ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クラウドファンディング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クラウドファンディング」に関する情報が集まったページです。

銚子電鉄が映画制作!? 超C級エンタメ「電車を止めるな!」発表、クラウドファンディングを実施中
どこかで聞いたことある感……!(2019/5/19)

出版クラウドファンディング「エクソダス」公開 1000部からOK、著者印税50%
出版に特化したクラウドファンディングサイト「EXODUS」(エクソダス)が公開。1000部から出版でき、著者印税は50%に設定した。(2019/5/16)

クラウドファンディングで人気の品を展示・販売 「CAMPFIRE」の実店舗が大阪・梅田ロフトに期間限定オープン
実物を見てから買いたい派にうれしい企画。(2019/5/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
「日本発アメコミ」の挑戦 アジア系ヒーローは世界で勝負できるか
映画『アベンジャーズ』の大ヒットで、これまで以上にアメコミが注目されている。その独特のスタイルになじみがない人も多いかもしれないが、いま日本で新たな挑戦が動き出している。それが「日本発のアメコミ」だ。(2019/5/16)

スマホを通じて家電を操作 キングジムのスマートリモコン「エッグ」5月31日発売
価格は税別9800円。(2019/5/15)

吹くだけでタクシー呼べる笛 三和交通が一般販売スタート スマホと連携
三和交通は吹くだけで簡単にタクシーを呼べる笛「タクシーホイッスル」の一般販売を始めた。(2019/5/15)

タイトル戦で振り駒や見届け人が体験できる 「叡王戦」第5期の支援プロジェクト、1日で300万円集まる
叡王戦らしい、ユーザーに身近なタイトル戦へ。(2019/5/15)

キングジムの戦略は「ニッチ」 スマホと連携するスマートボールペン、開発のきっかけは
キングジムがスマートフォンの通知を受け取れるボールペン型デバイスなど6製品を発表した。(2019/5/15)

ドワンゴ、将棋「叡王戦」の運営費をクラウドファンディングで募集 高額出資者は“見届け人”に
ドワンゴが「第5期叡王戦」の運営費を募るクラウドファンディングを始めた。支援は1口2000円からで、目標額は200万円。(2019/5/14)

京都祇園祭が創始1150年 安全確保とゴミ対策のためクラウドファンディングで支援募集
2017年以来毎年実施しており、今回で3回目。(2019/5/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
10連休中にRyzen躍進! ショップによってはシェアがIntelを超える
PCパーツの一式買いが多かった連休中、全体的に品薄なCore iシリーズを尻目に各ショップでRyzenの売れ行きが目立っていたという。中にはシェアが逆転したという声も。(2019/5/14)

「リアルな生首作りたい」VTuberのクラファンに支援殺到、1475万円集まる
「バーチャルYouTuberだって、Instagramにオシャレな写真を投稿したい!」。VTuber「斗和キセキ」さんが、自分自身の「リアルな生首」を作る資金を得るために始めたクラウドファンディングが、1400万円以上もの資金を調達して終了した。(2019/5/13)

かっこよくて楽しそう! クロスバイクとけん引ベビーカーをセットにした「保育園幼稚園 通園自転車セット」が登場
お子さま喜びそう。休日のお出かけにも楽しそう! 【更新 Q&Aを追加】(2019/5/13)

「北海道独立宣言」:
ホリエモンが北海道“ロケットの町”で次の一手 「堀江流レストラン」開業に奮闘
日本の民間ロケットとしては初めて高度100キロの宇宙空間に到達したホリエモンロケット「MOMO3号機」。ホリエモンこと堀江貴⽂氏が、ロケット打ち上げでも縁のある人口5700人の「北海道⼤樹町」で、ロケット事業に続く“次の一手”を繰り出そうとしている。(2019/5/10)

ソーラーシェアリング入門(14):
大学教育とソーラーシェアリング、次世代を担う人材を育てるために
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの持続的な発展を実現するために欠かせない、次世代の人材育成について考察します。(2019/5/7)

『egg』復刊 平成を彩ったギャルカルチャー雑誌が令和に
2度の休刊を経て再び。(2019/5/2)

かわいいAIロボット「COZMO」のAnki、倒産か──Recode報道
AI搭載で表情豊かな小型ロボット「COZMO」で知られる米Ankiが全従業員を解雇し、廃業すると米Recodeが報じた。COZMOは成功していたが、資金調達で投資家と合意できなかったとしている。(2019/4/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
スマホやPCの周辺機器はこうして「突然死」する
PC、スマホ、タブレットの周辺機器やアクセサリーは、それまで絶好調で販売されていたにもかかわらず、本体機器のモデルチェンジによって終息を迎えることが日常茶飯事。しかし中には、製品のモデルチェンジなどとは異なるイレギュラーな理由によって、販売を打ち切らざるを得ないケースも出てくる。(2019/4/28)

iPhoneの充電と同時にデータをバックアップできる「Qubii Pro」
フォーカルポイントは、iPhoneの充電と同時に写真や動画、連絡先をバックアップできるソリューション「Qubii Pro」のクラウドファンディングを実施。iPhoneにQubiiアプリをインストールし、本体にmicroSDを挿入すれば自動でバックアップが行える。(2019/4/23)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
通話とSMSに特化 シンプルケータイ「un.mode phone01」が生まれた理由
通話とSMSに特化したシンプルケータイ「un.mode.phone01」が、クラウドファンディングで話題を集めた。7480円(税別)という価格の安さにも注目が集まり、Makuakeでは、最終的に1300万円以上の資金を集めた。なぜあえて、シンプルなケータイを開発したのか? 販売元に聞いた。(2019/4/23)

全国の鈴木姓のルーツ「鈴木屋敷」をよみがえらせよ 平安期の屋敷の再生プロジェクト始動
約182万人いるという鈴木のみなさん、力を……!(2019/4/22)

「凍天」で知られる福島県の「木乃幡」が自己破産へ 震災・原発事故で苦境、東電の補償はわずか……「苦渋の決断」
「実損8億円に対して、東電の和解額は1600万円」だったとのことです。(2019/4/22)

講談社がKickstarterと協業 「出版の枠を超え世界のクリエイターを支援」
講談社がKickstarterとパートナーシップを結んだ。日本のクリエイターを世界に発信するとともに、世界のクリエイターの日本展開を支援する。(2019/4/18)

これ着ぐるみなの!? 「パンダとハグしたい」夢がかなうリアルすぎるパンダの着ぐるみが支援を募集中
出張レンタルも可能です。(2019/4/17)

コインハイブ事件、検察側が控訴 Twitterでは被告側に支援の声も
Twitterでは被告のモロさんに対し、早速支援を名乗り出る声が多くあがっています。(2019/4/10)

“超個性派”を輩出し続けるネクストブレイクの梁山泊、「ミスiD2020」がスタート
今回もすごい人、出てこいやー!(2019/4/9)

「netgeek」集団訴訟、被害者らがクラウドファンディング開始 「悪徳ビジネスが社会的制裁受けること証明したい」
netgeekの手口について「集団リンチを仕立て上げてお金を稼ぐビジネスモデル」と厳しく批判しています。(2019/4/9)

CIO、デスクがワイヤレス充電器になる次世代型充電器「deskHack」のクラウドファンディングを実施
CIOがデスクの下に設置するだけでワイヤレス充電器に早変わりする次世代型充電器をクラウドファンディングを使って先行販売する。厚さ12〜32mmのさまざまな素材の机で利用可能で、穴を開けずに設置できる。最大10Wの急速充電にも対応する。(2019/4/5)

特殊ネコ部隊の出動ニャ! クールなミリタリーデザインのハーネスが登場
獲物を前に舌なめずり……三流のすることだニャ。(2019/4/5)

「令和」をイメージしたクッキーに絶賛の声 和を感じる色使いの“雅なクッキー”に「美しい」「感動した」
アイシングクッキーのすごさを改めて感じる作品でもあります。(2019/4/4)

「負けられない裁判だった」モロさん、Coinhive訴訟を振り返る 裁判所からは「涙が出るほど嬉しい言葉」も
Coinhive訴訟で無罪を勝ち取ったデザイナーのモロさんが4月4日、事件や裁判の振り返った文書をnoteに公開。「もはや私の意思とは半ば無関係に負けられない裁判だった」などと述懐するとともに、裁判所からは「涙が出るほど嬉しい言葉」もあったとつづっている。(2019/4/4)

読書中に「ここで一旦CMです」 「CMをはさむしおり」、商品化計画始動
文章入りのしおりを本にはさむと、物語にCMが挿入されたように見える、Twitterで話題のアイデア。(2019/4/3)

エイプリルフールと新元号発表が重なった「平成最後の4月1日」 ねとらぼ編集部が見た“空前絶後のお祭り騒ぎ”
「平成最後の4月1日」はどんな日だったのか、ねとらぼ編集部視点で振り返ってみました。(2019/4/3)

