日本で「Apple Intelligence」はいつ使えるの? COMPUTEX TAIPEIは相変わらず盛り上がっておりましたPC USER Weekly Top10

» 2024年06月18日 15時00分 公開
[山口恵祐ITmedia]

 ITmedia PC USERで、直近1週間に読まれた記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia PC USER Weekly Top10」です。今回は2024年6月9日から2024年6月15日までに掲載された記事のランキングをまとめました。

 今回は6月4日から7日まで、台湾・台北市で開催されていたPC関連の見本市「COMPUTEX TAIPEI 2024」の取材記事が多数ランクインしています。

 私も現地に足を運んで取材をしてきました。大手メーカーが最新の技術や製品を展示しているのはもちろんですが、アクセス1位にある“PC-98風ケース”や、“Raspberry Pi用ケース”のように、遊び心あふれるユニークなアイテムも星の数ほど会場にあるのが面白いところ。COMPUTEXの役割はトレードショー(見本市)です。こうしたガジェットをバイヤーが見つけて買い付けて、世界各国のショップで売られると思うとワクワクします。

photo COMPUTEX TAIPEIは道路を挟んで向かい合った2つの大きな建物で行われます。各フロアにアクセスしやすく、非常に効率的だと感じます
photo 最終日は一般参加の方が押し寄せ、会場は激混み状態に

 期中の最終日は、一般参加も可能となり客層もがらりと変わります。PC関連やガジェット関連がお好きな方は、台湾旅行のついでにぜひ。

 そしてランキング上位には、6月10日(現地時間)に米AppleがWWDC24で発表した関連記事がランクインしています。

 ついにAppleが発表した生成AI「Apple Intelligence」について、他社との違いは何か。具体的にどのような機能に落とし込まれているのか。ITジャーナリスト陣の考察記事は必見です。

photo Apple Intelligenceははやく実生活に取り入れて利便性を感じたいものです

 ただし、Apple Intelligenceが使える機種はiPhone 15 ProシリーズやM1チップ以降を搭載したiPad/Macと限られており、英語以外の言語は2025年以降となる見込み。私たちが日々の生活で利便性を感じられるのは、当分先になりそうですね……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  4. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. サンワ、Type-C接続に対応した6ポート搭載外付け拡張ドック (2024年07月12日)
  8. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
  9. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  10. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー