世界を変える5G

KDDIが5G「Sub6」の実効速度を公開 エリア拡大で下り300Mbps超を実現

» 2024年06月14日 16時43分 公開
[金子麟太郎ITmedia]

 KDDIは6月14日、首都圏で意図的に狭めていた「Sub6」の5Gエリアを拡大したと発表し、その実効速度を都内で報道陣に公開した。Sub6は5G専用に割り当てられた6GHz帯以下の周波数帯を指す。公開場所は「ザ・プリンス パークタワー東京」(東京・港区)で、屋外だ。

 デモンストレーションでは、同会場をカバーするSub6の基地局の設定を変更し、出力を上げる前と後での差を比較した。出力を上げる前の速度測定結果は下りが72.6Mbps、6.10Mbpsとなった。電波の強度はマイナス110を下回り、通信速度の体感としては遅い。

KDDI Sub6 実効速度 デモンストレーションの内容。出力を上げる前と後の速度にどれほどの違いがあるのかを確認した

 続いて、同会場とネットワークセンターを接続し、中継映像を確認しながら、出力を上げる作業を実施。現場と同センターとで、出力を上げる基地局の場所や、トラフィックなどの確認をする様子を確認できた。

KDDI Sub6 実効速度 同会場とネットワークセンターを接続し、やりとりを確認できる中継映像

 出力を上げた直後、電波の強度に変化が出た。電波の強度は出力を上げる前と後でマイナス85〜95ほど(20db)の差となり、出力を上げた後の電波の強度が増した。出力を上げた後の速度測定結果は下りが447Mbpsで、上りが15Mbpsとなった。

KDDI Sub6 実効速度 スマートフォンでの速度測定結果。左が出力を上げる前、右が出力を上げた後の速度

 KDDIは本デモンストレーション以外のデータも公表。例えば、5月28日にザ・プリンス パークタワー東京内にある挙式場「東京ガーデンチャペル」で速度を計測したところ、出力を上げる前が下り111Mbps、上げた後が433Mbpsという結果が出た。その付近の場所でも200〜500Mbps台となった。

KDDI Sub6 実効速度 ザ・プリンス パークタワー東京内にある挙式場「東京ガーデンチャペル」での速度。その付近の場所でも200〜500Mbps台の速度となった

通信衛星事業者の地球局との干渉が課題も、Sub6のパフォーマンス、ポテンシャルを発揮可能に

 KDDIは、5Gの商用サービスを開始した2020年から4年を導入期、2024年以降を普及期とし、電波の飛びやすい周波数を用いてエリアを拡大してきた経緯がある。5G専用の広い帯域かつ高速なSub6(3.7GHz帯と4GHz帯)を吹ける基地局数は約3.9万局で、2023年度末までに開設したとしている。

 しかし、通信衛星事業者の地球局も、下りの通信にCバンドと呼ばれる3.6GHz〜4.2GHz帯を使っており、KDDIの周波数と重なってしまっていたことから、KDDIは地上局が多く設置された関東圏において、干渉を防ぐために出力を制限していた。いわば5Gの本領を発揮できず、体感速度としても十分な差が表れづらかった。

 そのため、KDDIは通信衛星事業者の協力を得ながら、地球局を移設するなどして、干渉の対策を順次行い、今回、2024年3月末に出力制限が解除となったことを発表した。KDDIの執行役員 技術統括本部 技術企画本部長の前田大輔氏は「Sub6のパフォーマンス、ポテンシャルを発揮することが可能になった」と意気込む。

KDDI Sub6 実効速度 通信衛星事業者の地球局とKDDIの周波数が重なってしまっていたため、向上したといえるほどの実効速度にはなっていなかったが、2024年3月末に干渉対策が完了した
KDDI Sub6 実効速度 KDDIは、出力の最大化だけでなく、アンテナの向きも遠隔で調整する

 現在、Sub6を利用できる場所は、鉄道駅が612駅でカバー率は87%、商業地域が363スポットでカバー率は86%に上る。KDDIは、3.7GHz帯と4.0GHz帯の100MHz幅×2ブロックを本格運用するため、2つの周波数を吹き、かつ従来よりも小型かつ軽量となった、サムスン電子製の無線装置(MMU: Massive MIMO Unit)を2024年度に導入する。

KDDI Sub6 実効速度 KDDIが新たに導入するサムスン電子製の無線装置(MMU: Massive MIMO Unit)。従来装置(写真=左)と比べて小型かつ軽量となり、2つの周波数を吹ける(写真=右)

 KDDIはデモンストレーション実施日にネットワーク説明会も実施した。本誌でもその詳細を別記事にてお伝えする予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月21日 更新
  1. まるでガラケーな「Orbic JOURNEY Pro 4G」が日本上陸 MVNOや家電量販店が7月26日から順次販売 (2024年07月19日)
  2. Google、「Pixel 9 Pro」と「Pixel 9 Pro Fold」を8月13日に発表すると予告 予約限定特典も (2024年07月19日)
  3. 「iOS 18」のパブリックβを試す ホーム画面のカスタマイズ性が大幅に向上、RCSは現時点では非対応か (2024年07月20日)
  4. 「スマホ熱中症」に要注意 絶対にやってはいけないこと/効果的な対策を紹介 (2024年07月20日)
  5. 月額290円からの「HISモバイル」はどれだけお得? データ容量別に比較 気になる通信速度も検証 (2024年07月19日)
  6. 100円ショップで売っているガジェットが意外と使える(ただしうまく使わないと「安物買いの銭失い」になりがち) (2024年07月20日)
  7. AppleのAI戦略発表はなぜ他社より大幅に遅れたのか 「Apple Intelligence」の真価を読み解く (2024年07月19日)
  8. 「Xperia 1 VI」「Xperia 1 V」はどちらが見やすく、持ちやすい? 実機比較で分ったこと (2024年06月27日)
  9. 耳をふさがないヘッドフォン「nwm(ヌーム) ONE」発売 NTTの技術で新たなリスニング体験を提案 (2024年07月19日)
  10. どれを選ぶ? 3万〜5万円台「Redmi Note 13 Pro+ 5G」「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」のスペックを比較する (2024年07月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー