セルラー電話)の機種変更サポートプログラムが、9月30日をもって新規申し込みの受け付けを終了する。電気通信事業法の改正とそれに伴う総務省令の改正や楽天モバイルの新規参入など、事業環境の変化を受けた判断だ。(2019/8/1)

総務省がNTTドコモとKDDIに「5G」商用免許付与 ソフトバンクにも予備免許
各地方にある総務省の総合通信局が、NTTドコモとKDDIに「5G」の商用免許を交付し、ソフトバンクには5G基地局の予備免許を交付した。これにより、3社は商用サービスを前提とした5Gネットワークの構築が可能となった。【追記】(2019/7/31)

「じぶん銀行」→「auじぶん銀行」に
KDDIは、傘下でネットバンキングを提供する「じぶん銀行」の社名を、来年2月に「auじぶん銀行」に変更する。KDDIは今年4月、じぶん銀行への出資比率を引き上げて連結子会社化していた。(2019/7/31)

じぶん銀行が「auじぶん銀行」へ名称変更
じぶん銀行が2020年2月9日に「auじぶん銀行」に商号を変更。KDDIグループの連結子会社となったことを受け、auのスマートマネー構想を推進。(2019/7/29)

KDDI、スタートアップ支援で5G競争勝ち残り 
KDDI(au)が、スタートアップ企業の支援体制を拡充している。昨年9月に都内で開設したビジネス開発支援拠点「デジタルゲート」を今秋に大阪市と那覇市にも設置するほか、米エヌビディアなどとスタートアップの支援で協業することを決めた。(2019/7/29)

KDDI、データ容量無制限の「auデータMAXプラン」開始へ 月額5980円から
KDDIは7月26日から、月間のデータ容量に上限を設けないスマートフォン向けプラン「auデータMAXプラン」を提供する。基本料金は月額8980円で、各種割引を併用すると月額5980円から使える。(2019/7/23)

無制限プラン「auデータMAXプラン」が7月26日に開始 月額6980〜8980円
KDDIと沖縄セルラーは、スマートフォンの新たな料金プラン「auデータMAXプラン」を7月26日に提供する。月額8980円で国内のデータ通信が無制限で利用できる。ただしテザリングや海外ローミングは20GBまでの制限がかかる。(2019/7/23)

KDDI、iPhone向け「海外データeSIM」の対象エリアを拡大 96の国と地域で利用可能に
KDDIが最新のiPhone向け「海外データeSIM」の対象エリアを96の国と地域に拡大した。北米やハワイ以外の地域でもデータ通信がしたい人のニーズに応える。(2019/7/19)

auのiPhone向け「海外データeSIM」対象エリア、96の国・地域へ拡大
KDDIは、iPhone XSやXRで利用できるeSIMサービス「海外データeSIM」の対象エリアを96の国・地域へ拡大。従来の北米・ハワイにアジア、オセアニア、欧州などが加わる。(2019/7/19)

auの「世界データ定額」で8月1日から無料キャンペーン 米国、韓国、台湾などが対象
KDDIは、8月1日からアメリカ、ハワイ、台湾、韓国、香港、マカオ、シンガポールなどで「Wi-Fiルーター不要!『ナツ旅・無料』キャンペーン」を開催。「世界データ定額」の1回980円/24時間の利用料金が、期間中は何度でも無料となる。(2019/7/17)

KDDI、メールで遠隔地の避難情報が分かるサービスを提供開始
KDDIは、7月8日にあらかじめ登録した遠隔地域の災害・避難情報を受け取れる「登録エリア災害・避難情報メール」を提供開始。家族・知人の安否をいち早く確認し、避難誘導へつなげられるようになる。今後は「+メッセージ」の公式アカウントへの対応を予定し、登録手順がより簡単になる予定。(2019/7/9)

離れた地域の災害・避難情報をSMSで受け取れるサービス、KDDIが提供
KDDIが、事前に登録した地域の災害・避難情報をSMSで受け取れるサービス「登録エリア災害・避難情報メール」をauユーザー向けに提供開始した。(2019/7/8)

au、プリペイド携帯電話サービス「ぷりペイド」を2021年12月15日に終了
KDDIは、2021年12月15日にプリペイド携帯電話サービス「ぷりペイド」を終了。「ぷりペイドカード」を購入して「利用開始登録」をすれば、基本使用料不要でauケータイを使えるサービスとして2002年7月から提供してきた。(2019/7/5)

“IoT野球ボール”で選手の投球や体調をリアルタイム管理可能に
アクロディアとKDDIは、センサー内蔵型ボールを使って競技データを蓄積し、選手の技術向上や体調管理に活用できるIoTプラットフォーム「athleːtech」を開始。データに基づく全国ランキングやオンラインコーチング、コンディション管理サービスと併せて提供する。(2019/7/4)

KDDIとソフトバンク、5G基地局を相互利用 ネットワークの地方展開を加速
KDDIとソフトバンクは、5Gのネットワーク整備を進めるため、両社の基地局を相互利用する。基地局をシェアして、地方への展開を早める狙い。(2019/7/3)

KDDIとソフトバンク、基地局資産の相互利用で合意 5G基地局の早期整備に向けて
KDDIとソフトバンクが、両社が保有する基地局資産の相互利用に合意。地方部における5G(第5世代移動体通信システム)ネットワークの早期整備に向けて、共同施工管理会社の設立も視野に検討を進めるという。(2019/7/3)

ふぉーんなハナシ:
auの「LTE NET」がSIMフリースマホに開放されていた件 理由も聞いてみた
従来、auでSIMロックフリースマートフォンを使う場合、月額500円の「LTE NET for DATA」の契約が必要でしたが、いつの間にか月額300円の「LTE NET」でも利用できるように。経緯をKDDIに聞いてみました。【修正】(2019/7/1)

「5Gの通信料では儲からない」 KDDI高橋社長が5Gの展開を見通し インフラを使ったビジネス創出が鍵に?
KDDIは5G通信をテーマとする同社のイベントで、5G通信サービスの今後の展開について「本格的なサービスは2022年から」などと講演した。(2019/6/28)

KDDIと韓国LG Uplus、スマートドローンで提携 部品を共通化、国際標準目指す
KDDIがスマートドローンの分野で韓国の通信事業者LG Uplusと提携する。(2019/6/27)

AIでネットワークを最適化して通信品質を向上する技術 au基地局に導入へ
KDDIはエリクソン・ジャパンと共同で、AIを活用して基地局ごとの通信を分析してネットワークを最適化する技術を開発し、auの携帯基地局に導入すると発表した。(2019/6/26)

楽天ペイ対象加盟店で「au PAY」が利用可能に 6月26日から
楽天ペイメントが運営する「楽天ペイ(アプリ決済)」の対象加盟店において、KDDIの「au PAY」に対応。au PAYユーザーはau WALLETアプリを更新すれば対象店舗で決済できるようになる。加盟店側も特別な操作は必要ない。(2019/6/25)

auの「HUAWEI P20 lite」がAndroid 9 Pieへバージョンアップ
KDDIが、6月26日に「HUAWEI P20 lite HWV32」をAndroid 9 Pieへアップデートする。一部アイコンやロック画面の表示内容、音量調節機能、「電話」の機能変更を実施。起動中のアプリケーション一覧画面やクイック設定パネルの機能、「カメラ」「ギャラリー」をはじめ自動回転の機能も変更される。(2019/6/25)

“過去・現在・未来”の人口動態データ 出店検討やタクシーの需要予測などに活用
KDDIは、データマーケットプレース「KDDI IoTクラウド Data Market」の新サービスとして、スマートフォンの位置情報を利用した「au人口動態データ」などの人口動態データとセルフ分析ツールの提供を開始。新店舗の出店検討や、災害時の意思決定の迅速化、タクシー配車の需要予測などに活用できる。(2019/6/26)

au、iPhone XRへの機種変更&iPhone 8/8 PlusへのMNPで最大1万800円(税込)割引
KDDIは、iPhone XRへの機種変更と対象の料金プランに加入で機種代金を最大1万800円(税込)割引するキャンペーンを実施。また、他社からのMNPで対象のiPhoneを購入した場合に機種代金を割引する「iPhone MNP au購入サポート」にiPhone 8/8 Plusを追加した。(2019/6/24)

家電の遠隔コントロールや自宅の様子を確認できる「UQ × with HOME」6月24日提供開始
UQ mobileが、KDDIが提供するホームIoTサービス「with HOME」と提携。「UQ × with HOME」の提供を開始する。UQ mobileのスマートフォンと「with HOME デバイス」を活用し、遠隔操作での家電コントロール、センサー・ネットワークカメラを介して玄関ドアや宅内の様子などを確認できるようになる。(2019/6/21)

スマホが必要:
セブン銀行ATMから「au WALLET 残高」「WebMoneyプリペイドカード」のチャージが可能に 6月24日から
KDDIが提供する「au WALLET 残高」とウェブマネーが発行する「WebMoneyプリペイドカード」が、セブン銀行ATMから現金チャージ(入金)に対応する。1000円以上1000円単位でチャージが可能で、手数料は無料。ただし、各サービス用のアプリをインストールしたスマホを用意する必要がある。(2019/6/21)

5Gケータイは出る? 「2年縛り」はなくなる?――2018年度KDDI株主総会、注目の「一問一答」
KDDIが定時株主総会を開催。株主からは中期経営計画など企業経営に関する質問が相次いだ……が、この記事では通信に関する質問の中でも、特に注目すべきものをピックアップして掲載する。(2019/6/19)

KDDIとメルカリ、軽量スマートグラス「nreal light」の実証実験で提携 「Mercari Lens」活用
KDDIとメルカリが、軽量スマートグラス「nreal light」の実証実験で提携。ジェスチャー動作で「メルカリ」内で商品検索ができるスマートグラス用アプリ「Mercari Lens」の同デバイス版を開発する。サービスの共同開発なども手掛けていく。(2019/6/11)

auの初心者向けスマホ「AQUOS sense2 かんたん」、6月14日発売
KDDIは、6月14日に高精細IGZOディスプレイを搭載した初心者向けスマートフォン「AQUOS sense2 かんたん」を発売する。大きなアイコンで見やすい「AQUOSかんたんホーム」や文字や写真を見やすくする「はっきりビュー」などをプリセット。カラーはブライトシルバー、ミントグリーン、クリアホワイトの3色。(2019/6/10)

KDDIとナビタイムがMaaS領域で連携 交通サービスを共同開発
KDDIとナビタイムジャパンは、6月5日にMaaS (Mobility as a Service) 領域の取り組み推進について合意を発表。社会課題の解決を支援するため、両社の保有する通信・交通ビッグデータ、経路探索エンジン、IoT・AIを活用する。具体的にはMaaSの実現に必要となる基本機能を共同開発し、MaaSビジネスの持続的な収益化や実証実験を支援していく。(2019/6/5)

au WALLET、通信料との合算で「リアルタイムチャージ」が可能に
KDDIは、6月4日に「au WALLET 残高」のチャージ方法へ「リアルタイムチャージ」を追加。「au PAY」「au WALLET プリペイドカード」での支払い時、不足分は月々の通信料金と合算できる「auかんたん決済」で即時チャージされる。(2019/6/4)

auの「Galaxy A30」、6月6日に発売 4万3200円(税込)
KDDIは、6月6日にサムスン電子製スマートフォン「Galaxy A30 SCV43」を発売する。約6.4インチの有機ELディスプレイや容量3900mAhのバッテリーを搭載。おサイフケータイ(FeliCa)やIPX8等級の防水性能とIP6X等級の防塵(じん)性能、デュアル構成の広角カメラも備える。(2019/5/31)

KDDIがXR技術活用のスマートグラス開発へ 中国nrealとの提携で
KDDIは、中国のnrealとXR技術を活用したスマートグラスの企画開発や日本展開を共同で推進する戦略的パートナーシップを締結。nrealが開発したスマートグラス「nreal light」をベースに、KDDIが国内利用に向けたサポートを行う。(2019/5/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。