ITmedia NEWS > 社会とIT >
セキュリティ・ホットトピックス
ニュース
» 2024年01月16日 10時48分 公開

高校入試の出願システム、Gmailにメール届かず……神奈川県、受験生に「@gmail.com以外のアドレス使って」

神奈川県の公立高校入試のインターネット出願システムで、「@gmail.com」ドメインのアドレスにシステムからのメールが届かず、受験生が出願用アカウントを作成できない問題が起きている。

[岡田有花ITmedia]

 神奈川県教育委員会が2024年1月4日にリリースした、公立高校入試のインターネット出願システムで、「@gmail.com」ドメインのアドレスにシステムからのメールが届かず、受験生が出願用アカウントを作成できない問題が起きている。

 15日夜時点でも解消しておらず、県教委は受験生に対して、「@gmail.com以外のメールアドレスで登録してほしい」と呼び掛けている。

画像 教委のQ&Aより
画像 システムの解説PDFより

 このシステムは、公立高校の2月入試に出願する受験生などが利用する。中学校で受け取った書類に書かれたURLから出願サイトにアクセスし、メールアドレスなどを登録して「志願者アカウント」を作成すると、出願サイトへのログインに必要な「登録番号」がメールで届く、という流れだ。

 だが、登録したメールアドレスが「@gmail.com」の場合、登録番号入りのメールが届かない不具合が起きているという。

 新システムによる出願は1月4日に受付スタート。教委は受験生に対して、出願が始まる24日までに「志願者アカウント」を作成するよう呼び掛けてきた。だが、この問題が10日までに発覚。対応を急いでいるが、15日夜時点でも解消していない。

 教委は受験生に対して、@gmail.com以外のメールアドレスを使うよう呼び掛けており、Gmailアドレスしか持っていない場合は、改めて取得して登録するよう求めている。

 システムについての最新状況は、神奈川県のWebサイトで発信している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.