ニュース
» 2009年11月11日 21時13分 UPDATE

日本オラクル、OLTP向けデータベースアプリアンス「Exadata Version 2」を国内で発表

日本オラクルは、OLTPの用途も対象にしたデータベースアプライアンスを国内で提供すると発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは11月11日、データウェアハウスだけでなく、OLTP(オンライントランザクション処理)の用途も対象にしたデータベースアプライアンスを国内で提供すると発表した。

 提供するのはOracleとSunが開発した「Exadata Database Machine Version 2」。業界標準のハードウェアコンポーネントとSunのFlashFire技術、Oracle Database 11g Release 2、Oracle Exadata Storage Server Software Release 11.2を採用している。

 特徴は、OLTP用途にも活用できること。SunのFlashFire技術に基づいた「Exadata Smart Flash Cache」を採用することにより、OLTPの高速性と拡張性を実現した。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -