ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Gmail」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Gmail」に関する情報が集まったページです。

Google、12月14日の約45分間ダウンの原因と対策を詳解
Gmailやカレンダーなど、ログイン認証が必要な多くのサービスが12月14日に約45分間使えなくなった問題について、Googleが原因と対策を説明した。(2020/12/21)

Atariの新ゲームコンソール「Atari VCS」は独自OSにChromeブラウザ搭載
Atariは来年初頭に出荷予定の新型ゲームコンソール「Atari VCS」にGoogleのWebブラウザ「Chrome」をプリインストールすると発表した。ゲームモードのままストリーミングやGmailなどが使える。AndroidおよびiOS版コンパニオンアプリを使えば、モバイル端末をキーボードやマウス代わりに使える。(2020/12/17)

Tech TIPS:
Googleサービスが止まっている? と思ったらココを参照すべし!
突然、Gmailでメールが受信できなくなる、Googleカレンダーも開けない、Google Chromeの同期にエラーが生じる……。実はGoogleのサービスがトラブルで停止しているのかも? そのようなときにまず参照したいステータスページを紹介する。(2020/12/17)

Googleで各種サービスが利用できない障害 21時30分ごろから復旧
12月14日、Googleの各種サービスが利用できない事態になっている。GmailやGoogle カレンダー、Google ドライブなどが利用できなかった。21時30分ごろから復旧しつつある。(2020/12/14)

Googleの各種サービスに障害発生 YouTubeやGmail、Google Driveが利用できない状態【追記】
14日21時ごろよりGoogleの各種サービスに障害が発生しています。(2020/12/14)

Googleで障害 GmailやYouTubeなど複数サービスが使えず【追記あり】
12月14日午後9時ごろから「Gmail」「YouTube」など米Googleが提供する複数のサービスが使えない障害が発生したが、同日午後9時50分ごろに復旧した。(2020/12/14)

GmailやGoogleフォトなど、2年利用がないとデータ削除に 2021年6月から新ポリシー
新ポリシーを2021年6月1日から施行します。(2020/12/7)

Google、放置アカウントの保存データ削除へ 2年利用がないフォト、Gmail、ドライブが対象
米Googleが、Google フォトやGmail、Google ドライブを長期間使わずに放置しているアカウントや、規定の保存容量をオーバーしたまま使い続けているユーザーの保存データを削除すると発表した。(2020/12/7)

Tech TIPS:
Gmailなどで書式を省いてプレーンテキストとして貼り付ける
Gmailで、Webページのテキストなどをコピーして、貼り付けたいこともあるだろう。ただ、単に[Ctrl]+[V]キーでペーストすると、文字サイズやリンクなどの書式も含めて貼り付けられてしまう。これを不要な書式を省いてテキストのみで貼り付ける方法を紹介する。(2020/12/7)

TechTarget発 世界のITニュース
「Google Workspace」がプライバシー保護を強化へ ユーザー行動に基づく機能を一括停止可能に
Googleは「Google Workspace」のユーザー行動に基づく機能を一括で停止できるようにする。「Gmail」などの各種サービスが搭載する、機械学習ベースのユーザー補助機能が対象だ。(2020/12/7)

「Gmailどこいった」――Googleアプリのアイコン統一から考えるアイコンデザインの過去と未来
Gmailのアイコンが変わり、一部のユーザーから「何のアイコンか分かりくい」という声が上がっている。しかしGoogleに限らず、アイコンのデザイン変更は珍しいことではない。なぜアイコンは変わるのか、今後はどんなデザインがトレンドになっていくかを考える。(2020/11/27)

iOS 14のウィジェットに「Gmail」や「Googleドライブ」などが対応
Googleが、Appleの「iOS 14」向けに「Gmail」「Googleドライブ」「Google Fit」のウィジェットを公開した。「Googleカレンダー」と「Chrome」のウィジェットも準備中だ。(2020/11/22)

