ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Ryzen」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ryzen」に関する情報が集まったページです。

古田雄介のアキバPick UP!:
激速ブートの夢へ――PCIe 4.0対応のM.2 SSD×4本挿しカードが登場
Windows 7終了の影響が広がっているアキバには、超高速なブート環境が構築できるPCIeカード「Hyper Quad M.2 Card」や、Ryzen Threadripper向けのROG STRIXマザーボードなど、ハイエンド構成が狙える新製品が多数登場した。(2020/1/21)

全米デビューのアイツが日本上陸:
液晶ディスプレイからサウンドが飛び出す「LAVIE Home All-in-One」登場
NECパーソナルコンピュータは1月21日、「LAVIE Home」シリーズのフラッグシップモデル「LAVIE Home All-in-One」を発表した。発売は2月13日で、価格は税別2万4800円〜となっている。(2020/1/21)

全米再デビューのアイツが日本でも:
4K有機ELにOptane H10搭載の15.6型ノートPC「LAVIE VEGA」発売、インタフェースはUSB Type-Cのみ
NECパーソナルコンピュータは1月21日、「LAVIE」シリーズのフラッグシップモデル「LAVIE VEGA」を発表した。発売は2月20日で、価格は税別20万4800円〜となっている。(2020/1/21)

古田雄介のアキバPick UP!:
Windows 7終了特需で伸びるSSD、しかし値上がりが進む
2019年から2020年に切り替わり、CPUの売れ筋にも変化が見られた。ホットスポットはハイエンドからミドルに移行している気配だ。また、メモリやSSDが値上がりとの情報も各所で聞かれるようになってきた。(2020/1/14)

CES 2020:
CPUとGPUの両方でライバルを“圧倒” AMDが新型「Ryzen」「Radeon」をアピール
「Ryzen」を始めとするCPUと、GPU「Radeon」の両方を開発しているAMD。CPUにはIntel、GPUにはNVIDIAという“きょうごう”がいるが、CES 2020の基調講演において、その両方で性能優位であることをアピールした。(2020/1/10)

CES 2020:
全機能をサポートするミドルレンジGPU 「Radeon RX 5600」シリーズの実力は?
AMDが、Radeon 5000シリーズのミドルレンジ向けGPUの新製品を4つ発表した。「CES 2020」の基調講演では、デスクトップPC向けの「Radeon RX 5700 XT」に焦点を当てた説明が行われた。その実力は、いかに?(2020/1/9)

CFD、Ryzen 5を標準搭載したミドルレンジ向けゲーミングPCを発売
シー・エフ・デー販売は、CPUとしてRyzen 5 3600を装備したミドルタワー型ゲーミングPCを発表した。(2020/1/9)

8コア16スレッドで競合製品を抜き去る! Zen 2に移行した第3世代「Ryzen Mobile」の実力
AMDが「Zen 2」アーキテクチャを適用した第3世代Ryzen Mobileを発表した。その実力はいかほどのものなのか。同社のリサ・スーCEOが「CES 2020」の基調講演で語った。(2020/1/8)

AMD、薄型デバイス向けの新モバイルプロセッサ「AMD Ryzen 4000」シリーズを発表
米AMDは、最大8コア16スレッド動作を実現するモバイルプロセッサ「AMD Ryzen 4000」シリーズの発表を行った。(2020/1/7)

CES 2020:
ゲーミングノート「Dell G5 15 Special Edition」にRyzenモデル登場 最新CPU+GPU搭載で799.99ドルから
DellブランドのゲーミングノートPCに最新RyzenとRadeonを搭載するモデルが登場。価格は799.99ドルからと、ゲーミングノートPCとしては手頃だ。合わせて、Alienwareブランドの最新ゲーミングディスプレイも登場する。(2020/1/7)

2019年のアキバまとめ前編:
ジャイアントキリングが起きた2019年――アキバの1年を振り返る【前編】
2019年は、自作PCのプラットフォームにおいて長らく絶対的な王者として君臨していたIntelをAMDが追い越した1年だった。主流の交代劇は、第3世代Ryzenが登場する少し前から起きている。振り返っていこう。(2019/12/30)

2019年の生活を変えたモノ:キャッシュレスとUSB PDでお得&便利に でももっと衝撃的だったのは……
スマホ関連で一番衝撃的だったのは、LIVEミュージカル演劇「チャージマン研」です。約500人の会場の中規模演劇には、スマホの使われ方のトレンドと課題が詰まっていました。スマホを活用してリアルとネット、娯楽と課金をともに融合できたものは珍しい。通常の演劇の枠にはまらない内容でした。(2019/12/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
「現実的な最上位」――Core i9-10940Xが2019年滑り込みデビュー
入手困難が続く「Core i9-10980XE」の1つ下のCore Xとなる「Core i9-10940X」が売り出された。供給量は少なく、既に売り切れとなったショップも多い。一方、Ryzen 9 3950Xは先週より若干買いやすくなっている様子だ。(2019/12/28)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(41):
2チップを同時開発するHuawei ―― 2019年新チップ解剖総括で見えてくるメーカー間の差
今回は、2019年に登場した新しいプロセッサの開封/解析結果を振り返り、そこから浮き彫りになってきたことをいくつか紹介したい。(2019/12/26)

古田雄介のアキバPick UP!:
白い20万円超のグラフィックスカードがデビュー 白い肉抜きマウスも
先週はホワイトカラーを採用したハイエンドパーツが複数登場して話題を集めていた。他にも、クーラーマスターの肉抜きマウスやASRockの超小型ベアボーンなども注目を集めている。(2019/12/23)

古田雄介の週末アキバ速報:
DSP版Windows 10 Proが実質1.2万円以下で買えるチャンス!
TSUKUMO eX.で少し古めのDSP版Windows 10 Proが発掘され、土曜日からスポット特価で売り出される。PCを一式組むなら、かなりの狙い目といえそうだ。(2019/12/21)

5G時代のIT資産管理は未知の世界
5G対応PC「Project Limitless」とは? QualcommとLenovoが共同開発
QualcommとLenovoが共同開発する5G対応PC「Project Limitless」は、リモートワーカーにとって魅力的な機能を搭載している。しかし5Gのサービスが行き渡っていない現状、IT資産管理の課題は予測し切れない。(2019/12/21)

デル、Ryzen Mobileを搭載したエントリー14型モバイルノート
デルは、モバイル向けRyzenプロセッサを標準装備した14型ノートPC「New Inspiron 14 5000(5485/AMD Ryzen)」を発表した。(2019/12/18)

ASRock、組み込み向けRyzen Embeddedを搭載した手のひらサイズのミニベアボーンキット
ASRockは、組み込み向けプロセッサのRyzen Embeddedを採用するミニベアボーンキット「4X4 BOX-V1000M」など2製品を発表した。(2019/12/17)

マウス、薄型デザインのRyzen搭載15.6型ノート 15.4時間駆動を実現
マウスコンピューターは、Ryzen APUを搭載した15.6型ノートPC「mouse X5-B」シリーズを発売する。(2019/12/17)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 9 3900Xが大量再入荷! 年末のハイエンドPC自作事情が大きく変化
先週、PCパーツショップの公式ツイッターでは「久々の再入荷!」「奇跡の大量入荷!」といった文言をよく見かけた。Ryzen 9 3950Xとともに、3900Xの再入荷が各ショップで相次いだ様子だ。(2019/12/16)

PR:“IntelとAMDの共演”で実現したスリムでパワフルなゲーミングノートPC「G-Tune P3」を徹底チェック
マウスコンピューターが、久しぶりにモバイルPC「G-Tune P3」を投入した。パワフルな性能を自在に持ち運べる秘密は何か。実機を徹底的にチェックしてみた。(2019/12/18)

マウス、RTX 2070 SUPER搭載のハイスペックゲーミングPC Ryzen 9モデルとCore i9モデルを用意
マウスコンピューターは、G-Tuneブランド製ミドルタワー型ゲーミングPC「G-Tune HP-A」「G-Tune HP-Z」を発売する。(2019/12/11)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 9 3950X&3900Xがかすかに再入荷、Core Xは絶望――新型CPUの今
Ryzen 9 3950XやRyzen Threadripper、新世代Core Xなど話題の新型CPU。いずれも品薄ながら、それぞれで入手の可能性は差がある様子だ。BTOマシンの動向も含めて追いかけた。(2019/12/10)

