キーボード好きは国境を越える 台北でディープなショップはここだった!COMPUTEX TAIPEI 2024(1/3 ページ)

» 2024年06月18日 12時00分 公開
[田中宏昌ITmedia]

 例年、6月初旬は台湾の台北市で開催される見本市「COMPUTEX TAIPEI」に足を運ぶ機会が多いです。2024年も取材ついでに、何か気になるガジェットはないかと光華商場を訪れたところ、ピカチュウキーボード(Razer BlackWidow V3 Tenkeyless US - Pokemon Edition」)のセール品を除いて、どうにも心が引かれません。

光華数位新天地のビル。光華商場ビル内だけでなく、その周囲にもそれっぽいガジェット屋が軒を連ねています
台湾/香港/シンガポール/マレーシア/インドネシア/タイで発売されたという、日本では未発売のピカチュウキーボードこと、Razer BlackWidow V3 Tenkeyless US - Pokemon Edition(中央)。緑軸の立派なメカニカルキーボードです
ビルの入口では、Microsoftが“AIマスター”なるイベントを準備していました。ただ、訪れた際は設営中のためAI PCをフル活用した占いは体験できず

そして“新天地”はすぐそばに合った!

 むしろ隣のビルのSynTrend(三創數位生活園區)の方が、最新のデジモノがひしめいていて、体験型ショールーム(例えるなら、ヨドバシカメラのマルチメディアAkibaや梅田のような)のように、いろいろなデバイスを満喫できました。

 しかし、ここでも物欲は満たされません。持って帰りたいモノはでかすぎたり高すぎたりし、これはというモノは展示だけだったり在庫がなかったりしたからです。そんなもんもんとした思いを抱えていたところ、同じような面持ちの同僚から「気になるショップが近くにあるらしい」という朗報を耳にしました。

 ここはエイや、とばかりにGoogle マップを頼りに旅立ちました。といっても光華商場から歩くこと数分で、あっさりと目的地に到着です。Googleの各種サービス抜きでは、快適な旅も半減してしまうのは相変わらずかもしれません。

光華商場の隣(2Fで接続)にある三創數位生活園區。建物は最新というわけではありませんが、中身はガジェットからオーディオ、家電から自作PCまでギッシリ。フードコートももちろんあります
6階には「THE GUNDAM BASE TAIWAN」もあります
ビル内には「Samsung Odyssey Ark」の姿も。55型で4K表示に対応した湾曲ディスプレイです。これは持ち帰りたいですが、圧倒的なサイズと価格のビッグさに断念
光華商場のビルを出て、大きな通りを横切ります。もちろん、バイクの列も健在です
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー