ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「治療」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「治療」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

医療技術ニュース:
効果が長期間持続する、筋ジストロフィーのゲノム編集治療に成功
京都大学iPS細胞研究所は、ゲノム編集治療に利用できる脂質ナノ粒子輸送システムを開発し、筋ジストロフィーモデルマウスのゲノム編集に成功した。効果が長期間持続し、かつ繰り返し投与できるため、骨格筋疾患の新しい治療法として期待できる。(2021/12/23)

佐野史郎、連ドラ降板理由は多発性骨髄腫 現在は再入院中で「しばらくは治療、療養に専念することとなります」
ドラマ「リコカツ」は第3話を最後に降板。(2021/12/10)

TBS高畑百合子アナ、第1子男児出産を報告 流産や不妊治療を乗り越え「ようやくこの子に会えました」
本当によかったです。(2021/12/5)

医療機器ニュース:
スマートシューズを用いた医療分野での共同研究を開始
アシックス、ORFHE、セルソースは、スマートシューズを用いた医療分野での共同研究を開始する。まずは変形性膝関節症の改善に向け、治療する患者の歩行の特徴を定量化する取り組みを行う。(2021/11/30)

電子カルテから薬物効果の情報抽出、日本初 宮崎大、NTTデータ、ファイザー
宮崎大学、NTTデータ、ファイザーの3者が、日本で初めて、がん患者の電子カルテから薬物治療効果などを評価するために有益な情報を得られたと発表した。(2021/11/24)

虐待・事故で大部分の皮膚を失った猫たちを保護 人への信頼を失わず、懸命に治療に励む姿に涙
2匹とも幸せになってほしい。(2021/11/23)

入院治療中の西川史子、“憧れのトップスター”からお見舞いプレゼントに感激 「夢を見ている少女の気持ちに」
ほれてまうやろー!(2021/11/22)

医療技術ニュース:
光照射とがん免疫の相乗効果によるがん治療法の開発
名古屋大学は、さまざまな固形がんに幅広く発現している免疫チェックポイント分子PD-L1を標的として、がん免疫との相乗効果を示す近赤外光線免疫療法の応用開発に成功した。(2021/11/18)

手術と腫瘍治療で入院中のちばてつや、術後の様子明かす 「いよいよ駄目かな…と、覚悟するぐらい苦しかった」
現在は回復しつつあるとのこと。(2021/11/15)

時東ぁみ、“20代の不妊治療”で感じた強い疑問「不妊=高齢だけではない」 病院側は「来るの早いですね」
4年半の不妊治療を経て第1子を妊娠した時東さん。(2021/11/9)

医療機器ニュース:
陽子線治療用の超電導サイクロトロンを開発、照射時間3分の1以下
住友重機械工業は、がん治療に用いる陽子線治療用の超電導サイクロトロンの開発に成功した。陽子線治療用としては世界最高レベルとなる、1000nAの高強度陽子線を発生できる。(2021/11/8)

医療機器ニュース:
体内で放射線がん治療をするための材料を高効率で製造する技術を確立
日立製作所、東北大学、京都大学は、放射線がん治療法の1つであるアルファ線内用療法に必要なアクチニウム225を、高効率、高品質で製造する技術を開発した。体内に広く分散したがんにも有効なアルファ線内用療法の早期実用化、普及に貢献する。(2021/11/2)

時東ぁみ、約4年半の不妊治療を経て第1子妊娠を発表 夫は「Psycho le Cemu」のDAISHI
おめでとうございます!(2021/10/21)

キンタロー。第2子を授かる 不妊治療乗り越えた背景に「妹の存在があったから」
おめでとうございます!(2021/10/16)

だいたひかる、がん治療中断から1年経過 “命がけ”の不妊治療再開に「怖かったけれど夢をとって良かった」
だいたさん「ガンになっても、夢は追いかけられる」(2021/10/15)

ノーベル賞の本庶氏がYouTubeで解説 研究内容やコロナ治療テーマ
2018年にノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大の本庶佑特別教授が、YouTubeで研究内容を発信する「本庶先生のランチョンセミナー」の無料配信を始める。研究内容を分かりやすく伝えて理解を深めてもらい、若手研究者の支援を図りたいとの狙いがある。(2021/10/14)

「聖飢魔II」ジェイル大橋、56歳で第2子誕生 夫婦で約10年の不妊治療「奇跡的な出来事でした」
大橋さん「自分の年齢からも、第一子には兄弟がいた方がその後寂しくないだろうと」(2021/10/13)

