ニュース
» 2009年12月08日 16時13分 UPDATE

日本ユニシス、独自コンテンツを制作するセキュリティ教育サービス

日本ユニシスはSaaS型の企業向けセキュリティ教育サービスを発表した。CISSP有資格者がユーザー企業の環境に即したコンテンツを制作し、サービスを提供する。

[ITmedia]

 日本ユニシスは12月8日、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)型教育プラットフォーム「LearningCast」を利用した企業向けの情報セキュリティ教育サービスを開始した。

 同サービスでは、セキュリティの国際的な資格である「CISSP」有資格者がユーザー企業に訪問して、企業や組織体に応じた情報セキュリティポリシー、企業風土、情報資産の重要性やその取り扱い方法などを個別に調査し、コンテンツを制作する。

 研修後にはテスト結果を踏まえた問題点や課題を列挙し、改善点を記載した簡易報告書を作成して、提供する。

 参考価格は、オリジナルコンテンツを利用した対象者1000人以上、契約期間3カ月以上の場合で1人あたり月額980円となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -