ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中国」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中国」に関する情報が集まったページです。

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
独り勝ちのNVIDIA、中国の対米規制: 2024年上半期の半導体業界を振り返る ―― 電子版2024年7月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2024年7月号を発行しました。今号のEE Exclusive(電子版限定先行公開記事)は、『独り勝ちのNVIDIA、中国の対米規制: 2024年上半期の半導体業界を振り返る』です。(2024/7/17)

Apple、「HomePod mini」に新色「ミッドナイト」追加 実はスペースグレイとの違いアリ
米Appleは7月15日(現地時間)に「HomePod mini」の新色として、「ミッドナイト」を発表した。価格は1万4800円(税込み)。販売国は日本、米国、カナダ、中国本土、シンガポールなどとなっている。日本では18日に発送が始まる予定だ。(2024/7/16)

「買ったマンションは完成するのか」 問題物件の「ババ抜き」状態に陥る中国不動産不況
中国国家統計局が15日発表した2024年4〜6月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比4.7%増で、市場予測や中国政府の通年目標「5%前後」を下回った。長期化している不動産市場の悪化が足を引っ張っており、中国当局が対策を進めても本格的な反転上昇の兆しが見えない。(2024/7/16)

大山聡の業界スコープ(78):
稼働している!? 中国へ大量出荷された半導体製造装置の謎
このところ中国に向けて半導体製造装置が大量に出荷されている。一方で、中国産の半導体デバイスの流通量が増えている様子がない。どういうことなのだろうか。(2024/7/17)

セキュリティニュースアラート:
親ロシア派の脅威アクターが国際的スポーツイベントを妨害? 流行する攻撃とは
ウィズセキュアは大規模な国際的スポーツイベントにおけるサイバー攻撃の増加を警告する評価レポートを発表した。ロシアや中国、イラン、北朝鮮の国家ハッカーたちがこのイベントに乗じた攻撃を仕掛ける可能性があり注意が必要だ。(2024/7/16)

リサイクルニュース:
「トレーtoトレー」および「ボトルto透明容器」の水平リサイクルで協働を開始
エフピコとリテールパートナーズは、中国地区、九州地区に展開するスーパー274店舗を対象に、「トレーtoトレー」および「ボトルto透明容器」の水平リサイクルを推進するための協働を開始した。(2024/7/16)

妹と上海で撮影した2ショット 10代のころにも同じ場所で撮影して……「とても素敵」「人の成長を見るのは楽しい」
仲良しな姉妹。(2024/7/13)

Ponta、中国ECサイト「Temu」と提携 買い物でポイント付与
ポイントサービス「Ponta」を手掛けるロイヤリティ マーケティングが、中国発ECサイト「Temu」(テム)との提携を発表した。Pontaの特設ページを経由してTemuで購入した場合にPontaポイントをためられるようにする他、キャンペーンも開始。初めての利用は期間限定でポイント還元率を上げる。(2024/7/12)

NXPとVISはシンガポールに300mmウエハー工場建設:
中国か、中国以外か サプライチェーンの二分化が進む
半導体サプライチェーンは現在、地政学的理由やパンデミックの教訓から、地理的な多様化が加速し続けている。専門家は、その結果として世界の半導体サプライチェーンが主に「中国国内」「中国以外」の2つに分かれたと分析している。(2024/7/12)

福田昭のデバイス通信(466)ECTC現地レポート(4):
日本の20倍もの学生が毎年卒業する中国の大学教育
「ECTC 2024」のプレナリーセッションの最終日(2024年5月31日)には、半導体業界の人材育成に関するパネル討論が行われた。その中から中国Central South University(中南大学)と米国Texas Instrumentsの講演を紹介する。(2024/7/12)

電動化:
中国自動車メーカーの成長続く、垂直統合や長時間残業が強みに
アリックスパートナーズは自動車業界の展望レポートの最新版を発表した。(2024/7/11)

「カチューシャかわいすぎ」乃木坂46中村麗乃、香港ディズニーショット公開 カチューシャ姿にファン歓喜 「かわいすぎなのはあなた」「横顔が綺麗」
ファン「りりれのは至高」(2024/7/10)

防災:
中国地方5県での連携を視野に、都道府県をまたいだ「総合防災情報システム」の構築支援
EYストラテジー・アンド・コンサルティングが、都道府県をまたいだ「総合防災情報システム」の構築を支援していると発表した。(2024/7/10)

湯之上隆のナノフォーカス(74):
半導体製造装置でも躍進する中国 日本はシェア低下を止められるのか
半導体製造の前工程において、日本の半導体製造装置メーカーのシェア低下が止まらない。代わって躍進しているのが中国メーカーである。今回は、半導体製造装置のシェアの推移を分析し、中国勢が成長する背景を探る。(2024/7/10)

エレクトロニクス製造:
PR:日本を第3の製造拠点に世界トップのエッジコンピューティングプロバイダーを目指す
産業用PCで世界シェアトップのアドバンテックは、日本を台湾、中国に次ぐ第3の製造拠点に位置付け、世界トップのエッジコンピューティングプロバイダーを目指して事業を展開している。今や日本の製造業となったアドバンテックの取り組みを紹介する。(2024/7/10)

Social Media Today:
Googleが検知した中国のネット工作活動は2024年第1四半期だけで1万件 「Dragonbridge」の脅威とは?
Googleのレポートは、2024年の第1四半期における中国の影響活動の規模と範囲を明らかにするとともに、これらの活動が世界中の情報環境に与える影響について警鐘を鳴らしている。今後も、偽情報や影響力工作に対する監視と対応が求められるだろう。(2024/7/8)

2022年に本格参入:
7000万台を売った中国の電動二輪車「ヤディア」 日本でどう戦うのか
2001年に中国で誕生し、2017年から2022年までの6年連続で電動二輪車の販売台数ランキングで世界トップになったモビリティブランド「YADEA(ヤディア)」。2022年に日本に本格参入し、大手競合とどう戦うのか。(2024/7/8)

3Dモデル18体分無料配布 “原神”のmiHoYo新作ゲーム「ゼンレスゾーンゼロ」
原神」などを手掛ける中国miHoYoが7月4日にリリースした新作ゲーム「ZenlessZoneZero」(ゼンレスゾーンゼロ)。中国の大手動画サイト「bilibili」では、登場キャラクターの3Dモデルも無料配布している。(2024/7/6)

Amazfit製スマートウォッチで「GPT-4o」を統合した音声操作サービスが利用可能に
中国Zepp Healthは、Amazfitブランド製スマートウォッチのOSアップデートを発表した。(2024/7/5)

「これは悲しい」 華やかな香港のネオン街が5年後…… “衝撃の変化”に悲嘆の声 「俺の憧れが」「ここまで変わってるとは」
違う街みたい。(2024/7/7)

価格競争をどう乗り切るか:
協業か対抗か 中国とのEV競争で揺れる欧米
安価なEV(電気自動車)を発売する中国メーカーとの競争において、欧米は真逆のアプローチをとっている。自らの“生き残り戦略”として中国勢との共存を図る欧州に対し、米国は関税を100%に引き上げるなど強硬路線をとる。(2024/7/5)

クイズで学ぶ! モノづくりトレンド:
【クイズ】中国家電製品に押される国内メーカー、その理由は?
MONOistの記事からクイズを出題! モノづくり業界の知識を楽しく増やしていきましょう。(2024/7/4)

シャオミ、ペンを発売 「書き心地は良いが、タブレットとペアリングはできません」と公式
スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを手掛ける中国Xiaomiから、普通のペンが登場した。電気が通ってるわけでもなくBluetoothで接続できるわけでもない、ボールペンとジェルペンの2種類。公式ストアの他、楽天市場、渋谷PARCOに展開しているポップアップストアでも販売する。(2024/7/2)

中国「改正反スパイ法」施行1年 入国時の「スマホ検査」へ高まる懸念、当局の説明は不十分な点も
 中国でスパイ取り締まりを強化する改正反スパイ法が施行されてから1年となった。中国当局は国民に協力を呼び掛けて摘発を進めており、同日から個人のスマートフォンやパソコンを検査する権限を当局者に与えることを明確化した新規定も施行。海外で高まる懸念には「中傷」などと反発している。(2024/7/2)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(84):
最新ドローンを分解 半導体は「ほぼ中国製」
今回は、2024年に日本で発売されたドローン2機種を紹介する。すっかり身近になったドローンを分解すると、数多くの中国製半導体が使われていることが分かる。(2024/7/2)

工場ニュース:
横浜ゴムが中国に乗用車用タイヤの新工場を建設、生産能力は年産900万本でスタート
横浜ゴムは中国に乗用車用タイヤの新工場を建設する。投資額は19億6000万元(約367億円)で2026年第2四半期からの生産開始を予定している。(2024/7/2)

「UMPCが低スペックという概念を覆したい」──テックワンが3in1PC「ONEXPLAYER X1 mini」など国内販売
テックワンは6月27日に中国One-Netbookの3-in-1PC「ONEXPLAYER X1 mini 国内正規版」を取り扱うことを発表した。発表会にはOne-Netbook CEO Jack Wang氏も登場し、ものづくりを始めたきっかけなども語ってくれた。発表会とほぼ実機に近い開発機のハンズオンの模様をお伝えする。(2024/6/28)

トリドールHD、「肉のヤマ牛」を上海にオープン アジア展開を強化
「丸亀製麺」などを運営するトリドールホールディングス(東京都渋谷区)は6月27日、「肉のヤマ牛」の中国1号店を上海にオープンすると発表した。香港のポップアップ店が好調に推移したことから、中国への進出に至ったという。(2024/6/27)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
中国メーカーを知り尽くす野武士がパナソニックの白物家電を立て直す
生き馬の目を抜く中国市場で戦い抜いてきた“野武士”が厳しい状況にあるパナソニックの白物家電を立て直します。(2024/6/27)

組み込みイベントレポート:
中国メーカーが復活しx86は徐々に衰退――COMPUTEX TAIPEI 2024組み込みレポート
2024年6月4〜7日の4日間、「COMPUTEX TAIPEI 2024」が開催された。会期を前年の5日から4日に短縮したものの、来場者は大幅に増加し大盛況となった。生成AIに沸いた今回のCOMPUTEXだが、本稿ではいまいちその恩恵に預かれていない感もある組み込み関連の展示についてレポートする。(2024/6/27)

最高時速13km──中国人留学生が「電動スーツケース」で歩道走行 無免許運転疑いで初摘発
無免許で「電動スーツケース」に乗って歩道を走ったとして、大阪府警福島署が道交法違反(無免許運転)の疑いで、大阪市此花区に住む中国籍で留学生の30代女性を書類送検したことが6月26日、分かった。(2024/6/26)

「規格外」「これは試合にならん」 220センチの中国バスケ女子選手、とんでもないプレーを見せつけネット驚がく
デッカ!(2024/6/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「日高屋化」する幸楽苑 ラーメン店から町中華へのシフトで復活できるか
不調が続いた幸楽苑が、復調の兆しを見せている。2023年に復活した創業者の手腕が光っているといえるが、よく見ると「日高屋化」している様子もうかがえる。(2024/6/26)

打倒テスラ、中国BYDがスポーツセダンEVを日本投入 500万切る特別価格で攻勢
中国の電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)の日本法人が、EVのスポーツセダン「SEAL(シール)」の販売を開始したと発表した。日本市場に投入する3車種目のEVで、日本でのEV展開で先行した米てTeslaのセダン「モデル3」に対抗する位置づけになる。(2024/6/25)

中国スマホが“とある場所”で「消しゴムマジック」を使えないワケ 実際に検証してみた
Google Pixelの新機種が登場し、AIを用いた編集機能がテレビCMでアピールされるなど、注目を集めている。このような機能は他メーカーの機種でも利用できるが、実はメーカーによっては「編集できない」被写体がある。中国の“とある場所”で撮影した写真で試してみた。(2024/6/25)

中国の無人探査機が帰還 世界初、月裏側の試料持ち帰りに「成功」
中国の無人月面探査機「嫦娥(じょうが)6号」が6月25日、北部の内モンゴル自治区の予定地域に着陸した。中国国営新華社通信は、世界で初めて月の裏側で土壌などの試料(サンプル)の採取と持ち帰りという任務に「成功した」と伝えた。(2024/6/25)

エアコン納品は素早さの勝負 大手メーカーが生産「国内回帰」 円安や供給網混乱も影響
今夏の猛暑が予測される中、エアコン各社が国内の生産体制を強化している。これまで中国などで海外生産していたメーカーが、円安進行や半導体不足などのサプライチェーン(供給網)の混乱などを受け、生産の「国内回帰」を進めているのが特徴だ。(2024/6/21)

欧米/中国企業が続々:
マレーシアに「半導体の時代」が到来か
マレーシアは1960年代後半からアセンブリ/テストといった半導体後工程を担い、より高付加価値な前工程の設計業務への移行を長年模索してきた。とうとう今その時が来ていると言えそうだ。欧米や中国の半導体企業の製造拠点が続けてマレーシアに進出している。(2024/6/21)