古田雄介の週末アキバ速報:
冬ボセール、始まるよ――Ryzen 7 3800X&X570 STEEL LEGENDで約6万円!
今週末あたりから、冬のボーナス商戦の雰囲気が漂い始めてきた。ミドル〜ハイエンド構成で一式組むユーザーが増える年末に向けて、TSUKUMO eX.が複数のセット割を用意している。(2019/12/7)

日本HPが「Spectre」「ENVY」の新2in1モデルを順次発売 「LTE」「リアルウッド」も用意
日本HPが「Spectre」「ENVY」ブランドのノートPCの新製品を発表。SpectreはLTE通信機能を搭載するモデル、ENVYにはパームレストとタッチパッドに実際の木材を使ったモデルや日本限定の新色が目玉だ。(2019/12/4)

古田雄介のアキバPick UP!:
32コア64スレッドの「Ryzen Threadripper 3970X」が店頭に並ぶもRyzen 9 3950Xは完売
「Core i9-10980XE」や「Ryzen 9 3950X」とともに、AMDのウルトラハイエンドCPU「Ryzen Threadripper 3970X/3960X」と対応マザーボードの販売も始まった。(2019/12/2)

古田雄介の週末アキバ速報:
新Core XとRyzen 9 3950Xが11月に滑り込みで登場するも即消失!?
以前から11月中の登場がうわさされていたCPUが、次々と11月末に滑り込みで販売開始となっている。しかし、12月に店頭在庫が残っていなさそうなモデルもチラホラと点……。(2019/11/30)

サイコム、Ryzen Threadripper 3960X/3970Xを搭載したデュアル水冷PCを発売
サイコムは、第3世代Ryzen Threadripperを搭載した水冷デスクトップPC計2製品を発表した。(2019/11/30)

第3世代Ryzenの最上位モデル:
ついに発売! 16コア32スレッド「Ryzen 9 3950X」の使い所を考える
間もなくAMDからRyzen 9 3950Xが販売開始される。メインストリーム向けのソケットに対応する製品でありながら、16コアというこれまで上位プラットフォームでしか利用できなかったコア数を手に入れられる製品だ。第3世代Ryzen発表時から予告されていたが、ようやく発売される。メインストリーム向け初となる、16コアCPUのパフォーマンスを調べてみよう。(2019/11/29)

Team、PCIe 4.0接続対応のハイパフォーマンスM.2 NVMe SSD
アユートは、台湾Team製M.2 NVMe SSD「CARDEA ZERO Z440」シリーズの取り扱いを開始する。(2019/11/28)

冬ボやクリスマスで何を買う?:
RyzenにするかAthlonにするか、それが問題だ DeskMini A300でCPU選びを満喫する
約2LのMini-STXフォームファクターの小型ボディー採用したASRockの「DeskMini A300」。TDP 65WまでのAPUを搭載できるが、可能な限り予算は抑えたい。価格と性能のバランスをサイコムの「Radiant SPX2700A300A」で探ってみた。(2019/11/28)

マウス、Ryzen 7搭載のクリエイター向けデスクトップ
マウスコンピューターは、クリエイター向けPC「DAIV」シリーズからRyzenプロセッサ搭載ミドルタワー型デスクトップPCを発売する。(2019/11/28)

第3世代Threadripperの攻勢が続く:
AMDが64コア128スレッドの「Ryzen Threadripper 3990X」のリリースを予告
AMDが第3世代Ryzen Threadripperの詳細を公表、米国では11月25日から、日本では11月30日に3970Xと3960Xが発売される。また、最上位の3990Xを2020年に投入することを明らかにした。(2019/11/26)

古田雄介のアキバPick UP!:
ダメ着にフロアマット――アキバで広がるPC周辺アイテムの世界
頭から手足まですっぽり包み込める防寒着「ダメ着」が複数のショップに入荷して話題になっている。ゲーマーの枠を越えた注目を集めている様子だ。(2019/11/25)

