ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「教育サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「教育サービス」に関する情報が集まったページです。

会えなくても密なコミュニケーションを:
内定辞退が減少、時間や金銭面も効率化! ユナイテッドアローズが挑むオンライン研修の舞台裏
コロナ禍で迎える2度目の入社シーズンに向けて、企業は研修体制の抜本的な見直しが迫られている。ユナイテッドアローズでは、オンライン研修を取り入れたことで新人と“密”なコミュニケーションを取れただけでなく、内定辞退率の減少や、実店舗での素早い戦力化につながっているという。また、管理者向けの研修では、大幅な時間削減と、コストカットを実現した。具体的な研修方法やオンライン研修による成果について聞いた。(2021/2/5)

サイバー攻撃対応をオンラインで学べる 本格的な演習コース提供 NEC 
NECは、サイバー攻撃への実践的な対処方法を体験しながら学べる2日間のオンライン演習「実践!サイバーセキュリティ演習-インシデントレスポンス編-」を提供開始する。講義、実習、グループワークを通して、実践的なインシデントハンドリング(発見、対処、報告)の手法を学習できる。(2021/1/6)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
社員の9割「テレワーク継続」の企業が実感した、リモート化の絶大な効果
特に中小企業でテレワーク継続が難しいケースが多い中、約400人いる社員の9割がテレワークを続けているのがBFTだ。試行錯誤の中で続けてきたが、業務のオンライン化によって「社内コミュニケーション」と「外部との連携」に大きな“効果”が現れている。(2020/12/23)

コロナで教育のデジタル化に脚光 IT立国エストニア快走 米中韓は課題も
新型コロナの感染再拡大を受け、学校教育のデジタル化に改めて脚光が当たっている。「IT立国」を掲げてきたエストニアは、教育分野でもデジタル基盤の強さが光る。米国や中国、韓国もコロナ禍を機にデジタル化を加速させたが、課題はなお多い。(2020/11/30)

帝国データバンク:
コロナ不景気、特に「人手過剰」な業界とは――10月調査
コロナ不況で減る求人。「正社員が人手不足」と答えた企業は約3割と前年より大幅減に。逆に「人出過剰」だったのはちょっと意外な業種だった。(2020/11/25)

コロナ禍で高まる需要
Javaエンジニアこそ「COBOL」を学ぶべき“切実な理由”
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で「COBOL」への関心が急激に高まっているという。それはなぜなのか。「Java」を使うエンジニアがCOBOLを学ぶ意義とは。有識者に聞いた。(2020/11/11)

ガートナー 「未来のテクノロジー」を使いこなすための重要戦略トップ10を発表
ガートナー ジャパンは、2021年以降に向けたテクノロジーとビジネスに関する重要な戦略的展望を発表。今後10年間は、従来とは異なるテクノロジーへのアプローチが主流になるという。(2020/11/10)

HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA:
コロナ禍で再認識された3Dプリンタの価値、製造業の成長とイノベーション創出に欠かせない存在に
HPは、グローバルイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA」をオンライン開催した。同イベントでは、HPが行ったデジタルマニュファクチャリング/産業用3Dプリンティングに関する調査レポート「HP Digital Manufacturing Trend Report」の内容に触れつつ、3Dプリンタをはじめとするデジタルマニュファクチャリング技術を活用するパートナー企業やユーザー企業を招き、ディスカッションが行われた。(2020/10/19)

生徒の「よく生きる」を支援し、自らも「よく生きる」:
PR:コロナ禍でもリモートでも、生徒への熱い思いを最大限に具現化するベネッセの内製
ベンダーロックイン状態だったアプリの開発体制を2年で内製化に導いたのは、思いに共感して中途入社した1人のエンジニアだった。(2020/10/14)

小学館集英社プロダクション、「Oracle Fusion Cloud EPM」で予実管理を効率化、事業部別収益の横断管理を実現
小学館集英社プロダクションは、Oracleの経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud EPM」を導入して、属人的かつ煩雑になっていた予算・実績管理業務を刷新。事業部別収益の横断管理を実現した。予実管理業務の標準化、効率化を図り、担当者の生産性向上や残業時間の短縮にもつながった。(2020/10/12)

BIM:
“BIM認証”サービスが本格始動、最古の規格協会BSIがBIM国際動向と認証の意義を説く
BSIジャパンは、BIM認証に関するサービスを日本国内で本格的に開始した。BIMについての国際的な認証を受けることで、受注競争力を高め、国内外での受注機会を増やすだけでなく、BIMに特化した認定トレーニング制度も用意されているため、人材不足にあえぐ業界で次世代の人材育成にもつなげられるという。(2020/8/26)

帝国データバンク7月調査:
コロナ禍で人手不足の企業激減、旅館業は特に「人手過剰」に
コロナ禍を受けて企業の採用の買い手市場化が加速。「人手不足」の企業が前年より急減している。帝国データバンクが調査。(2020/8/25)

PFN、子供向けタイピング練習サイトを無料公開
AI開発を手掛けるPreferred Networksは、子供向けのタイピング練習サイト「Playgram Typing」を公開した。(2020/8/12)

遅れている:
「キャッシュレス・ポイント還元事業」が終了。 なぜか日本ではキャッシュレスが進まない
「キャッシュレス・ポイント還元事業」が6月30日に終わった。経産省は、事業開始前(2019年9月)と事業期間中(19年11月、20年5月)に実施した消費者及び店舗向けアンケートの調査結果を公表した。(2020/7/25)

PFNがプログラミング教育に参入 サンドボックスゲームでPythonを学べる教材を開発
AI開発を手掛けるPreferred Networksが、AI人材の育成を目指して教育事業を立ち上げたと発表した。第1弾として、小学生から始めるプログラミング教材「Playgram」(プレイグラム)を発表。対面授業やオンライン授業に順次導入する。(2020/7/7)

製造マネジメントニュース:
PFNがコンピュータサイエンス教育事業に参入、問題解決型人材を育成へ
Preferred Networksは2020年7月6日、コンピュータサイエンス教育事業に参入するとオンライン会見で発表した。PFNによる最先端のコンピュータサイエンス技術や、これらの技術を生かした社会問題の解決などのノウハウを生かし、重要度が高まる論理的かつ創造的な思考力を持つ人材育成に取り組む。(2020/7/7)

おしえて、キラキラお兄さん:
副業ってお金以外にメリットありますか?
会社員とフリーのエンジニアという二足のわらじを履きこなしている保坂駿さんは、学生時代から、空いた時間に自分がしたいこと、自分にできることを着実に積み重ねてきた。(2020/7/7)

DX化推進のキーパーソンは「ミドル層のコア人材」:
PR:実業務の課題解決から始める人材育成、DXに必要な思考プロセスとは
世界中でビジネスがデジタル化する中、DXに乗り遅れる日本企業は多い。DXの本質は企業文化の変革にあり、その成功を左右するのは、企業風土を象徴する人材が変革を主導できるかにある。自社のキーパーソンをDX人材として育成する方法とは。(2020/6/26)

社員研修も“集まらない”学びへと進化が必要
事例で分かる「ニューノーマルに向けた社員研修の在り方」とは
テレワークを中心とした新しい働き方が提唱される中で、企業の社員教育はこの先どう進化すべきなのか。あるIT企業の実体験から、リモートネイティブ時代に即したマインドシフトの重要性が見えてきた。(2020/6/25)

サービスロボット:
コロナ禍で見直される遠隔操作ロボットの価値、普及は進むのか?
WHILLは2020年6月17日、with/afterコロナ時代のロボティクスをテーマとしたセミナーを開催した。東京大学 名誉教授の佐藤知正氏、及びMiraRoboticsのパートナー兼ストラテジストの羽田卓生氏はコロナ禍を契機に遠隔操作ロボットが普及する可能性を指摘する。(2020/6/19)

危機をチャンスに:
仕事のテレワーク化、「コロナで嫌々」でなく「当たり前」に変える秘訣
新型コロナで急務となった企業のテレワーク化。実は多くの業務で代替可能と筆者は指摘。コロナ危機をチャンスに変えるコツとは。(2020/5/8)

自宅待機時の教育やテレワークの支援
新型コロナウイルス対策中の学校を支える製品・サービスリンク集
政府は新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、全国の小中高校に対して臨時休校措置を取るよう要請した。こうした中、さまざまなベンダーが教育機関の支援策を打ち出している。主要な支援策を紹介する。(2020/4/24)

巧妙化する怪しいメール
新型コロナウイルスへの注意喚起や賞与通知をかたる「Emotet」の進化する手口
2019年にさまざまな日本企業を襲ったマルウェア「Emotet」とは何か。専門家の話を基に、動向と対策を紹介する。(2020/3/26)

高校生の学習スタイルのハイブリッド化を推進中:
PR:“紙”のベネッセ、アプリ開発のアジャイル×内製化でジャンプアップ
開発体制をアウトソースから内製に変え、開発手法もウオーターフォールからアジャイルに移行したベネッセの開発チーム。事業部門と同じブースで“チームで”作り上げたアプリの成否やいかに――。(2020/3/17)

【まとめ】各社の新型コロナ関連支援サービスまとめ 漫画読み放題、学習支援、給食代替など
新しい情報は随時追記していく予定です。【3月14日13時00分更新】(2020/3/18)

カードゲームでRPA導入のポイントを学べる研修サービスが登場
NTTデータは、カードゲームを使ってRPA導入のポイントを学べる企業向けの研修サービスを2020年3月1日から開始する。RPA導入で起こりやすいイベントをカードゲームにしており、RPAツールの利用やRPA業務アセスメントなどのノウハウを分かりやすく理解できるという。(2020/2/18)

マーケターの育成について語る:
庭山一郎氏×油野達也氏 B2Bにおける「マーケティングの貧困」を抜け出すために
今、マーケティングを学ぶ機会を創出する意義とは何か。B2Bマーケティングおよびセールスの重鎮が熱く語った。(2020/2/12)

今日のリサーチ:
米国における年間検索トレンド――Yext調査
米国における1年間の検索トレンドを各業界のトピックで振り返ります。(2019/12/18)

河合塾がネット塾「河合塾One」スタート AIが生徒の学力を見極めカリキュラムを提示
河合塾OneがWebで高校生向けの学習コンテンツを提供するサービス「河合塾One」の提供を始めた。AIが生徒の学力を推定し、一人一人に最適化したカリキュラムを組み立てる。(2019/12/11)

クラウドの知識が必要なのはIT担当者だけではない
「クラウドの高額請求」を避けるために全社に徹底すべき6大項目
クラウドサービスを使うと、想像以上に高い利用料が請求されることがある。出費を抑えるには、従業員がクラウドのコストの管理と最適化のプロセスを理解することが必要だ。(2019/11/18)

ソフトウェアベンダーとの契約内容、きちんと把握できていますか?:
PR:DX時代の企業を支える仕組み「VMO(ベンダーマネジメントオフィス)」とは
企業にとって、多様なソフトウェアやクラウドサービスを迅速に調達して組み合わせる重要性が増大している。だが、その内容やコストをきちんと把握しなければ、多大な損失につながりかねない。企業が安全にITを使いこなし、成長し続けるための方法とは。(2019/11/18)

PR:遠隔でも“相手の顔が見える”が商談成立の鍵に インサイドセールス事業の大手が「V-CUBE セールスプラス」を選んだワケ
(2019/11/11)

Web手続きも拡充:
ドコモショップが「手続き時間」短縮に向けた取り組み 「来店予約拡大」「サポート内容統一(一部有料)」などを実施
NTTドコモが代理店に委託して運営する「ドコモショップ」。来店後の待ち時間を短縮すべく、来店予約枠を多めに設定した店舗を拡大し、端末の初期設定に関するサポート内容を全店で統一する。(2019/10/29)

ドコモとタカラトミー、プログラミング教育で協業 段ボールで作るロボット発売へ
NTTドコモとタカラトミーが、プログラミング教育サービスの共同事業を始める。段ボールを使ったロボットキットを発売する。(2019/10/29)

働き方カードゲーム「ライフ・スイッチ」誕生 別の人生を歩むことで価値観の多様性理解へ
現実世界とは違う人生を歩むことで価値観の多様性を理解します。(2019/10/27)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:バンダイの「動くザク」を取材しに行ったら完全に「分かってる人」が出てきて最終的に「分かってますねえ……」と意気投合しました
ザクを組み立てて動かせる「ZEONIC TECHNICS」について、ガンダムオタク丸出しで取材してきました。(2019/10/11)

AUTOSARを使いこなす(11):
AUTOSAR人材の育成に向けた提言(前編)「研修」で目指すものを一緒に見直しませんか?
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載の第11回では、AUTOSARの人材育成に関わる「研修」の現状について取り上げる。(2019/8/20)

デジタルサイネージ:
現場で“EC決済”や“安全教育”が可能なDSシステム、入退場管理デバイスとして「建設キャリアアップシステム」と連携
飛島建設グループおよびWill Smartの2社で開発したデジタルサイネージシステム「e-Stand」は、機能拡充を目的に、MCデータプラスとパートナープログラム契約を締結し、現場への入退場管理システム「グリーンサイト」のデバイスとして利用可能となった。既に一部の現場で試験的に運用が始まっており、導入現場を拡大していくという。(2019/4/17)

社内でAI人材を育成 法人向けオンラインAI研修サービス、Aidemyが正式公開
Aidemyが法人向けオンラインAI研修サービスを正式公開。従来のオンライン講座に加え、コンサルティングサービスを加えた。(2019/4/16)

リフト&シフトだけでは不完全
クラウド移行“4つの落とし穴”とは
クラウド移行を成功に導き、クラウドのメリットを最大限に生かすには、「リフト&シフト」方式では不十分だという。その理由をCloud Academyのアンドリュー・ラーキンの話を基に解説する。(2019/2/28)

LinkedInとIndeedの調査から見えること
リモートワークなどの柔軟な働き方を認めれば採用への応募が増加する?
ある調査結果によると、働く場所や時間を従業員自身が自由に決められるような柔軟な業務ポリシーがある企業ほど、求職者の支持を集める可能性がある。(2019/2/26)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(10):
小学校2校と中学校1校しかない青森県鰺ヶ沢町でプログラミング教育を浸透させる――みんなのコードと経産省は地方の教育のICT化をどうサポートするのか
みんなのコードは日本国内でのテクノロジー教育への関心を高める啓蒙活動を実施し、その一環として「パートナー企業 CSR取り組み報告会」を開催した。本稿では青森県 鰺ヶ沢町教育委員会 ICT教育推進アドバイザー 相馬祐輔氏の取り組み、経産省による教育分野への取り組みを中心にお伝えする。(2019/2/28)

本当に脅威なのか:
AI・ロボットに仕事を奪われないためのスキルとは?
10年後、あなたの仕事はAIに奪われる? ユーキャンが20〜40代のビジネスパーソン約300人を対象にした意識調査を行った。(2019/1/9)

ワースト10業界も:
業界別「有給消化率」ランキング、自動車・通信・バイオなど上位 1位は……?
Vorkersが業界別「有給消化率レポート」を発表。自動車、通信、バイオ業界などが上位だった。1位だった業界と、最下位だった業界は……?(2018/12/13)

「子どもが歯磨き好きになった」 歯磨きとゲーム組みあわせたアプリ「はみがき勇者」に保護者から称賛 開発元に話を聞いた
スマホの画面に向かって歯磨きすると、敵を攻撃――子どもが歯磨きを進んでやるようになったと評判のアプリについて取材しました。(2018/11/27)

幼児もタブレットで教育? 学習を続けられる“ヒケツ”は
幼児が学習を続けていける、タブレット教材の工夫とは。(2018/11/21)

生まれ変わる組織:
ゼロから50人に急増、なぜグロービスは異質のエンジニア採用に成功しているのか?
ビジネススクールとして著名なグロービスが大変革を起こしている。2016年に初めてリードエンジニアを採用し、ビジネスおよび社内のデジタル化に力を入れているのだ。関係者を取材した。(2018/11/7)

楽しい大好きスタートアップ代表が見たロボット業界:
俺の相棒はロボット? 関西国際空港で自動清掃ロボット大戦がはじまる
ロボット派遣・就職・教育サービスを手掛け、これまでロボットと共に5千人以上を接客した経験を持つ田中智崇氏が、関西国際空港で本格運用が始まった最新型自動清掃ロボットをレポートする。(2018/10/30)

楽しい大好きスタートアップ代表が見たロボット業界:
おもてなしと喜びのダンス、デリバリーサービスロボ「Relay」が目指すもの
ロボット派遣・就職・教育サービスを手掛け、これまでロボットとともに5000人以上を接客した経験を持つ田中智崇氏がデリバリーサービスロボット「Relay(リレイ)」について紹介する。(2018/9/21)

教育機関IT活用・セキュリティ座談会【第3回】
「学校IT化」の遅れで日本が失うものとは? 現場の教員と専門家が議論
国内にも積極的なIT活用を進める教育機関はあるものの、決して多数派ではない。確かにITは、教育目標達成の一手段にすぎない。だからといって活用の動きを停滞させたままで本当によいのか。教員と専門家が議論する。(2018/9/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。