空間ビデオが撮れて3.3万円から ARグラスとつなげて使う、スマホのような端末「XREAL Beam Pro」
ARグラスなどを手掛ける中国XREALは6月19日、スマートフォンのようなARコンピューティングデバイス「XREAL Beam Pro」を発表した。SIMカードスロットを備えていないデバイスで、2眼カメラによる3D空間撮影も可能。6月19日から予約販売を開始し、8月6日に随時発送予定。(2024/6/19)

Samsung/SK hynixが矢面に:
米国の対中「GAA/HBM」規制、実施なら韓国勢に打撃
米国による、中国に対する半導体輸出規制の次なる領域とみられるのが、最先端のGAA(Gate-All-Around)半導体製造技術だ。Bloombergの報道によると、米国が中国企業による同技術のアクセスを制限する措置を検討しているという。(2024/6/19)

SiCパワー半導体の長期供給契約も:
STと吉利汽車、「共同研究ラボ」設立などで合意
STマイクロエレクトロニクスと中国の吉利汽車は、「SiC(炭化ケイ素)パワー半導体の長期供給契約」と、「共同研究ラボの設立」で合意したと発表した。革新的な技術を共同で開発することにより、新エネルギー車(NEV)への移行を加速させる。(2024/6/17)

Microsoftのブラッド・スミス氏、中国による連邦政府へのサイバー攻撃について責任を認める
Microsoftの副会長兼プレジデントのブラッド・スミス氏は、米連邦議会の公聴会で、昨年7月に政府高官のExchangeのメールが中国のサイバー攻撃で侵入された件について、責任を認めた。「Recall」(回顧)機能をオプトインに変更したことについても言及した。(2024/6/14)

セキュリティニュースアラート:
Fortinetの脆弱性を悪用 中国が支援するサイバースパイ活動は「思っていたよりも広範囲」
オランダ国立サイバーセキュリティセンターは、中国当局が支援しているとみられる脅威アクターのサイバースパイ活動が、「これまで考えられていたよりも広範囲に影響を与えている」と警告した。具体的にどの程度の影響を及ぼしているのか。(2024/6/14)

「うちらが撮った写真やん」 中国の宇宙開発企業がインターステラテクノロジズ撮影の“地球の写真”を無断使用? 構図までそっくり
インターステラテクノロジズが成層圏から撮影した地球の写真を、中国の宇宙開発企業が無断使用した可能性がある。稲川貴大代表が、自身のXアカウントで指摘した。(2024/6/13)

“なみのりピカチュウ”が中華鍋の上でビッグウェーブに乗る!? ウソみたいな手作りフィギュアに「天才的で好き」
目が離せない職人ワザ。(2024/6/14)

日本語辞書を無許諾で提供していた中国サイト「Sora」閉鎖 CODA発表
コンテンツ海外流通促進機構は10日、日本で出版されている辞書のデータを無許諾で提供し、多くのアクセスを集めていた中国のWebサイト「Sora」が閉鎖されたと発表した。(2024/6/12)

3Dプリンタ活用最前線:
PR:属人化を解消するデジタルものづくり 〜無駄をなくし、開発・製造を加速する方法とは〜
中国をはじめとする新興国や欧米の勢いが増し、日本の製造業の存在感が薄れている。その根本的な原因はどこにあるのか? 世界とのギャップを埋めるにはどうしたらよいか? 3D CADや3Dプリンタを活用したデジタルものづくりに30年以上関わり、多くの製造業を支援し続けるSOLIZEにその打開策を聞いた。(2024/6/12)

Amazfit、高コスパを実現した実売1万円台のスマートウォッチ
中国Zepp Healthは、Amazfitブランド製となるエントリークラスモデルのスマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」を発表した。(2024/6/11)

製造マネジメント インタビュー:
シェア低下にあえぐパナソニックの白物家電、「引き算の商品企画」で中国勢に対抗
パナソニックグループで家電や空調設備、電材などの事業を展開するパナソニック CEOの品田正弘氏が報道陣による合同取材に応じた。足元で厳しい環境にある白物家電事業を中心にどのような取り組みを進めていくのかについて説明した。(2024/6/11)

「Apple Vision Pro」の日本上陸はもうすぐ? 6月中旬までに発売と著名アナリストが予測
香港の証券会社TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleは6月中旬までにイギリス、フランス、ドイツ、中国、日本、シンガポールなど、米国外の市場にApple Vision Proを出荷する予定だとする出荷調査情報をX(旧Twitter)に投稿した。(2024/6/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。