マウス、Ryzen搭載の14型スリムノートPC 限定台数価格は税別7万9800円
マウスコンピューターは、プロセッサとしてRyzenを採用する14型フルHD液晶内蔵ノートPC「m-Book X400B」を発売する。(2019/11/22)

CFD、80mm幅のスモール筐体を採用した法人向けミニデスクトップPC
シー・エフ・デー販売は、省スペース設計の法人向けミニデスクトップPC「CFD DeskMini Biz」シリーズ2製品を発表した。(2019/11/21)

AMD、Ryzen Threadripper 3960X/3970Xの発売日を確定 11月30日
AMDは、第3世代Ryzen ThreadripperとなるRyzen Threadripper 3960X/3970Xの発売日をアナウンスした。(2019/11/20)

AMD、Ryzen 9 3950Xの国内販売を11月30日に開始 国内価格は税別8万9800円
AMDは、第3世代Ryzenの最上位製品となるRyzen 9 3950Xの国内販売日をアナウンスした。(2019/11/18)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 9 3950Xが11月30日11時に販売決定! 新型ThreadripperとCore Xは?
ツクモ系列店が、現行Ryzenの最上位モデルとなる「Ryzen 9 3950X」の発売日を公表した。一方で、11月の登場がウワサされるウルトラハイエンドCPUの動向も徐々に見えてきた様子だ。(2019/11/18)

MSI、Ryzen+Radeon搭載の15.6型ゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、RyzenプロセッサとRadeonを標準搭載した15.6型ゲーミングノートPC「Alpha 15」を発売する。(2019/11/15)

マウス、Ryzen 7搭載のミドルタワーゲーミングPC「G-Tune EN-A」
マウスコンピューターは、AMD X570チップセット搭載マザーボードを採用したミドルタワー型ゲーミングPC「G-Tune EN-A」を発表した。(2019/11/12)

古田雄介のアキバPick UP!:
「黒いNoctua」に普通のカラバリ以上の注目が集まる理由
Noctuaからフィンやヒートパイプ、ファンなどを全て黒で統一したCPUクーラーが3モデル登場して話題になっている。「普通のカラバリとは違った意味合いがありますね」とショップの期待値も高い。(2019/11/11)

日本での登場も近い?:
Ryzen 9 3950Xは749ドルで11月25日発売――第3世代ThreadripperはsTRX4に
AMDが、2019年秋のデスクトップCPUアップデートを発表した。発売が遅れていたRyzen 9 3950Xと、第3世代Ryzen Threadripperの情報をお届けする。(2019/11/7)

古田雄介のアキバPick UP!:
全コア5GHz動作の「Core i9-9900KS」が目の覚めるヒット!
全コア5GHzで動作するLGA1151対応の特別モデル「Core i9-9900KS」が10月末に登場した。「Intel製CPUとしては久々のヒットモデルとなった」と語るショップが複数あった。(2019/11/5)

古田雄介のアキバPick UP!:
待望のグラフィックス内蔵Core i3登場も静かな空気
Intelから「Core i3-9100」と「Celeron G4950」が登場し、下位CPUの層が厚くなった。また、新型Core-X対応をうたうX299マザーの予約もスタートしている。さて、アキバの空気は……?(2019/10/28)

AMD、製品購入で最新ゲームがもらえるキャンペーンを実施中 12月31日まで
AMDは、同社製CPUまたはグラフィックスカード製品購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを開始した。(2019/10/25)

ストーム、2台分のPCを内蔵したタワー型デスクトップPC「PUNI-W2」
アイティーシーは、PC2台分のシステムを1台に内蔵したタワー型デスクトップPC「PUNI-W2」を発表した。(2019/10/18)

サイコム、ミニタワー型ゲーミングPC計2機種をリニューアル
サイコムは、ミニタワー型筐体を採用したゲーミングデスクトップPC「G-Master Spear-Mini」の新モデル計2機種を発表した。(2019/10/17)

古田雄介のアキバPick UP!:
幻のMini-DTX規格を採用した「ROG Crosshair VIII Impact」がデビュー
ASUSTeKから、Ryzen向きの小型マザーボードが2モデル登場した。特に、ATX級の拡張性を確保するためにMini-DTX規格を採用した「ROG Crosshair VIII Impact」に注目が集まっている。(2019/10/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。