ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中国」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中国」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「木村拓哉の娘だ」「マジか」 Koki, 中国のオーディション番組にゲストとして登場 スタンディングオベーションで熱烈歓迎
中国で圧倒的人気を誇るKoki,さん。(2021/3/5)

花澤香菜、「恋愛サーキュレーション」神前暁と再タッグで新曲 中国版ZOZOTOWNとのコラボソング
これまでのシングル、アルバムもサブスク解禁へ。(2021/3/4)

出力600W超の太陽光パネル、中国トリナが2021年夏から受注開始へ
中国の大手パネルメーカーであるトリナ・ソーラーは、「PV EXPO 2021」(「スマートエネルギーWeek 2021」内、2021年3月3〜5日、東京ビッグサイト)に出展し、最大出力660Wの太陽光パネル新製品を披露した。(2021/3/4)

リアルタイムOS列伝(8):
日本で話題にならない中国発のRTOS「RT-Thread」がじわじわと勢力拡大中
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第8回は、日本以外でじわじわと人気が出始めているRTOS「RT-Thread」を取り上げる。(2021/3/4)

美しすぎる“彫刻リップ”で話題の中国コスメ「花西子」が日本上陸 Amazonで先行販売を実施中
繊細なヴィジュアルがSNSで話題に。(2021/3/3)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
Clubhouseに関わるAgoraとZoom、2人の中国系創業者の意外な接点
ブームは一段落したが、現在も順調にユーザー数を伸ばす音声SNS「Clubhouse」。当初は、海外SNSを制限する中国でもアクセスできたため、関係者が試し、論評し、模倣する結果となっている。またアプリの音声技術を提供する中国企業「Agora(声網)」と、Zoomの創業者の意外な接点も見えてきた。(2021/2/25)

EV競争、日本に脱落リスク 欧米勢はEVシフト、異業種も参入
自動車メーカーの電動化をめぐる競争が激化している。EVは欧米や中国勢が注力する他、米Appleなど異業種の参入の動きも出てくるなど、期待が急上昇している。日本勢はEVでは後れを取っており、このままでは競争から脱落するリスクも懸念される。(2021/2/24)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
香港でも人気の格安5Gスマホ「Redmi Note 9T」 中国ではカメラ機能に違いが
スマートフォンの低価格化を5G端末にも広げているXiaomi。日本でも税別で2万円を切る「Redmi Note 9T」を発表しました。筆者の居住する香港では1599香港ドル、約2万1000円で売られており売れ行きは好調です。(2021/2/24)

タイムアウト東京のオススメ:
町中華の気軽さで味わえるカウンターのみの名店、Chinese Restaurant 漢
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/2/24)

Huaweiの三代目折りたたみスマホ「Mate X2」は谷折り式でハイエンドカメラ搭載
Huaweiが折りたたみスマートフォン「Mate X」シリーズの三代目、「Mate X2」を発表した。これまでの山折りではなく、Galaxy Foldシリーズと同じ谷折り式を採用。中国で1万7999中国元(約29万3000円)からで発売する。(2021/2/23)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「Galaxy A32 5G」は先進国の“5Gスマホ価格破壊”を起こす
サムスン電子のミッドレンジスマートフォン「Galaxy A32 5G」が、日本でも発売されます。香港での価格は2698香港ドル、約3万6700円。大手メーカーのサムスンがこの価格帯に製品を投入したことことから、先進国各国でも5Gスマートフォンの低価格化が一気に進みそうです。(2021/2/22)

脱落リスク:
欧米勢はEVシフト 日本勢はどうする?
世界各国の政府が脱炭素化にかじを切るなか、自動車メーカーの電動化をめぐる競争が激化している。特に電気自動車(EV)は欧米や中国勢が注力するほか、アップルなど異業種の参入の動きも出てくるなど、電動車の主役として期待が急上昇している。(2021/2/22)

「お金に人生をコントロールされている」日本は国際比較で最多 フィデリティ調査
フィデリティ投信はお金の面での幸福度を評価する国際調査結果を発表した。それによると、日本人の7割超が「経済的な安定が幸せ」だと回答し、これは国際比較で最高値だった。英国、ドイツ、カナダ、中国では、過半数が「幸せは経済状況に左右されない」と答えている。(2021/2/19)

お家で中華蒸しパンを作ったら最高だった漫画 ホカホカのマントウに厚切りの焼豚をIN→メタメタにおいしい!
おいしさが約束されている。(2021/2/18)

アンディ・ルービン氏の「Essential」知財、謎の新企業Nothingが購入
中国スマートフォン大手のOnePlusを昨秋退社した共同創業者、カール・ペイ氏の新興企業Nothingが、“Androidの父”アンディ・ルービン氏が創業し、ハイエンド端末1モデルを発売しただけで閉鎖したEssential Productsの知財を買収していたことが分かった。(2021/2/16)

福田昭のストレージ通信(178) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(5):
中国の3D NANDフラッシュメーカー「YMTC」の現状
今回は、中国の3D NANDフラッシュベンチャーであるYMTC(Yangtze Memory Technologies Co., Ltd.)の現状に関する講演部分を紹介する。(2021/2/15)

存在感増す中国ByteDance 統制強化で大手牽制、IT市場に変化
中国IT業界で、ByteDanceの存在感が増している。中国政府が独占禁止法の強化でTencent、Baidu、Alibabaなどの巨大企業に制限を掛けようとしている中、ByteDanceはTencentに対して訴訟を起こすなど働きかけている。(2021/2/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界から非難されるミャンマー 日本企業は“ビジネスの危機”を乗り越えられるのか
ミャンマーで軍によるクーデターが発生。米国が経済制裁を強化する可能性もあり、現地に進出する多くの日本企業のビジネスが制限されることに。そして中国の存在感も強まる。この状況を救えるのは、ミャンマーとつながりを築いてきた日本政府だ。(2021/2/11)

五輪公式Twitterのヘッダ画像が東京五輪 → 北京五輪に変わっているとネットざわつく IOC「北京五輪まであと1年にちなんだもの」
ネット上では「中止確定か」といった臆測も。(2021/2/10)

中国政府が米EV大手Teslaを指導 異常加速や電池発火指摘
中国政府が、米Teslaの中国法人に対し、異常加速や電池の発火、ソフトウェア更新システムなどに関する問題があるとして行政指導を行った。Teslaは米中対立の最中でも中国販売を伸ばしてきたが、当局の指導が事業にどう影響するか注視される。(2021/2/10)

整形失敗で鼻先が壊死した中国女優「美を求めるのは自然なこと」 「愚かな女」「自分の責任」など心ないコメントに反論
整形トラブルが頻発する現状を危惧。(2021/2/9)

Clubhouse、中国で利用できなくなる 当局が規制か
音声SNS「Clubhouse」が中国で利用できなくなったようだ。当局による規制が入ったとみられる。(2021/2/9)

Xiaomi、「Mi 11」を欧州で発売 749ユーロ(約9万5000円)から
Xiaomiが1月に中国で先行発売した新フラグシップ「Mi 11」のグローバルリリースを発表した。価格は749ユーロ(約9万5000円)から。「Snapdragon 888」を搭載し、指紋認証センサーでは心拍数も計測できる。(2021/2/9)

SBG孫社長、失踪報道のジャック・マー氏とは「個人的な趣味の話をしている」
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は、失踪報道のある中国Alibaba創業者のジャック・マー氏と連絡を取り続けていることを明かした。(2021/2/8)

Minisforum、Ryzen APUを採用したミニPC「UM270」を正式発表 Makuakeで提供開始
中国BESSTAR TECHは、Minisforumブランド製のRyzen APU搭載ミニデスクトップPC「UM270」の販売を開始した。(2021/2/5)

デザインが光るハイエンドゲーミングマウス Mad Catzの「R.A.T. PRO X3 Supreme Edition」を試す
香港Mad Catz(マッドキャッツ)のハイエンドゲーミングマウス「R.A.T. PRO X3 Supreme Edition」は、実売価格は税込みで3万円だ。「ねずみ年記念モデル」の実力はいかほどのものか、実際に使って検証してみよう。(2021/2/5)

製造マネジメントニュース:
北米や中国以外も新車販売が回復、マツダも通期見通しを上方修正
マツダは2021年2月4日、2021年3月期第3四半期(2020年4〜12月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比23.3%減の1兆9594億円、営業損益が320億円の損失、当期純損益は782億円の損失だった。当期の営業損益は前年同期から643億円減少したが、2020年10〜12月期の3カ月間としては209億円の営業黒字を確保した。(2021/2/5)

勢いづく米Tesla “走るスマホ”で黒字転換 先行きに不安も 
EV専業の米Teslaが創業以来初の黒字転換に成功した。米中対立の最中でも中国販売を伸ばすなど勢いづく。ただ近年の業績は本業以外での収益でかさ上げされている他、大規模リコールの実施や他社のEV強化も予想され、先行きには不安も残る。(2021/2/4)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
フィンテック「金縛り」のアリババ、市場予想を上回る決算発表 〜今後はローエンド市場を強化
アリババグループは2月2日、2020年第3四半期決算を発表した。中国当局の監視が厳しくなる中、売上高は前年同期比37%増の約3兆5600億円、純利益は同52%増の約1兆2800億円と、市場予想を上回るものとなった。今後は、コロナ禍の消費変化に対応する新事業やのローエンド市場を強化する方針を強調した。(2021/2/4)

「レビン」が復活している!? 「IZOA」って何だ? 見たことあるようで見たことない「中国向けトヨタ車」の世界
レビンは今なお健在です、中国で。(2021/2/3)

Xiaomi、5G・FeliCa対応で2万円のスマホ「Redmi note 9T」 ソフトバンク独占
中国Xiaomiが、5Gスマートフォン「Redmi note 9T 5G」を日本で提供すると発表。Xiaomiのスマホで初めてFeliCaを搭載した。価格は1万9637円で、2月下旬からソフトバンクが独占販売する。(2021/2/2)

パナソニックの太陽電池生産終了 国内各社に逆風 システム開発で活路
パナソニックが太陽電池の生産から撤退する。2017年に太陽電池事業が赤字転落。20年に米Teslaとの太陽電池生産の協業を解消し、工場売却案も頓挫した。関係者は「シェアを拡大してきた中国メーカーの勢いを止められなかった」と振り返る。(2021/2/2)

スピン経済の歩き方:
「納豆」はキムチの牙城を崩せるか “日本食”が脅威にさらされているワケ
「免疫力アップ食品」としてキムチが世界で注目されている。同じく発酵食品の「納豆」はどうか。納豆を世界に向けて“日本文化”として広めていくためには、強かな戦略が必要だ。そうでないと、韓国や中国に「起源」として主張されてしまう恐れもある。(2021/2/2)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが太陽電池生産を終息、中国GSソーラーとの破談から半年で決定
パナソニック ライフソリューションズ(LS)社がマレーシア工場と島根工場における太陽電池の生産を2021年度中に終息すると発表。これにより太陽電池の生産から撤退し、これまで進めてきた事業構造改革を完了させる。なお、国内外で太陽電池の販売は継続するという。(2021/2/2)

Chromebook出荷、10〜12月期は前年同期比約4倍、Lenovoが躍進──Canalys調べ
調査会社Canalysによると、2020年10〜12月期のChromebookの世界での出荷台数は前年同期比287%増の1120万台だった。メーカー別では、中国Lenovoが1766%増と好調だった。(2021/2/1)

パナソニックの太陽電池生産終了 国内各社に逆風 システム開発で活路
価格競争力を高めてきた中国などの海外メーカーに押され、かつて世界シェア上位にいた国内勢が厳しい環境に置かれている。(2021/2/1)

まさかの異世界冒険モノ? 『ちびまる子ちゃん』が中国で3DCGアニメ映画に「ファンタジーあふれる新たな世界へ」
どんな作品になるんだ。(2021/1/30)

中国MINISFORUM、モバイルRyzen搭載のミニデスクトップPC計2製品
リンクスインターナショナルは、中国MINISFORUMブランド製となるミニデスクトップPC計2製品の取り扱いを開始する。(2021/1/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
2万円台の5Gスマホ「Mi 10T Lite」が香港で売れまくっている
香港でも5Gサービスが始まり、大手メーカーから出てくるスマートフォンの主力モデルは5Gばかりとなりました。Xiaomiが11月から販売している「Mi 10T」シリーズは3モデルが全て5Gに対応。最上位モデル「Mi 10T Pro 5G」はSnapdragon 865に1億画素カメラを搭載しつつ、5万円台の価格で人気です。(2021/1/29)

製造マネジメントニュース:
オムロンは売上総利益率が過去最高へ、ロボットとの統合制御機器で成長加速
オムロンは2021年1月27日、2021年3月期(2020年度)第3四半期の業績を発表するとともに、業績に大きく貢献する制御機器事業とヘルスケア事業の方向性について説明を行った。中国市場の期待以上の需要増とともに、制御機器事業のソリューションビジネス化、ヘルスケア事業の血圧計需要の増加などの好影響から、2020年度第3四半期(2020年4〜12月)は増益を実現し、通期見通しも上方修正を行っている。(2021/1/29)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国の春節は「Not Go To トラベル」〜帰省させず特典配布
昨春に新型コロナウイルスをほぼ収束させた中国で、再び感染者が増えている。中国政府は「民族大移動」とされる春節の帰省による感染拡大を危惧し、「Not Go To トラベル」キャンペーンともいえる、さまざまな支援を提供するという。「帰省しないで居住地にとどまる人」へどんな支援があるのだろうか。(2021/1/28)

Lenovo傘下入りから1000日 富士通クライアントコンピューティングの新展開は?
1月25日、富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が中国Lenovo、富士通、日本政策投資銀行の3社合弁体制に移行してから1000日目を迎えた。その記念式典の発表内容から、注目すべき項目をピックアップしてお伝えする。(2021/1/26)

福田昭のストレージ通信(173) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(2):
中国の半導体自給率向上を阻む米中貿易摩擦
「FMS 2020」から、Jim Handy氏の講演内容を紹介するシリーズの2回目。今回は、中国の半導体市場と米中貿易摩擦について報告する。(2021/1/26)

Quintokuta、144Hz駆動に対応した15.6型モバイル液晶ディスプレイ
リンクスインターナショナルは、中国Quintokutaブランド製の15.6型モバイル液晶ディスプレイ「3Y156」の取り扱いを発表した。(2021/1/22)

JKがハマる「チャイボーグ」 トレンド牽引、中国製の化粧品
 もう十数年前のことになるが、北京で中国中央テレビの番組に出演したことがある。ラジオ番組のMCが一堂に会して、自分たちの番組紹介をするという特別番組だった。(ノンフィクション作家・青樹明子)(2021/1/22)

CHUWI、3Kディスプレイ搭載で269ドルのエントリー13.3型ノートPC
中国CHUWI INNOVATIONは、高解像度13.3型液晶ディスプレイを搭載したCeleron搭載エントリーノートPC「HeroBook Pro+」の販売を開始した。(2021/1/21)

売上高1兆円を目指す:
香港1号店は「3日で桃10トン」 “日本産”を売りまくる海外版ドンキの正体
ドン・キホーテを運営するPPIHは海外事業を強化。アジアや北米の店舗数を増やしている。日本産の農畜水産物の輸出を促進する会員制組織も設立し、勢いが止まらない。(2021/1/21)

中国マーケティングの「壁」を乗り越える【第3回】:
「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラットフォームにおける適材適所の施策が欠かせない。中国SNSの最新状況をまとめた。(2021/1/20)

約40万台の電動自転車が空き地に放置 ユーザーから“借金”も 中国シェアサイクルのトンデモ事情
コロナ禍以降、中国の都市では電動自転車のシェアリングサービスが急拡大。数多く街を走っている。だが車両が増えすぎた影響で管理がずさんになり、中国湖南省の省都・長沙では、約40万台が空き地に放置されているという。こうした中国シェアサイクルの実情を、現地の事情に詳しいジャーナリストの山谷剛史氏がレポートする。(2021/1/20)

Xiaomi、「われわれは“共産主義中国の軍事企業”ではない」と声明
トランプ米大統領に「共産主義中国の軍事企業」リストに追加されたXiaomiが、「われわれは共産主義中国の軍事企業ではな」く、「適切な措置をとる」という声明を発表した。(2021/1/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。