EVO Japan 2019の衝撃再び!? 「鉄拳7」チャンピオンのパキスタン選手を日本に招待する計画
クラウドファンディングが成功すれば、大阪で5月に開催される「KVO x TSB」に招待されます。(2019/4/2)

バーチャルYouTuberのクラウドファンディング、開始早々100万円の「授乳コース」が完売 バ美肉おにいさん本人も戸惑う事態に
バ美肉おにいさん(※中の人は男性の美少女キャラ)から授乳してもらえるコースです。【追記】(2019/4/1)

え、ウソじゃないの!? グランゼーラ、エイプリルフールに「R-TYPE FINAL2」を突如発表 → ガチでした!
エイプリルフール……じゃない……!?【追記:グランゼーラ広報のコメントを追加しました】(2019/4/1)

伝説の未完漫画『刻の大地』、約17年ぶりの単行本化が決定 作者・夜麻みゆき「ワクワクが止まりません」
ついにこの時が。(2019/4/1)

夜明け前のVRの世界に、通信キャリアが見る「5Gの夢」
国内通信キャリアが、相次いでVRのスポーツ観戦サービスを発表している。背景には、2020年の東京オリンピック・パラリンピックや、5Gの展開をにらんだ戦略がありそうだ。(2019/3/29)

自分の仕事は自分で守れ:
“会社員”が消える日――「雇用激減時代」の未来地図
AIやロボット、ICTの発達によって「会社員」が消えていく――。(2019/3/28)

独自開発の「泡が出るシャワー」が気持ちよさそう 新スキンケア用シャワーがクラウドファンディング開始
洗った後の肌をトリートメントする泡シャワーです。(2019/3/27)

地方発26歳女性プロゲーマー「たぬかな」さんに聞く(下):
「鉄拳」は人生
格闘ゲーム「鉄拳」専門の女性プロとして世界で活躍している、たぬかな選手(26)。高校卒業後、ひょんなことから導かれるかのようにゲームのプロの道に入ったものの、まさかの敗北続き。腕を磨き、結果を残すようになった今、壮大な夢を抱えている。その夢とは。(2019/3/27)

Topjoy、4コアPentiumを搭載した8型2in1モバイルPC「Falcon」 CAMPFIREで提供
中国Topjoyは、液晶パネルを展開してタブレットとしても利用できる2in1タイプの8型モバイルノートPC「Falcon」の日本国内提供を発表した。(2019/3/26)

アルゴンキン、ピースナウ、プトマヨ…… ゴスロリパンクブランドは本当にV系と共に衰退したのか?
衰退の理由は「ヴィジュアル系の人気が低下したから」?(2019/3/20)

宇宙開発:
衛星軌道投入ロケット「ZERO」は“みんな”で開発、MOMO2号機の失敗が教訓に
ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(IST)が、観測ロケット「MOMO」の開発状況を報告するとともに、衛星軌道投入ロケット「ZERO」の開発に向けた事業体制について発表した。(2019/3/20)

「破産者マップ」、プライバシーや著作権の問題は? 弁護士に聞いた
プライバシー権侵害、名誉権侵害になるとの見解。(2019/3/19)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
直売率99%、栃木の「阿部梨園」が経営改善のノウハウを無償で公開し続ける理由
東大卒のマネージャーを擁し、農家の業務改革の好例として注目を集めている、栃木県の「阿部梨園」。経営改善からITツールの使いこなし方まで、彼らはそのノウハウをWeb上で「阿部梨園の知恵袋」として無償公開している。企業秘密ともいえる情報をオープンにする理由はどこにあるのか?(2019/3/18)

「水を吐くフグ」の写真が拡散 → いらすとやがイラスト公開、Twitterでも一大ブームに発展
愛嬌のある表情がたまらない。(2019/3/17)

ポップコーンメーカーの構造を応用 コーヒーの電動焙煎機「ホームロースター」がクラウドファンディング実施中
煎りたて、ひきたて、いれたてのコーヒーが楽しめる。(2019/3/17)

「オリジナルキャラにこだわりすぎて設定を2万字考えた」アキバの“オタクのための美容室”、大阪と池袋に進出
美容師さんもオタクばかりの店です。(2019/3/15)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
東大卒、デュポン、メルカリ経由で梨農園に飛び込んだ 「畑に入らない農家の右腕」の正体
栃木県にある梨農園「阿部梨園」が今、大きな話題を集めている。その理由は、畑に入らずに業務改善を続けるマネージャーの佐川さんだ。東大を卒業し、化学メーカーやベンチャーに勤めるなど“農家”としては異色の経歴を持つ彼が、梨農家に飛び込んだ理由とは。(2019/3/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。