目が覚めたら集中治療室 高3のころ、受験勉強とバイトの両立で2週間徹夜した“まさかの結果”
学校に行く→アルバイト→寝ないで勉強→学校に(以下ループ)。(2021/12/21)

週末に「へえ」な話:
動物病院の「往診車のナカ」はどうなっているのか 利用者がじわじわ増えている理由
動物病院の「往診」が増えていることをご存じだろうか。「ペットを家で診てもらいたい」といった人が増えているようだが、筆者が気になったのは「往診車」である。クルマのナカで、どんな治療が行われているのか。取材したところ……。(2021/10/9)

入院治療中の西川史子、脳出血巡る“新型コロナ”ワクチンの影響を否定 原因は「高血圧やそれに伴う血圧変動」
病気の原因をワクチンと結び付ける声が一部寄せられていました。(2021/10/6)

【うっかり死にかけた体験談】悪化した巻爪の治療を受けたら、病院“の待合室”で意識が吹っ飛んだワケ
いろいろ痛そうなお話。(2021/10/23)

病気で目が見えづらくなってしまった漫画家 恋人からの一言で絶望から救い出された話に「泣いた」「良い話や」
かかってしまったのは治療方法が確立されていない「ビジュアルスノウ」。(2021/10/6)

生産能力も年内に:
塩野義、コロナ治療薬を年内申請へ 来年3月までに100万人分
塩野義製薬の手代木功社長は29日、東京都内で記者会見し、開発中の新型コロナウイルスの治療薬について、年内の承認申請を目指す意向を明らかにした。(2021/9/30)

医療技術ニュース:
高分子を効率良く細胞内へ届ける、細胞治療向けの細胞内物質導入機器を開発
早稲田大学は、導電性高分子で被膜した金属製ナノチューブシートを用いて、安全かつ効率良く細胞内に物質を導入する細胞用電動ナノ注射器「複合ナノチューブ電気浸透流ポンプ」を開発した。(2021/9/30)

保護子猫、自分を治療してくれたスタッフのことが大好きに 「離れたくないよ」と何度も抱きつく姿に絆を感じる
大好きなんだね。(2021/9/29)

あらゆる病気の治療薬をAIで発見? 九大などが査読前論文を発表 「タンパク質の立体構造を使わず高速に探せる」
九州大学などの研究チームは、疾病の原因であるタンパク質のアミノ酸配列から治療薬を見つけ出すAI「LIGHTHOUSE」を開発したと発表。実験では、新たな抗がん剤や抗菌薬を見つけられたという。(2021/9/27)

オンラインで集中治療室の新生児と面会 コロナ禍で育む家族の絆
新型コロナウイルスの感染拡大により、病院では全国的に院内感染防止のための面会制限が続いている。生まれたばかりの新生児と母親も例外ではない中、大阪大学医学部付属病院は、集中治療を受けている新生児と家族をオンライン面会でつなぐシステムを本格稼働させた。8月中には全家族の毎日の面会が実現、離れていても絆を育む助けとなっている。(2021/9/16)

「この半分だけで、人生で一番緊張した」だいたひかる、妊娠6カ月目に突入 約2年半の不妊治療を再開
あと半分!(2021/9/11)

医療機器ニュース:
装着型ロボットが米国食品医薬品局の医療機器認証を取得
CYBERDYNEが開発した装着型ロボット「HAL医療用単関節タイプ」が、米国食品医薬品局(FDA)のクラスI医療機器に登録された。脳神経系疾患によるまひや、整形疾患による運動障害などを持つ患者の機能回復の治療に使用できる。(2021/9/9)

藤あや子、猫の腎臓病治療薬のため“222万2222円”を東京大学に寄付 「1日も早く完成することを願います」
チャリティー企画の収益を東大に寄付。(2021/9/8)

導入事例:
慶応大「キムリア」治療プロセス実施環境に、ダイダンの半開放型気流制御クリーンブースを導入
慶應義塾大学病院のヒト体細胞加工製品「キムリア」治療プロセス実施環境に、ダイダンが開発した半開放型気流制御クリーンブース「エアバリアブース」が採用された。(2021/9/8)

PFN、AI創薬技術を開発 コロナ治療薬の「リード化合物」発見
PFNがAI創薬プラットフォームを開発。京都薬科大学との共同研究で新型コロナ治療薬の「リード化合物」の有望株を発見した。(2021/9/6)

小学生「梁にぶら下がって、どっちが遠くまで飛べるか競争だ!」→その後、大学生になるまで“前歯が短いままだった理由”
前歯の治療のお話。(2021/10/16)

ステージ4の西郷輝彦、最先端治療で“前立腺がん消滅”を確認 「やったなぁ!」と喜ぶもPSA数値は謎の上昇
PSA下がらないのなんで……。(2021/8/30)

「フルハウス」ジェシーおいたん、病床からの自撮り写真を投稿し一部ファンが動揺 「何が起きたの?」「ああ、なんてこと!」
ばね指の治療を受けたそうです。(2021/8/28)

【がんに気付くまで】いつもよりツラい生理「気が付くと床に倒れていました」 “生理中の失神”で子宮体がんが発覚した……というお話
3年前にがんが見つかって治療→現在は普通に仕事、生活しているという方の体験談。(2021/9/21)

“5時間緊急手術”の西川史子、サンジャポで現状報告「しばらくは治療に専念します」 17日に右脳内出血で倒れる
大事に至らなくてよかった……。(2021/8/22)

医療機関のデジタル化【後編】
医療データの断片に眠っている情報の活用
データを活用することで、医療機関の治療や経営を改善できる。請求データなど、医療機関が保有するデータの一部だけでも多くの洞察を得ることが可能だという。(2021/8/11)

元「Raphael」のyuki、ステージ1の喉頭がんを発症 毎週5日間続く放射線治療の開始に「意地でも克復します」
10月には結果が見えてくる、とも。(2021/8/6)

医療機関のデジタル化【前編】
医療機関がポイントソリューションを導入してしまう理由
治療の改善やコストの削減を実現するにはデータを統合的に分析する必要がある。にもかかわらず、医療機関は特定の機能に限定されたポイントソリューションを導入してデータの統合に苦労している。なぜか。(2021/8/5)

医療技術ニュース:
光電効果を用いて、効率よくがん細胞死を誘導する放射線治療法を開発
京都大学アイセムスは、がん細胞内に電子を発生させてDNAを効率よく切断し、細胞死を誘導する方法を開発した。アインシュタインが提唱した「光電効果」を利用するこの方法は、DNAに直接的に作用するため、放射線治療の効率向上が期待できる。(2021/8/4)

前立腺がんの西郷輝彦、最先端治療の結果に激しく落胆 渡豪前よりPSA数値が200上昇し「動揺しています」
325から510へと推移。(2021/7/30)

整形男子・アレン、500万円の差し歯に新トラブル 担当医師の不手際に意気消沈「また高額な治療費がかかる」
差し歯の土台部分が非常に浅かったため、問題が起きやすくなっていたもよう。(2021/7/19)

ロボット:
コロナの集中治療室向け医療機器遠隔操作するロボットを開発、大成建設とNCGM
大成建設と国際医療研究センターは「集中治療室向け医療機器遠隔操作ロボット」を開発した。両社は、国際医療研究センターの病院で、非接触エリアから医療機器を遠隔操作し、集中治療室向け医療機器遠隔操作ロボットの操作状況や性能を検証した結果、医療従事者の感染リスクを減らせることが分かった。(2021/7/15)

漫画家・かやはるかさん死去 『魔王学院の不適合者』コミカライズを担当
先日、治療専念のため連載を中断すると発表していました。(2021/7/13)

「恐れていた事が起きてしまいました」 岸本加世子、がん闘病中の愛犬が余命1カ月で号泣 「姫子を奪わないで」
2018年以降、摘出手術と抗がん治療を4回ずつ実施。(2021/7/13)

「1000万が見えてきそう」 第1子妊娠のだいたひかる、2年半の“不妊治療”に掛かった総額明かす
保険適用、実現してほしい。(2021/7/5)

経団連の前会長、中西宏明氏が死去 日立製作所のITシフトをけん引
日本経済団体連合会(経団連)前会長の中西宏明氏が、6月27日にリンパ腫のため亡くなった。75歳だった。2019年に病状を公表し、治療に専念するため21年6月に会長を退任していた。日立製作所が7月1日に発表した。(2021/7/1)

虻川美穂子、ひどい肌荒れへの対処に自省「私のバカ丸出し行動からの失態」 皮膚科で治療「寝るごとに良くなり」
回復に向かっているようで何より。(2021/6/30)

だいたひかる、5年前の抗がん剤治療で脱毛した姿に「オランウータンの赤ちゃん」 2016年、不妊治療中に乳がん発覚
産毛も抜けて化粧のノリが良くなったそうです。(2021/6/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。