ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クラウドファンディング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クラウドファンディング」に関する情報が集まったページです。

越境サービスも登場:
クラウドファンディングをマーケティングに活用 「募金目的」から一皮剥けたワケ
クラウドファンディングの使われ方が、「募金」「資金援助」といったものから「マーケティングチャネル」へと変わりつつある。初期費用があまりかからず、ピンポイントにターゲットを定めてできることから注目を集めているのだという。CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNEを提供するRelicの大丸徹也COOと赤木宏志氏に話を聞いた。(2020/1/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
“世界で最も心地よい”スニーカーは、日本でも爆売れするか
「世界で最も心地よいシューズ」と評されたスニーカーブランド「オールバーズ」が日本初上陸した。環境への配慮や履き心地を追求したシューズが、なぜここまで評価されているのか。その背景には、明確なビジネス戦略があった。(2020/1/16)

VTuberとの手つなぎデートが実現!? ロボットハンドと映像によるバーチャル体験が研究中
まーた日本人が未来に旅立ってしまった。(2020/1/14)

パタパタ動くしっぽがかわいい いやし系しっぽロボット「Petit Qoobo(プチ・クーボ)」誕生
「Qoobo(クーボ)」のミニチュア版です。(2020/1/14)

なぜ中国メーカーはニッチな“超小型ノートPC”を市場に出せるのか? 新製品ラッシュの2019年を振り返る
2019年に登場した超小型ノートPC(UMPC)を振り返りながら、注目を集める理由と今後を見通してみる。(2020/1/11)

首を傾げたりオモチャで遊んだり 高性能な猫型ロボット「MarsCat」がクラウドファンディングに登場
鳴き声もかわいい。(2020/1/10)

「ごく普通のシカのゲーム」、ついにSteamで船出 さっぱり普通じゃないシカが自由に暮らす“スローライフ町破壊ゲーム”
販売はアーリーアクセス形式。発売から1年間、適宜アップデートしながら完成されます。(2020/1/7)

倒産したAnkiのAIロボット「Vector」、“第2の父”Digital Dream Labsが救う
昨年倒産してしまったAnkiのAIロボット「Vector」の資産一式をDigital Dream Labsが買収した。同社はVectorをオフラインでも利用できるようにする「Escape Pod」と、ユーザーが自分のサーバにVectorを接続できるようにする「Dev Vector」を開発する計画だ。(2020/1/6)

仕事を支えてくれた2019年のマイベストガジェット6選
筆者の仕事は、いつでもどこでも仕事ができることが強み。それにガジェットを追加することで、もっと仕事の効率が向上する。この記事では、2019年に買ったベストガジェットを6つ紹介する。(2019/12/29)

ありがとう、そしてありがとう! 「おジャ魔女どれみ」20周年のクラウドファンディング企画が1月8日スタート
Blu-ray欲しいな……。(2019/12/27)

aiboのネコ版? 伸びもする「MarsCat」のクラウドファンディング開始
中国の産業用ロボットメーカーElephant Roboticsが、ネコ型愛がんロボット「MarsCat」のクラウドファンディングをKickstarterで開始した。音声コマンドに反応し、接し方で性格が変化される。(2019/12/27)

「まず自分がスライムを倒せることを確認」 漫画家ナカシマ723さん これから個人で始めたい人へのアドバイス
コミカライズ権を自ら取得し、単行本も自費出版し……でも「特別、私だけがお金を積んだからできたことっていうことは全然ない」という漫画家、ナカシマ723さん。これから個人で活動を始めたい人へのアドバイスも。(2019/12/27)

全焼した首里城正殿、3Dモデルでよみがえる 東大の研究者ら、ネットで集めた写真・動画から制作
全焼した沖縄・首里城正殿の3Dモデルが完成。東大の研究者らが結成した「みんなの首里城デジタル復元プロジェクト」のチームが、ネットで集めた写真・動画を基に制作した。(2019/12/25)

8.4型2560×1600ピクセルとちょっと大きい:
第10世代Coreの超小型PC「OneMix3 Pro」をねちっこく触ってみた
One-Netbook Technologyが8.4型の液晶ディスプレイ搭載超小型PC「OneMix3 Pro」の出荷を開始した。第10世代Coreを備え、キー配列も変更された上位モデルの出来栄えはどうなのだろうか。(2019/12/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「北斗星」の現状に失望と期待 鉄道クラウドファンディング“成功の条件”とは
「北斗星」の保存を目的としたクラウドファンディングに参加したが、現地を訪れて、車両の傷みが進んだ姿にガッカリした。だが、今後に期待できる事業も動き出した。車両保存はゴールではない。維持補修作業のスタートだ。将来を見据えたプロジェクトでないといけない。(2019/12/23)

コミカライズを自ら提案、Kindleで配信。月に84万円売れました──ナカシマ723さんに聞く「だから今、やるしかないんです」
「魔王を倒すために算段をつけて、なにを準備していくか」。同じように現実も攻略すべきもの。漫画家の今を感じさせる、ナカシマ723さんのインタビュー。(2019/12/20)

CHUWIが11.6型2in1タブレット「UBook」の一般販売を予告 海外価格は350ドル
CHUWI INNOVATIONは、11.6型2in1タブレット「UBook」の一般販売開始の告知を行った。(2019/12/17)

JBL、“エンドレスに使える”自己充電式無線ヘッドフォンをクラウドファンディング中
JBLが、太陽電池搭載でほぼエターナルに使い続けられるとうたうBluetoothヘッドフォン「JBL REFLECT Eternal」をIndiegogoのプロジェクトとしてスタートした。サポーター向けには2020年10月出荷の予定だ。(2019/12/17)

「違法な労働横行するアニメ業界の是正第一歩」 アニメ制作会社「STUDIO 4℃」の未払い残業代訴訟、東京地裁で始まる
Aさん自ら意見陳述を行い、アニメ業界の窮状を裁判官に直接訴えかけました。(2019/12/16)

医療機器ニュース:
美しい歩行姿勢へ導く、歩行センシングインソールの先行予約販売を開始
FiNC TechnologiesとNECは、クラウドファンディングを利用し、ウェルネスソリューションを共同開発し、歩行センシングインソール、「A-RROWG」の先行予約販売を開始した。(2019/12/13)

ダイキンの持ち運べるエアコン、商品化が決定 初のクラウドファンディングは10日間で目標到達
ダイキンが持ち運べるエアコン「Carrime」(キャリミー)の商品化を決めた。「Makuake」でクラウドファンディングを行い、商品化の条件としていた300件以上の支援を獲得した。(2019/12/11)

高タンパク、低脂肪の「昆虫食」に挑戦するチャンス……! 食用イモムシを使った「いもむしゴロゴロカレー」がクラウドファンディング開始
友だちとチャレンジしてみるのもありかも……?(2019/12/8)

SNSで話題になった「おじいちゃんのノート」新作がMakuakeで登場 水平に開けて「脳を活性化」するノート
青い凹凸のある特殊紙「OKシナプス」を使用しています。(2019/12/6)

キヤノンがカラビナ型カメラ「iNSPiC REC」本格展開 ズーム、画面なし 「不便さ楽しんで」
キヤノンマーケティングジャパンがカラビナ形状の小型カメラ「iNSPiC REC」を店頭で販売する。ズームレンズや液晶画面はあえて付けない割り切った仕様で、「不便さを楽しんでほしい」という。(2019/12/5)

キングジム、筆圧4096段階対応の電子ノート PDF編集やDropbox連携も
キングジムは、電子ノート「freno」のクラウドファンディングを始めた。4096段階の筆圧検知に対応し、ノートの検索機能やPDF編集機能も備える。(2019/12/4)

キングジム、6.8型デジタルノート「フリーノ」で新たな筆記文化の創設を目指す
キングジムは、6.8型電子ペーパーを採用したデジタルノート「フリーノ」のクラウドファンディングを開始した。(2019/12/4)

プロジェクト:
有楽町エリアの再構築を大幅前進、新タイプの店舗とコミュニティーで起業を後押し
三菱地所は、有楽町エリアの再構築の一環として、2019年12月2日、クリエイティブな人材の育成と活躍を後押しするプロジェクト「Micro STARs Dev.」をスタートした。(2019/12/4)

障害とは「テクノロジーの敗北」:
重度障害で寝たきりでも働ける「分身ロボットカフェ」――親友の死、引きこもりの苦悩を乗り越えた吉藤オリィが描く「孤独にならない社会」
ロボットが接客して、注文を取り、コーヒーを運ぶ。それだけでなく客と雑談し、メールアドレスの交換もしている。東京・大手町でオープンした「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」でのことだ。ロボットを動かすのは遠く離れた場所で寝たきりで生活する、重い障害のある人をはじめとした外出困難な人たちで、2020年までの常設化を目指している。オリィ研究所所長の吉藤オリィさんに、分身ロボットカフェのプロジェクトが未来をどのように変えていくのか聞いた。(2019/12/4)

モバイル液晶ディスプレイの道:
USB Type-CとHDMIをサポートした15.6型モバイル液晶ディスプレイ「Vinpok Split」を試す
クラウドファンディングを経て発売された「Vinpok Split」。15.6型で約635gという軽量ボディーのモバイル液晶ディスプレイをチェックした。(2019/12/3)

応募殺到の「学費完全無料のエンジニア養成機関」 :
やっぱり「モテたい!」から? DMM亀山会長が“50億円寄付”で仕掛ける「社会実験」
「総額50億円」の寄付をすることで「社会実験」をする――。DMM.comの亀山敬司会長が、こんな構想をぶち上げた。その構想は、フランスにある世界屈指のプログラミングスクール「42」のカリキュラムを日本に持ち込んで実践し、「稼げるプログラマー人材」を育てていくというものだ。その真意に迫る。(2019/12/2)

宇治市、クレイジーだと話題になった「観光PRアクションゲーム」をガチでゲーム化 Makuakeでサポーター募集
まさかの期待に応える宇治市……!(2019/12/2)

「美しい歩き方」サポート、NECらが“IoTインソール”開発 クラウドファンディングは1日で目標100万円達成
NECのIoTセンサーを搭載した歩行計測インソールがクラウドファンディングを開始。支援は一口1万7000円(税込)から、期間は2020年2月25日まで。(2019/11/28)

あの会社のこの商品:
2万台以上売れた「焼きペヤングメーカー」が、できるまでのこと
関東でカップ焼きそばといえば「ペヤング ソース焼きそば」。絶大な人気を誇るペヤングを焼いてつくる調理家電「焼きペヤングメーカー」をご存じだろうか。大阪に本社を構えるライソンという会社がつくったものだが、開発秘話を聞いたところ……。(2019/11/25)

堀江貴文が語る「予防医療」【後編】:
ホリエモンがHPVワクチンを打った理由――ハヤカワ五味と語る「感染しない、感染させない、感染源にならない」
ホリエモンこと堀江貴文氏と、女性ファッションデザイナーで実業家のウツワ社長ハヤカワ五味氏が対談。見えないニーズを掘り起こし革新的なビジネスモデルを築いてきた異端の起業家2人が今、最も注目しているのが「予防医療」の分野だ。社会課題を解決し、将来的な顧客をどのように育てていく術があるのか、2人の起業家の対談からヒントを得たい。後編では、子宮頸がんワクチンの定期接種が再開されない中で、ビジネスを通して予防と検診を呼びかける具体的な方策を語り合った。(2019/11/28)

GPD Pocket 2との比較も:
超小型PC「OneMix2S」を“ねちっこく”触ってみた
超小型PCのバリエーションが徐々に広がっているが、改めてベースとなる7型ディスプレイを搭載したOneMix2SをGPD Pocket 2を比べてみた。(2019/11/21)

Architecture & Interior Design alternatives―Vol.2:
AirbnbやLINEのオフィスを手掛けた設計事務所が「食堂」を運営する理由――。“細胞からデザインする”働き方改革
ここ最近では2019年4月1日に施行された「働き方改革関連法」以降、国内の企業でも、テレワークやフリーアドレス制、ABW(Activity Based Working)など、働き方そのものや働く場所に変化の兆しが見られる。建築設計事務所「SUPPOSE DESIGN OFFICE」は、東京・代々木上原の事務所に誰もが足を運べ、多忙なワーカーの食生活を改善する「社食堂」を併設している。LINEやAirbnbなど、先進的なオフィス空間の設計も手掛けている設計事務所が考える働き方改革のアプローチをインタビューから探った。(2019/11/21)

