ニュース
» 2009年12月25日 07時38分 UPDATE

Opera、“7倍早い”「Opera 10.5」のプレα版リリース

新JavaScriptエンジン「Carakan」、新グラフィックエンジン「Vega」、レンダリングエンジン「Opera Presto 2.5」を実装した将来版Operaは、現行のバージョン10.10より7倍速いという。

[ITmedia]

 ノルウェーのOpera Softwareは12月22日、Opera LabsからWebブラウザの開発途上版「Opera 10.5 pre-alpha」をリリースした。Opera Labsのサイトのリンクから、Windows版とMac版をダウンロードできる。Linux版も近く公開する予定だ。

 Operaの現行バージョンは「10.10」で、次期バージョンとして「10.2 α」が公開されており、この10.5 pre-aphaはその次のバージョンという位置づけになる。Operaは、新エンジンの評価とフィードバックを得るために早期リリースを決めたという。

 JavaScriptエンジンとして従来の「Futhark」に代え「Carakan」を採用。Windows 7でのSunSpiderテストでは、Futhark搭載のOpera 10.10の7倍以上の処理速度を示した。レンダリングエンジンの新版「Opera Presto 2.5」はCSS3のTransitionsやtransformsのサポート、オフラインストレージなどHTML5のサポートを強化した。ハードウェアアクセラレーションを可能にする新しいグラフィックエンジン「Vega」は、PeacekeeperのベンチマークテストでOpera 10.10の約3倍の速さだった。

 ユーザーインタフェース面では、Windows版で「Aero Glass」やWindows 7の「Aero Peek」「Jump List」に対応した。Mac版ではボタンやスクロールバーをUnified Toolbarスタイルにしたほか、マルチタッチジェスチャーに対応した。また閲覧履歴を残さない、いわゆるプライベートモードが追加され、「Private」タブまたはウィンドウでの閲覧が、そのタブまたはウィンドウを閉じると削除される。そのほか、アラートなどのダイアローグボックスがモーダルでなくなり、表示中にほかの操作ができるようになったり、検索履歴の編集機能などが加わった。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