ニュース
» 2010年01月21日 18時22分 UPDATE

富士通、1WAYサーバ「PRIMERGY TX150 S7/RX100 S6」を発売

富士通はインテルの最新CPUを採用したWAYタワー型/ラック型サーバを発売する。今回のモデルでは2.5インチHDDを搭載可能にした。

[ITmedia]

 富士通は1月21日、1WAYタワー型/ラック型サーバ「TX150 S7」および1WAYラック型サーバ「RX100 S6」を発表した。製品の位置付けは「中小規模のシステム適したエントリーサーバ」とされる。特徴としては、インテルの最新CPU「Xeon プロセッサ 3400番台」、「Pentium プロセッサ G6950」、「Celeron プロセッサ G1101」、「Core i3-540 プロセッサ」の採用が挙げられる。

 データベースなどミッションクリティカル性の高いIT基盤や、仮想環境での利用を見据え、最大搭載メモリは32Gバイトに設定。また従来モデルで採用していた3.5インチHDD(SAS/SATA)に加え、2.5インチHDD(SAS)の搭載を可能にした。2.5インチHDDモデルは3.5インチHDDモデルに比べ、2倍のHDD本数を搭載でき、構成の柔軟性が増している。なおTX150 S7は1WAYサーバとして初めて冗長電源を採用しており、可用性が向上したという。

 最少構成時の仕様や価格は次の通り。富士通は「PCサーバ PRIMERGY」としての2009年度国内販売目標を12万台に設定している。

モデル 仕様 税別価格 提供時期
PRIMERGY TX150 S7 Pentium G6950(2.80GHz)、1Cバイトメモリ、ディスクレス 13万2000円 2月3日
PRIMERGY RX100 S6 Celeron G1101(2.26GHz)、1Cガバイトメモリ、ディスクレス 12万1000円 2月18日

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

PRIMERGY | Core iシリーズ | Core i3


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -