ニュース
» 2010年01月20日 07時43分 UPDATE

中国駐在ジャーナリストのGmailにハッキング攻撃

Gmailアカウントの転送設定で、見覚えのないアドレスにメールを転送する項目がいつの間にか作成されていたという。

[ITmedia]

 中国駐在の外国人特派員でつくる中国外国記者協会(FCCC)は、北京の複数の支局で特派員のGmailアカウントが乗っ取られ、メールが見知らぬ相手に転送されていたことが分かったと発表した。

 それによると、Gmailアカウントの転送設定で、見覚えのないアドレスにメールを転送する項目がいつの間にか作成されていたという。

 中国に駐在するジャーナリストがハッキングの被害に遭うケースは過去2年で増えているとFCCCは指摘。セキュリティ強化のためにパスワードを変更し、リンクをクリックしたりメールの添付ファイルを開く際は注意するよう勧告。ウイルス感染チェックは定期的に行うよう呼び掛けている。

関連キーワード

中国 | Gmail | ハッキング | サイバー攻撃


関連ホワイトペーパー

ハッキング


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -