ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中国」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中国」に関する情報が集まったページです。

弾む焼豚 いつかの初恋オムライス:
中華料理屋の大阪王将で「オムライス」が売れている 販売目標の150%超
大阪王将で「オムライス」が売れている――。大阪王将が期間限定で発売している「弾む焼豚 いつかの初恋オムライス」が、コロナ禍にもかかわらず目標の150%という人気ぶりだ。(2020/10/23)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国デジタル人民元“最新事情”〜当面のライバルはアリペイとWeChat Pay
中国デジタル人民元の最新実証実験が、10月18日に終了した。デジタル通貨分野では他国に1年以上先行する中国が、いち早く舵を切ってきた動機は実は国内事情にある。ここでは世界のデジタル通貨事情とともに、中国の現状と構想を紹介したい。(2020/10/22)

スウェーデンも5GシステムでHuaweiとZTEを禁止
英国に続き、スウェーデンも5Gネットワーク展開での中国HuaweiおよびZTEの製品採用を禁止した。軍と安全保障局による安全性の評価に従ったもの。通信業者に対し、既存の製品の排除も求めている。(2020/10/21)

中国、個人情報保護法制定へ 対米念頭に対抗措置も定める
中国がインターネット上の個人情報の取り扱いを厳格化する「個人情報保護法」の制定へ作業を積極化させている。個人情報を取得する際は個人の承諾を得る必要があると定めた。個人情報を海外に不正に持ち出した場合は最高で約8億円の罰金を科す。(2020/10/21)

車載情報機器:
ヤマハの車載ブランドオーディオが2車種目の採用、新型「MG5」に搭載
ヤマハは2020年10月19日、上海汽車グループ傘下のブランド・MGが発売する新型車でヤマハブランドのスピーカーシステムが採用されたと発表した。搭載されるのは「MG5」の新モデルで、2020年11月に販売開始の予定だ。ヤマハは2020年の北京モーターショーにおいて、カーオーディオへの再参入を発表していた。(2020/10/20)

19分でスマホを100%充電 Xiaomi、80Wワイヤレス充電技術を発表
中国Xiaomi(シャオミ)がスマートフォンのバッテリーを80Wで充電するというワイヤレス充電技術「Mi」を発表した。4000mAhのバッテリーなら19分で100%充電できるとしている。(2020/10/19)

外務省、情報通信網刷新へ 中国企業を事実上排除 米国と足並み
外務省が、2022年度までに在外公館も含めた情報通信網を刷新する方針を固めた。通信の高速化や業務の効率化を図ると同時に、複雑化するサイバー攻撃への対応力を強化する狙いがある。米国と歩調を合わせ、中国企業の製品を事実上排除する。(2020/10/19)

中国「メイソウ」が米国市場に上場 「無印とユニクロとダイソーを足して3で割った」ようだと話題の雑貨店
いつの間にかめちゃくちゃ店舗が増えていた。(2020/10/16)

アルプスアルパイン UMCC1シリーズ:
中国向けセルラーV2Xオールインワンモジュール
アルプスアルパインは、セルラーV2Xオールインワンモジュール「UMCC1」シリーズを発表した。中国のGohigh Data Networks Technologyと共同開発したもので、中国市場で展開する。既に量産を開始し、2021年1月には月産20万個を予定している。(2020/10/16)

ウェザーニューズ、TikTokでライブ配信スタート
ウェザーニューズは同社が運営する天気専門メディア「ウェザーニュース」を中国ByteDanceの動画アプリ「TikTok」で配信すると発表した。(2020/10/15)

迫る中国の産業スパイ、取引先装いSNSで接触か
営業秘密にあたる技術情報を中国企業に漏えいしたとして、積水化学工業の男性元社員が書類送検された。警察関係者は「手口は多様化している。現実に即した対応を迅速に取らなければ、財産が流出し続けることになる」と警戒感を示している。(2020/10/15)

帝国データバンク調査:
2020年度上半期の飲食店倒産数392件、過去最多に――酒場、中華料理店など深刻
コロナ禍で飲食店の経営環境が悪化。2020年度上半期は392件で過去最多。このままでは年度でも最多更新する可能性が。(2020/10/14)

迫る中国の産業スパイ 取引先装いSNSで接触か
中国側がSNSを通じて接触を図った今回の事件は、日本の技術情報を狙う中国の脅威を改めてあぶり出した格好で、対策は急務だ。(2020/10/14)

KAMIYAMA Reports:
投資からみた米中関係:現状維持予想
米中の対立は、今後おおむね現状で推移するだろう。一言でいえば、今後、中国と米国の貿易・安全保障における対立が(舌戦などではなく幅広い輸出入制限となって)ますます激化し、両国経済が苦境に陥る可能性は非常に低いとみている。米中の相互依存が緩やかに低下することは、日本やその他の国の企業のチャンスを増やすかもしれない。(2020/10/10)

山根康宏の中国携帯最新事情:
フォルダブルの次は「ローラブル」 5G普及を後押しする大画面スマホを中国メーカーが開発中
Samsungが発表した折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold2」によって、フォルダブル端末が再び注目を集めている。Samsungに追い付こうと中国メーカーも新しい製品の開発に余念がない。Royoleが折りたたみスマホ「Flex Pai」の後継機を発表した。(2020/10/8)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
6億人が旅行の中国「国慶節連休」、それでも売れる「巣籠もり家電」
中国で「国慶節」の8連休が10月1日に始まった。昨年の同連休では、旅行者数がのべ7億8200人、国内観光収入が6497億1000万元(約10兆円)だったが、コロナ後初となる今回の大型連休で、旅行と消費の動向が注目される。また家電セールも好調だ。(2020/10/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
ビザ審査厳格化でも不十分な「中国スパイ対策」 日本の未来を揺るがす“経済安全保障”の大問題
政府が留学生などのビザ審査を厳格化する方針だと報じられた。中国などへの技術の流出が懸念されているからだ。日本の「経済安全保障」にとっては重要な動きだが、今回の対策では心もとない。日本では米国のような厳格な取り締まりができない。本気の対策が求められる。(2020/10/8)

自動車メーカー生産動向:
新型コロナからの回復は一進一退、日系乗用車8社の生産実績
日系乗用車メーカー8社の2020年8月のグローバル生産実績は、6社が7月より減少幅を改善した。スズキとSUBARU(スバル)の2社が前年比でプラスとなるなど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響から着々と回復していることが分かる。ただ、北米や中国では増加幅が減少するなど、急速に進んでいた回復に多少の一服感がみられる結果となった。(2020/10/8)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
中国でXiaomi「Mi 10 Lite 5G」の兄弟機が登場 何が違う?
auの「Mi 10 Lite 5G」は、Xiaomi初の日本向け5Gスマートフォンです。Xiaomiの本国である中国ではMi 10 Lite 5Gは販売されていません。その代わりに出ているのが「Mi 10 青春版 5G」です。これら2つのモデルは本体サイズが同等で、見た目もほとんど変わりません。(2020/10/7)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
透明ボディーの中でファンが回る ゲーミングスマホ「Red Magic 5G透明版」が楽しい
Nubiaが7月1日に「Red Magic 5」の販売を開始、9月3日には冷却効果を高めた「Red Magic 5S」も投入しました。中国ではボディーを透明にしたTransparent(透明)モデルも販売されています。ファンが回るRed Magicだからこそ、透けて見えるデザインがより似合うと思います。(2020/10/5)

スノボ竹内智香選手、現役復帰で卵子凍結に踏み切る 北京五輪に向け「できる準備を全て行い競技の世界に戻りました」
2020年8月1日に現役復帰していた竹内選手。(2020/10/1)

トレンドの中国メイクが楽しめるアイシャドウパレットに要注目!  Qoo10コスメランキング(9月21日〜27日)
9月21日〜27日のベスト3は?(2020/10/1)

「原神」、iOS版でクリップボードの内容を読み取る不具合 「テスト版の機能が削除できていなかった」
中国miHoYoが、オンラインゲーム「原神」のiOS版でクリップボードの内容を自動的に読み取る不具合を確認。テスト版で搭載していた機能を削除できていなかったという。(2020/10/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
止まらない中国排除 米国の次のターゲット、鍵を握る「クラウド」企業
米国のさらなる中国企業排除が注目されている。米政府の「クリーンネットワーク計画」では5つの分野で情報を守ろうとしているが、特に中心となるのが「クラウド」。中国のクラウドサービスが次のターゲットとなる可能性があり、日本もまた振り回されそうだ。(2020/10/1)

ホロライブ所属VTuberの“不適切言動”問題、中国向けの発表は「強く言及しないと解決が難しかったから」
VTuber「桐生ココ」「赤井はあと」の“不適切な言動”を巡る問題で、VTuber事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーが、同社の対応について「日本と中国で説明に齟齬があり、混乱を招いた」として謝罪した。(2020/9/30)

ミスドに「THE四川スペシャル」な飲茶&パイがやってくる 陳建一と共同開発
10月2日発売!(2020/9/29)

「原神」、ゲーム終了後は不正防止プログラムが停止する仕様に 開発元はスパイウェア疑惑を否定
中国miHoYoが、新作ゲーム「原神」PC版のアンチチートプログラムを、ゲームの終了後やアンインストール後に停止する仕様に変更した。当初は停止後も動き続ける仕様で、Twitterなどで「スパイウェアではないのか」と疑う声が出ていた。同社はこの疑惑を否定している。(2020/9/29)

ロイターが報道:
米政府がSMICへの輸出を制限か
ロイター通信などの報道によると、米国政府は中国のファウンドリーであるSMIC(Semiconductor Manufacturing International Corp.)に対し、同社に供給された機器が軍事目的で使用される危険性があるとの結論に達したとして、輸出を制限したという。(2020/9/29)

北京モーターショー2020:
ヤマハはカーオーディオに再参入、北京モーターショーに日系各社が出展
2020年の北京モーターショー(第16回北京国際汽車展覧会、プレスデー:9月26日〜27日、トレードデー:9月28日〜29日、一般公開日:9月30日〜10月5日)が開幕した。日系企業も現地でコンセプトモデルを発表するなど情報を発信している。(2020/9/29)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(31):
岸和田ハリケーンズ vs ボストン・レッドソックス ―― CMMIの落とし穴(その2)
CMMIは、ソフトウェアを開発する会社が、どの程度きちんと開発できる能力があるかを示す「通信簿」。このCMMIの最高評価であるレベル5の認定を受けたソフトウェア開発会社はインドや中国にたくさんあります。そんな会社は本当にスゴイのか? そんな会社にオフショア開発を発注すると完璧にこなしてくれるのか? そんな疑問に答えつつ、そもそもCMMIとは何か、どこに落とし穴があるかを解説し、CMMIとうまく付き合う方法を書いていきます。(2020/9/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
小型だけど表示エリアが広い 縦長ディスプレイ搭載の「Qin 2」を試す
Xiaomi系列の多親科技が中国で販売している「Qin 2」は、Rakuten Miniとあまり変わらぬ横幅サイズながら、縦長のディスプレイを採用。Qin 2のサイズは55.4(幅)×132.6(高さ)×8.6(奥行き)mm。子どもでも持てそうなサイズながらも表示エリアが広いのです。(2020/9/28)

北京モーターショー、米中対立でシェア低迷の米系も巻き返しへ新型EV投入
 【北京=三塚聖平】新型コロナウイルスによる影響からの回復が続く中国自動車市場で、米系メーカーのシェアが低迷を続けている。米中対立の長期化を受け、ユーザー離れが起きているためとみられる。中国で開催中の「北京国際モーターショー」では、成長が見込まれる電気自動車(EV)をフォード・モーターが発表するなど巻き返しに向けた動きを見せた。(2020/9/28)

米政府、中国最大の半導体企業SMICへの輸出に規制──Reuters報道
米商務省が中国半導体受託生産最大手のSMICへの米粉k企業からの輸出を規制するとReutersなどが報じた。輸出の際、商務省への許可申請が必要になる。SMICだけでなく、同社から供給を受けている中国Huaweiにとっても大きな打撃になりそうだ。(2020/9/28)

2ドアSUVスタイル ホンダ、新型EVコンセプトカー「Honda SUV e:concept」発表 北京モーターショーで初披露
スタイリッシュでカッコイイ。(2020/9/27)

中国の通販サイトでスーパーカーを激安購入→届いたものがこれ……!? 海外YouTuberのトホホな動画が人気
ちゃんと走るクルマが届いただけマシかも……?(2020/9/26)

韓国Samsung「脱中国」で飛躍 世界市場でHuawei代役に
韓国Samsung電子が、中国市場からの撤退を進めている。販売不振や人件費高騰が理由だが、米国を意識した動きとも受け取れる。5G基地局の分野でのHuawei排除に便乗し、代役としてシェアを広げるとの見方もある。(2020/9/25)

Appleの忘れ物防止タグ「AirTag」生産は中国Luxshareが独占?
Apple製品の生産でFoxconnのライバルとして急速にのし上がってきた企業、LuxshareはAirTag製造を独占するという。(2020/9/25)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
世界初の“カラー電子ペーパースマホ”2機種の発色はどんな感じ?
中国のHisense(ハイセンス)は世界初のカラー電子ペーパー搭載スマートフォンを販売しています。5.84型4096色表示可能なカラー電子ペーパーは、カラーで描かれた電子コミックや電子絵本の表示に適しています。Hisenseはこのカラー電子ペーパースマートフォンを2機種扱っています。画質はどれほどなのでしょうか(2020/9/24)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
バイトダンスとオラクルの説明にズレ〜 TikTokは米中どちらの企業なのか
中国バイトダンスのショート動画アプリ「TikTok」と、米オラクル、米ウォルマートとの技術提携案が今月19日、トランプ大統領の「原則承認」を受けた。しかし、バイトダンス、米企業2社の発表文のニュアンスにずれが生じており、TikTok新会社の立ち位置を巡り、憶測や波乱の芽を生んでいる。(2020/9/24)

KOLを通じて熱量の高いユーザーとつながる:
中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、アライドアーキテクツ クロスボーダーカンパニー長でVstar Japan代表取締役の番匠達也氏が語った。(2020/9/22)

米商務省、「TikTok」を9月20日にアプリストアから削除し、交渉がまとまらなければ11月12日に完全停止
米商務省が、大統領令に沿って中国製アプリ「TikTok」を9月20日に米国のアプリストアからのダウンロードを禁止し、TikTok運営に関する交渉が11月12日までにまとまらなければ完全にサービスを停止させると発表した。中国製アプリ「WeChat」は9月20日に使えなくなる。(2020/9/19)

日本を含む世界各国の企業や政府機関に侵入:
日本企業など100社以上に不正侵入 米当局が中国系サイバースパイ関連の7人を起訴
日本を含む世界で100社以上の企業が被害に遭っていたとされ、一連の攻撃には中国のサイバースパイ集団「APT41」の関与が指摘された。(2020/9/17)

Huawei禁輸強化、日本企業への影響不可避 商機との見方も
トランプ米政権が施行した中国Huaweiへの半導体輸出規制は、同社に製品を納める日本企業への影響も少なくない。一方5G基地局の生産では、海外シェア拡大を狙うNECや富士通などにとって商機になるとの見方も出ている。(2020/9/17)

米、Huawei向け半導体禁輸を強化 スマホ生産に打撃
トランプ米政権が中国Huaweiへの半導体輸出を全面的に禁じる新規制を施行した。Huaweiはスマートフォンなどに使う半導体が入手できず大きな打撃を受ける可能性が高い。中国は米国に対抗措置も辞さない考えを示しており、両国の出方に注目が集まる。(2020/9/16)

F5やExchange Serverの脆弱性を悪用か:
米当局、中国国家安全局が関与するサイバー攻撃に注意喚起
過去1年で頻繁に悪用されていたのは、F5 NetworksやCitrix、Pulse Secure、Microsoftなどの脆弱性だった。(2020/9/15)

米紙が報道:
TikTok米国事業、買収先はオラクルに? マイクロソフトは断念
米マイクロソフトが、中国バイトダンスからTikTok米国事業をマイクロソフトへは売却しないという報告を受けたと発表した。米国では、米オラクルが買収する見通しだとも報じられている。(2020/9/14)

パンダ飼育の歴史の集大成! 上野動物園の新施設「パンダのもり」に行ってきた
9月8日にオープンした「パンダのもり」。故郷・中国の四川省がモデルで、名称にはパンダが住む「森」とパンダを守る「守」の2つの意味があります。(2020/9/13)

在英中国大使がポルノや反中国的な投稿に「いいね」 大使館側が攻撃を受けたとしてTwitterに調査要請
大使による操作ではないと表明。(2020/9/11)

Microsoft 米大統領選挙介入を狙うサイバー攻撃を検出 ロシア、中国、イランの組織が関与
同様の攻撃は米国に限らず世界各国で発生していると、Microsoftは警鐘を鳴らしている。(2020/9/11)

米大統領選にロシア、中国、イランから多数の攻撃ありとMicrosoftが警告
米大統領選に関連する組織へのロシア、中国、イランからの攻撃が続いているとMicrosoftが報告した。2016年の選挙結果に影響を与えたとするStrontiumは攻撃力を強化したとしている。(2020/9/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。