「何年待ったことか」「泣きそう」――18年ぶりの新作「シェンムーIII」発売、ネットで喜びの声
Deep Silverが11月19日に、アクションゲーム「シェンムーIII」を発売。同シリーズで、18年ぶりの新作。(2019/11/20)

戦災により消失した幻の特撮映画「大仏廻国」 大仏が全国を徘徊する衝撃作、リメイク版がついに一般公開
現代に蘇る歩く大仏さま。(2019/11/18)

「至高の生ブラックサンダー」がクラファンで大人気 500セットが開始4時間で完売し急遽100セット追加販売
ブラックサンダーを全力で作るとここまで……!(2019/11/18)

「タイムトラベル専門書店」がクラウドファンディングに成功 ホーキング博士の実験「タイムトラベラーのパーティ」開催へ
パーティの招待状を、タイムトラベラーへ閉会後に出す実験を試みます。(2019/11/13)

「左利きの手帳」がクラウドファンディングで支援募集 左手でもスイスイめくれて文字が隠れない!
Makuakeで12月10日まで。(2019/11/11)

ダイキンが初のポータブルエアコン 商品化に向けてクラウドファンディングで出資募集
吹き出し口から、周囲とくらべて約7度涼しい風が送られてきます。(2019/11/11)

クラウドファンディングのマクアケ、マザーズ上場へ
東京証券取引所がクラウドファンディングサイトを運営するマクアケのマザーズ上場を承認した。(2019/11/8)

ふるさと納税問題の新常識!? GCFってなんだ
 返礼品競争の過熱が問題視される「ふるさと納税」の新しい寄付の募り方「GCF」が広まり始めている。「ガバメントクラウドファンディング」の略で、企業や個人など事業者が使い道と目標金額を具体的に示し、インターネットを介して出資を募る「クラウドファンディング(CF)」の自治体版だ。地域振興などの施策を進めるのにも活用できるとあって、とりわけ財政規模の小さな地方の自治体などが熱い視線を送っている。(2019/11/8)

寝具メーカーの本気を見た 長身の人でもくつろげる「男のゴロ寝クッション」が大人気
クラウドファンディング中です。(2019/11/8)

首里城再建 支援金3億円超える〜「ふるさと納税」活用で
目標の1億円を大きく超える額が集まっています。(2019/11/7)

サラダ油大さじ1杯で1時間燃焼! 非常時の照明や調理器具としても使える「キャンドルベース」がクラウドファンディング中
電気・ボンベ不要。油を足すだけで4〜5時間燃え続けます。(2019/11/7)

浜田寿人の肖像【中編】:
「WAGYUMAFIA」 代表・浜田寿人が明かす“挫折からの復活劇”――そして「世界一」への果てしない挑戦
“和牛輸出王”浜田寿人がたどってきた道のりから、最高級の和牛ブランドを世界に広めているWAGYUMAFIAのビジネスモデルに迫る――。設立からわずか3年で急成長を続けるWAGYUMAFIAは、国内では堀江の事業というイメージが強いかもしれない。だが、実質的にトータルプロデュースと海外戦略を担当しているのは浜田だ。中編では共同設立者の“ホリエモン”こと堀江貴文との再会と、WAGYUMAFIAのブランディングの秘密に迫る。(2020/1/9)

「全焼した首里城を3Dモデルで復元する」 東大研究者ら有志が写真・動画の提供を呼びかけ 再建までの観光資源に
全焼した沖縄・首里城を3Dモデルで復元するプロジェクトを東大研究者ら有志が始めた。写真や動画の提供を広く求めている。(2019/11/6)

「けもフレ」福原Pのケモかわ新作アニメ「モクリ」インタビュー “ファン参加型会議”“二次創作自由”みんなで創る新たなエンタメとは?
オンライン制作会議の参加者を募集中。(2019/11/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。