ニュース
» 2009年11月11日 08時35分 UPDATE

Photoshop Elementsに権限昇格の脆弱性、Adobeが回避策を公開

Photoshop Elementsに中程度の脆弱性が存在する。脆弱性情報はAdobe以外の筋から公開されているという。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは11月10日、廉価版の画像編集ソフト「Photoshop Elements」に権限昇格の脆弱性が見つかったとして、セキュリティ情報を公開し回避策の適用を呼び掛けた。

 Adobeのアドバイザリーによると、脆弱性が存在するのはPhotoshop Elementsのバージョン8.0と7.0。問題を悪用された場合、ローカルの正規ユーザーが権限を昇格し、任意のコマンドを実行できてしまう恐れがある。ただしリモートから悪用することはできないとされ、危険度は中程度と評価している。

 この脆弱性に関する情報はAdobe以外の筋から公開されているが、現時点で悪用コードが出回っているという報告はないという。Adobeではユーザーに対し、アドバイザリーで解説した方法に従って回避策を取ってほしいと促している。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