Googleアカウントのポリシー変更でクラウド保存容量に影響 長期不使用で削除の可能性も
Googleが、Googleアカウントで使うクラウドストレージのポリシーを変更する。来年6月1日から、Googleフォト、Gmail、Googleドライブを2年以上使わないか、容量上限を超えたまま2年経過すると、コンテンツが削除される可能性がある。(2020/11/12)

Gmailなどのアイコンを旧デザインに戻すChrome拡張登場 カラフルなのが許せないあなたに
親に向かって何だその派手な配色は。(2020/11/5)

Tech TIPS:
【iPhone】ChromeやGmailなど、リンクタップで好みのアプリが開くように変更する
従来、iPhone/iPad/iPod touchでは、タップしたリンクを標準のSafariや「メール」アプリでしか開けなかった。だがiOS 14から、Google ChromeやGmailといった好みのアプリで開けるようになっている。その設定手順と注意点を解説する。(2020/10/21)

Google、Workspaceでの「ハングアウト」から「Chat」移行完了を来年後半に延期
Googleが2018年から告知しているWorkspace(旧G Suite)でのハングアウトからGoogle Chatへの移行の完了期限を、従来の今年後半から来年後半に延長した。また、一般ユーザー向けハングアウトアプリも同時期に提供を終了し、GmailのGoogle Chatに移行することになる。(2020/10/16)

Googleドライブでゴミ箱に捨てたファイル、30日後に自動で完全削除(10月13日から)
Googleドライブで削除したファイルは、現在は「ゴミ箱を空に」しない限りいつでも復活できるが、10月13日からはGmailと同様に、30日後に自動的に完全削除されるようになる。(2020/9/18)

Googleサービスでの8月20日の大規模障害について、Googleが原因と対策を説明
Gmailで添付ファイルが送れないなど、8月20日に数時間にわたってグローバルに発生したGoogleのサービス障害について、Googleが説明した。主な原因はGoogle内部で使っているBLOBの内部分散システムでの過負荷としている。(2020/8/25)

GmailとG Suiteの脆弱性、研究者の公表を受けGoogleが修正
Googleに報告してから120日を過ぎても脆弱性が修正されなかったことから、研究者が公表に踏み切ったところ、同社は、その日のうちに対策を講じた。(2020/8/21)

【続報あり】Googleで障害発生 GmailやGoogle Driveなどに影響か
20日17時現在、Googleはこの問題を調査中。GmailやGoogle Drive、Google Chatを含む複数のツールに影響が出ている。(2020/8/20)

GmailとGoogleドライブなどで障害 ファイルの添付やアップロードに不具合【追記あり】
8月20日午後1時30分ごろから、Gmailのファイル添付がしづらかったり、Google ドライブでファイルのアップロードがしづらかったりする障害が発生している。(2020/8/20)

Tech TIPS:
Gmailの「テンプレート」でデジャビュのような繰り返し入力を避ける
同じような文面のメールを繰り返し書いて送信する機会があるなら、Gmailの「テンプレート」機能を知っておいて損はない。定型文を簡単にメール本文として挿入できるこの便利な機能を紹介しよう。(2020/8/12)

Gmailアプリで「ビデオ会議」タブを非表示にするには
GmailのモバイルアプリでWeb会議「Google Meet」を使えるようになった。それに伴い、画面下に「メール」と「ビデオ会議」タブが表示されるようになった。これが不要な場合は非表示にできる。(2020/8/10)

Gmailをメインの仕事場に──Chat、Meet、Docsなどのハブにするアップデート
Googleが、G Suite版Gmailでメール、チャット、動画チャット、ファイル、タスクの作業をアプリを切り替えずに操作できるようにすると発表した。モバイル版Gmailアプリにも切り替え用のタブが追加される。(2020/7/16)

Tech TIPS:
【Gmail】「そんなメール来てない!」と責める前にまず確認すべきこと
「先日送ったメールの件は?」と催促されるも、該当のメールはまるで見つからない……。Gmailでメールを受信する環境でそのようなトラブルに遭遇した際の対策や原因の究明方法を説明する。(2020/7/15)

GmailがようやくiPadのSplit Viewに対応
iPad版Gmailが画面分割マルチタスク機能「Split View」に対応した。Gmailとカレンダーアプリを左右に並べて予定を確認したり、写真アプリから写真をドラッグ&ドロップで添付したりできる。(2020/7/7)

Tech TIPS:
一筋縄でいかないGmailの「ダークモード」環境別設定法
PCやスマートフォンを「ダークモード」に設定しているのに、Gmailは「ダーク」にならない……。 それは環境依存の問題かも? Windows/Mac/iPhone/Androidでの設定手順や注意点をそれぞれ説明する。(2020/7/1)

Tech TIPS:
Gmailの送信予約でメールを送って業務時間外のメール着信を防ぐ
深夜や休日など業務時間外に仕事相手へメールを送るのがはばかれることはないだろうか。でも、メールはもう書いたから、忘れないように送信は済ませたい……。そのような場合、Gmailなら指定日時の送信を事前に予約できる。その手順は?(2020/6/24)

激化するコミュニケーションツール市場の争い
「Google Meet」がZoomとの競争に出遅れた理由 「Gmail」成功が足かせに?
GoogleのWeb会議ツール「Google Meet」は、機能の充実やコンシューマーへの無償提供といった取り組みで「Zoom」「Microsoft Teams」といった競合に後れを取っている。なぜ出遅れたのか。(2020/6/23)

GmailアプリだけでスマートフォンでのGoogle Meet利用が可能に
GoogleのWeb会議ツール「Google Meet」をスマートフォンから参加するにはこれまで専用アプリのインストールが必要だったが、Gmailアプリだけで参加および会議開催ができるようになる。Gmailで招待状をもらえば、Gmailを離れずに1タップで会議に参加できる。(2020/6/17)

Tech TIPS:
Gmailで送信メールの情報漏えいを防ぐには(情報保護モード編)
秘密の情報を特定の人だけに伝えたい。そのようなとき、もしメール送信にGmailを使っているなら「情報保護モード」が役に立つ。その使い方と注意点、そして限界を解説する。(2020/6/17)

Tech TIPS:
OutlookからIMAPでGmailにアクセスするためのノウハウ
メールサーバをGmailに移行しても従来使っているメーラーは使い続けたい。そのような場合はGmailの設定を変更すればIMAP経由でメーラーと接続できる。OutlookでGmailとのIMAP接続を実現する方法を詳細に解説する。(2020/6/10)

Google、混沌のコミュニケーション系アプリ担当を1チームに統合
GoogleでG Suiteを統括するハビエル・ソルテロ副社長が、モバイルコミュニケーションアプリのGoogle Duo、メッセージ、電話も担当することになった。これでGmail、Google Meet、Google Chat、ハングアウトを含むすべての同社のコミュにケーション関連サービスを1チームで担当することになる。(2020/5/8)

新型コロナウイルス便乗のフィッシング詐欺、国家関与の攻撃が横行――Googleが報告
Gmailにおいて、新型コロナウイルス関連のマルウェアやフィッシング詐欺メールが1日当たり1800万通検出された。Googleは便乗攻撃に関与する国家が十数カ国に上ると分析する。(2020/4/23)

Web会議サービス「Google Meet」、Gmailからの開始やギャラリービュー追加
Googleは、「G Suite」のWeb会議サービス「Google Meet」(旧「Hangouts Meet)のUIを改善した。Gmailからのビデオ会議開始が可能になり、Zoomのようなギャラリービューやノイズフィルター機能などが追加になる。(2020/4/17)

Windows 10への移行:
失敗しないWindows Liveメール → Gmail移行
Windows 7などの環境からWindows 10に移行する際、ローカルに保存されている送受信メールのデータをどうやって移行すればよいのか? ここでは、Windows LiveメールからGmailに移行する手段を例に、受信メールやアドレス帳を移行する手順を紹介しよう。(2020/4/13)

ディープラーニングで不正メール検出率向上、Googleが成果発表
Googleはディープラーニングを使った新世代のドキュメントスキャナーをGmailに導入した。(2020/2/26)

Googleが修正したGmailの脆弱性、「DOM Clobbering」の問題を悪用
発見者は「有名なDOM Clobberingの問題を現実世界で悪用する実例」と位置付けている。(2019/11/19)

Dropbox Extensions、Gmailに加えMicrosoft Teamsもサポート
Dropboxを離れずに各種アプリでの操作を可能にする「Dropbox Extensions」が、Microsoft Teams、Outlook、LINE WORKS、WhatsAppなどもサポートした。Gmailは既にサポート済みだ。(2019/11/1)

Yahoo!の元従業員、わいせつ画像探してユーザーのアカウントに不正アクセス
Yahoo!の元従業員が狙ったのは主に若い女性のアカウントだった。Yahoo!の他にもiCloudやFacebook、Gmail、Dropboxなどのアカウントに不正アクセスしたことを認めている。(2019/10/2)

コミュニケーションツールが抱える生産性の課題も整理
Slackから「Hangouts Chat」へ移るべき人、Slackのままでよい人を分ける条件
Googleはコミュニケーションサービス群を充実させることで、「Slack」との差異化を図る。同社の「Gmail」と「Hangouts Chat」の製品管理ディレクターと調査会社のアナリストに、Hangouts Chatの現状と展望を聞いた。(2019/9/19)

iOS版「Yahoo!メール」アプリでGmailアカウントが利用可能に
ヤフーの提供するiOS版「Yahoo!メール」アプリが、外部のメールアカウントを追加できる機能をリリース。まずは「Gmail」のメールアカウントを利用でき、「きせかえテーマ」やフォルダーごとの通知などの機能にも対応する。(2019/9/18)

「Gmail」で一時障害、現在は復旧済み
エラーメッセージが表示され、メールが見られない状況が2時間ほど続いた。(2019/8/16)

GCPの「ビッグデータ分析サービス」10選【後編】
「Googleマップ」「Gmail」を支えるシステムも GCPのビッグデータ分析サービス
Googleが提供しているビッグデータ分析サービスは多彩だ。中には「Google検索」「Googleアナリティクス」などの裏側で稼働するシステムを基にしたサービスもある。5つの主要サービスをピックアップして説明する。(2019/7/31)

サンドボックスや情報保護モードを提供:
Googleが「Gmail」のセキュリティ機能を強化、特徴は3点
Googleは、メールサービス「Gmail」向けセキュリティ機能を強化すると発表した。「新しいセキュリティサンドボックス」「改良されたフィッシング対策とマルウェア対策機能」「情報保護モード」の3点だ。(2019/6/27)

「G Suite」版「Gmail」の「情報保護モード」、6月25日からデフォルトで有効に
Googleが、「G Suite」版メールアプリ「Gmail」で、大事なメールに開封期限を付けたり、受信者がメールや添付ファイルを転送できないようにする機能「情報保護モード」を6月25日からデフォルトで有効にする。(2019/5/30)

Google、Huawei端末へのサービス提供を一部停止 既存端末には影響なし
米Googleが、中国Huaweiとの取り引きを一時停止。Huaweiが今後発売する新規端末で、Androidの更新ができなくなるほか、Gmailなどが利用できなくなる。ロイター通信によると、既存のHuawei端末のユーザーは引き続き、Googleが提供するサービスの利用が可能という。(2019/5/20)

Gmailに「メールの送信時間を設定できる」新機能
業務時間外の相手に配慮する機能です。(2019/4/2)

Gmailに送信予約機能追加 15周年で
Gmailに、作成したメールを設定した日時で後で自動送信できる機能が追加された(ローリングアウト中)。最大100件までのメールの送信を予約できる。(2019/4/2)

GmailやOutlook、「AMP for Email」のプレビュー開始 メールをよりインタラクティブに
Googleが、モバイルネット高速化イニシアチブ「AMP」の下、メールをよりインタラクティブにする「AMP for Email」のGmailでのβプログラムを開始した。MicrosoftのOutlook、VerizonのYahoo Mailもプレビューを開始した。(2019/3/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。